研究会ブログ

2013年11月 7日 Thu. Nov. 07. 2013

クックパッドが「漢方」切り口のサービス提供へ

2009年11月に行われた文化経済研究会セミナーの研究テーマは「ホームクリエイターの時代」。

クックパッド株式会社の山岸延好 執行役副社長兼COOに「家庭に“楽しみ”を創る料理サイト「クックパッド」の戦略」というタイトルでご講演いただきました。

 

11月1日、クックパッド株式会社は、社内にて開発・運営してきたポータルサイト「漢方デスク」を、新たに設立した「漢方デスク株式会社」に事業譲渡しました。

分社化により、さらに多くの方に漢方の生活を取り入れてもらうためのサービス作りに取り組んでいくとのことです。

http://www.kampodesk.com/  /漢方デスク

 

この「漢方デスク」、2012年にクックパッドに入社した葉山茂一氏(今回、漢方デスク株式会社の代表取締役に就任)が1人で手がけたそうですが、今年4月の開設以来、“漢方”の切り口で多くのものを提供してきました。

漢方薬膳レシピはもちろん、漢方の考え方に沿った体質改善アドバイス、全国約10,000件を網羅した漢方クリニックの検索機能などがそれに当たります。

 

また、「漢方のタイプチェック」というコンテンツもあり、これが質問に答えるだけで簡単に診断できて面白いです。

代表的な証(しょう)は、「血虚証」「水毒証」「気逆証」などの8つ。それぞれの証に合ったおすすめ食材やレシピ、ライフスタイルがわかります。

 

クックパッドでは今年6月、プレミアム会員数が100万人を突破。

今年4月の「のべ月間利用者数」は3,267万人(前年同月比34.5%増)となり、特にスマートフォンからの利用者数が順調に増加し、1,641万人(前年同月比100.8%増)となりました。

同社では今後も「食を中心とした生活インフラ」を提供すべく、新サービスの立ち上げに情熱的な人材の採用から起業支援までを、積極的に行っていく考えです。

研究会ブログ
バックナンバー

▲ページTOPに戻る

お問い合わせ・お申し込み

お問い合わせ・お申し込み

TEL:03-5457-3048  FAX:03-5457-3049

担当:長谷川  bunkaken@jlds.co.jp