研究会ブログ

2014年07月11日 Fri. Jul. 11. 2014

【INTEREST BY LEXUS】と 【CIBONE AOYAMA】に行ってきました

表参道で今話題になっているショップ2店に行ってきましたので、その様子をリポートします。

 

【INTEREST BY LEXUS】

レクサスがプロデュースしたカフェ。デザインは片山正通。

スピンドル状の木枠に囲まれた外観は、インパクトのある印象ですが、内側から見ればとても柔らかで守られているような感じを受けました。

一見しただけでは、ここが自動車メーカーのカフェだとは分かりません。

しかし、そこはレクサス。

 

20140609010524.jpeg壁には自動車の部品をかたちどったモチーフや、美しいドライブシーンの写真が散りばめられていますし、本棚に於いてあるフォトブックは全て自動車関連。

レクサスファンにはたまらない空間であることは勿論、デザイナーの片山氏曰く、

 

「レクサスに興味の無い人でも楽しんでいただけるような、家と職場の間のサード・プレイス」

 

になれるような空間として設計されているそうです。

その言葉通り、80s~90sのジャズを中心に選曲されたBGMの流れる落ち着いた「大人のラウンジ」です。


【CIBONE AOYAMA】

INTERESTから青山通りに出て、歩くこと約10分弱。

7月5日にオープンしたCIBONEです。

 

CIBONEはオーガニックな生活を提案するライフスタイルショップです。スペースデザインは、DAIKEI MILLSの中村圭佑氏と工藤桃子氏。

ビジュアル・アイデンティティ・デザインは、美術館、ギャラリー等の展示V.I計画や、アーティストの作品集の装丁、 デザインを手がけ、アーティストユニット「Nerhol(ネルホル)」としても活躍しているグラフィックデザイナー、田中義久氏です。

 

「WHITE INTENSITY 白の強度」というコンセプトに相応しく、全体的に白を基調にして構成され配置された商品は、それが例えお皿などの無機物であっても植物に囲まれているかのような安らぎを我々に与えてくれます。

 

20140609031735.jpeg衣服、家具、雑貨、観葉植物、書物、CDなど、あらゆる生活雑貨がおかれていますが、それらは全て派手派手しく自分を主張することなく、ここだけ時間の流れ方が違うかのような静的な空間を作り出しています。

 

 

20140609025849.jpeg文科系の大学サークルの部室や、デザイナーや画家のアトリエのようなクリエイティブな思考に我々を向かわせます。

都会で働いていると忘れがちな、「何も考えない時間」の大事さを思い出させてくれる場所だと感じました。

研究会ブログ
バックナンバー

▲ページTOPに戻る

お問い合わせ・お申し込み

お問い合わせ・お申し込み

TEL:03-5457-3048  FAX:03-5457-3049

担当:長谷川  bunkaken@jlds.co.jp