研究会ブログ

2014年02月 3日 Mon. Feb. 03. 2014

タビオ、メンズ専門店を渋谷にオープン

「靴下屋」を中心に、靴下の製造と販売を手がけるタビオ株式会社が、東京・渋谷のファイャー通りに路面店「タビオ・メン・シブヤストア」をオープ。東日本では初の「タビオ・メン」出店となります。

 

tabio-1.JPG

ファイヤー通りは原宿消防署のある通りのことで、かねてからメンズブランドショップが集積するファッション感度の高いエリアです。特に今回の「タビオ・メン・シブヤストア」は「ルミネマン渋谷」の向かいにあり、若い男性買い物客のエリアでの回遊に一役買いそうです。

 

オープンから本日3日目。店長の永山さんに伺ったところ、みなさんがいちばん見て行かれるのはルーズな白い靴下だそうです。女子高生のルーズソックスのように、少したわませて履きます。「雑誌でいえば『ポパイ』などを読む層から支持されている(永山店長)」とのことで、店舗の真ん中にディスプレイされていました。

tabio-2.JPG

また、大胆なチョコレート柄のソックスなど、バレンタイン仕様の商品も目立ちました。てっきり男性へのプレゼントとして女性が買っていくのだろうと思いきや、「男性用のソックスでここまで凝ったプリントはなかなかめずらしいので、自分用に買っていかれる男性も多いです(同上)」。

他に障害を持つアーティストの絵を使用したシリーズや、ペットボトルからリサイクルしたシリーズもあり、業界で唯一無二の存在であるタビオ株式会社の取り組みを垣間見ることができます。

 

文化経済研究会では第57回セミナーにて、代表取締役会長の越智直正氏にご講演いただいています。「安い中国製商品に負けないパワーのある店作りを続けてきた」とおっしゃったポリシーは今も継続中です。

 

あれこれと雑貨店のような楽しい時間を過ごせる店舗だと思います。お近くのかたはぜひ行かれてみてください。

研究会ブログ
バックナンバー

▲ページTOPに戻る

お問い合わせ・お申し込み

お問い合わせ・お申し込み

TEL:03-5457-3048  FAX:03-5457-3049

担当:長谷川  bunkaken@jlds.co.jp