研究会ブログ

2013年08月16日 Fri. Aug. 16. 2013

文化経済9月セミナー講師のパタゴニア辻井日本支社長の記事をご紹介

次回9月開催セミナーにご登壇いただくパタゴニア日本支社長 辻井隆行氏が、日経ビジネスオンラインにてインタビューを受けておられました。


タイトルは『「社員をサーフィンに行かせよう!」だけで大丈夫ですか? パタゴニア日本社長に聞いた「新しい働き方」』です。

このタイトルは、パタゴニアの創業者であるイヴァン・シュイナード氏の著書『社員をサーフィンに行かせよう』に起因します。

実際、同社の社員は平日勤務中でもサーフィンに行っていいそうです。

辻井社長によると、この慣習は会社にも3つのメリットをもたらすそうです。1つは、社員自ら自社製品の性能を確認できること。次に、遊ぶために仕事を効率的に工夫して行うようになること。そして、休んでも迷惑をかけないよう、日頃から周囲と仕事を共有するようになること。

 

そして、パタゴニアといえば、斬新な取り組みが注目される企業です。

すべての商品をオーガニックコットンに切りかえたり、世界中の工場でその国で定められている最低賃金よりも25%以上高い報酬を支払うと決めたり――そのつどニュースとなり、競合大手にまで影響を与えてきました。

 

インタビュー記事によると、これらの取り組みの基になっているのは、パタゴニアが掲げる4つの「コアバリュー」(価値基準)だそうです。

1、クオリティー

2、イングリティー(誠実さ)

3、環境主義

4、Not bound by convention=慣例にとらわれない

 

9月26日(木)のセミナー当日は、この価値基準についても詳しいお話しがあると思います。講演会には自社製品を格好よく着こなして登場する辻井社長。お人柄がにじみ出た講演会になるかと思いますので、楽しみにしてください。

研究会ブログ
バックナンバー

▲ページTOPに戻る

お問い合わせ・お申し込み

お問い合わせ・お申し込み

TEL:03-5457-3048  FAX:03-5457-3049

担当:長谷川  bunkaken@jlds.co.jp