CAN Healthy Design Club

2014年1月29日 17:30

~Healty Design Club発信の会話のヒントになる豆知識をお届けします~

■Healthy Design Clubトリビア


 

 

amerika_sugi.jpg

 

 

1960年代に初めて「スギ花粉症」の報告がされて以来、花粉症は年々増加傾向にあります。
今では国民病とまでいわれるほどになった花粉症ですが、
戦前の日本にはこのアレルギー症状はほとんど存在しなかったそうです。

 

流行しだした原因の1つに、戦後アメリカから輸入されたアメリカ杉があげられます。
戦争中、日本は資材として国内の森林を大量に伐採したために、早急に森林をもとの姿に戻すことが重要事項でもありました。

 

そこで注目されたのが日本の杉よりも早く育つアメリカ杉。
アメリカ大陸の過酷な自然環境で育ったアメリカ杉は、多くの子孫を残そうと大量の花粉を撒き散らす品種だったのです。

 

今年も早いところでは2月上旬頃から花粉が飛び始めるという予報も出ています(日本気象協会)。
寒い日が続いていても、急に気温の高い日あると予測より早く飛ぶことがあります。
日々の気象情報を確認し、花粉シーズンの到来に備えましょう。



※日本気象協会・花粉飛散予測 http://www.jwa.or.jp/content/view/full/5322/


2013年12月11日 11:32

~Healty Design Club発信の会話のヒントになる豆知識をお届けします~

■Healthy Design Clubトリビア


食生活と薄毛の関連性

 

seikatsusyukan_highcalorie_s.jpg

 

カツラメーカーが、世界の都市で観察調査をした結果、
21都市のうち東京は14番目で

世界の中では比較的薄毛の人が少ないことが報告されました。

 

薄毛の人が最も多いのは、チェコのプラハ、
次いでスペインのマドリッド、ドイツのフランクフルトが続きます。
では薄毛の人が多いこの3国に共通する点は何でしょうか?
それはどうやら食生活にあるようです。

 

チェコは肉主体の食事に塩辛いソースをかけて食べるのを
好む上に、ピルスナーやラガービールの発祥の地ですから
当然アルコールも多量に摂取。
スペインとドイツも同様によく飲みよく食べる人たちです。

 

欧米化が著しく進む日本の食文化。
アルコールの過剰摂取は肝臓にも負担をかけ、
髪の栄養素であるたんぱく質がとれなくなる原因にもなります。
食生活と薄毛の関連性が高いことを再認識し、
節度ある食生活の実践により注力していきましょう。

 

 



2013年10月31日 19:24
~Healty Design Club発信の会話のヒントになる豆知識をお届けします~
 
■Healthy Design Clubトリビア
戦国武将を悩ませた病気
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・織田信長。
焼き討ちなどの残虐行為やかんしゃくを起こしていた
原因の1つとして、「糖尿病神経障害」を
発症していたからではないかと言われています。
元々は「糖尿病」を患っていたという説があり、
当時は、まだ糖尿病ではなく、
「飲水病」と呼ばれていました。
手足がしびれたり、関節の痛みを感じたり、
年々その症状は重くなっていったようです。
しかし、なぜ「糖尿病」になったのでしょうか。
信長は、実は甘党だったという逸話があり、
団子や干し柿が大好物で、
戦場へ出て行く際も当座の褒美として
柿を持参し、訪ねてきた宣教師には茶菓子として
干し柿をふるまっていたとも言われています。
逆に、宣教師には、金平糖をおねだりするなど、
戦国武将のイメージとは少しかけ離れた一面も見せています。
戦国時代を終結に導いた信長ですが、糖尿病にならなければ、
歴史は違った展開を見せていたかもしれませんね。

~Healty Design Club発信の会話のヒントになる豆知識をお届けします~

■Healthy Design Clubトリビア


秋こそ、「牡蠣の亜鉛」で抜け毛予防


 

 

kaki.png

 


髪の毛が発毛・成長していく上で大切なのは、

タンパク質、亜鉛、ヨードなどの栄養素です。

中でもミネラルの一種である亜鉛は、

摂取したタンパク質を髪の毛に変えてくれる

大切な役割を担っています。


ただ、亜鉛が不足してしまうと、

いくらたんぱく質を摂っても髪の成長にはつながりません。

その上、亜鉛は体内で合成されない栄養素のため、

食物からとらなくてはなりません。

そこで亜鉛が多く含まれている秋の味覚・牡蠣の登場です。



牡蠣は、「海のミルク」と言われるほど栄養が豊富で、

「最後にRがつく月」である9月から4月が旬です。

まさにこれからが牡蠣を食べるのにベストシーズン。

ビタミンCやクエン酸などと一緒に食べれば、

より一層吸収力もアップします。


牡蠣には、疲労回復や免疫力を高める作用のあるタウリンや

ビタミン類も豊富に含まれています。

寒さが次第にますこの季節、

牡蠣と野菜がたっぷり入った鍋を囲んで、

風邪と抜け毛の予防に努めてみてはいかがでしょうか。

 


2013年8月23日 16:11
~Healty Design Club発信の会話のヒントになる豆知識をお届けします~
 
■Healthy Design Clubトリビア
戦国武将を悩ませた病気
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・織田信長。
焼き討ちなどの残虐行為やかんしゃくを起こしていた
原因の1つとして、「糖尿病神経障害」を
発症していたからではないかと言われています。
元々は「糖尿病」を患っていたという説があり、
当時は、まだ糖尿病ではなく、
「飲水病」と呼ばれていました。
手足がしびれたり、関節の痛みを感じたり、
年々その症状は重くなっていったようです。
しかし、なぜ「糖尿病」になったのでしょうか。
信長は、実は甘党だったという逸話があり、
団子や干し柿が大好物で、
戦場へ出て行く際も当座の褒美として
柿を持参し、訪ねてきた宣教師には茶菓子として
干し柿をふるまっていたとも言われています。
逆に、宣教師には、金平糖をおねだりするなど、
戦国武将のイメージとは少しかけ離れた一面も見せています。
戦国時代を終結に導いた信長ですが、糖尿病にならなければ、
歴史は違った展開を見せていたかもしれませんね。

~Healty Design Club発信の会話のヒントになる豆知識をお届けします~

■Healthy Design Clubトリビア


 

豆類の中でも「緑豆」が夏バテに効くのはなぜ?



 

midorimame.jpg

 


豆腐、味噌、納豆など……

豆類は日本人にとって欠かせない食材です。

中でも「緑豆(りょくとう)」は、

夏バテ対策に優れた効能と効果を持つ食材の1つです。

その理由をご存知ですか?



「緑豆」には『消暑』の作用があると言われています。

体の余分な水分を取り除き、こもりがちな熱をさます上に、

エネルギーである「気」を補ってくれます。

中国では解熱や消炎の効能が期待される漢方食材の1つとされています。



夏は、新陳代謝にかかわるホルモンの分泌が増える時期。

「緑豆」はたんぱく質の合成に使われる葉酸が豊富なことから

新陳代謝を助ける働きもあります。

また、食物では摂りにくい鉄も多く含まれており、
夏バテを防いでくれます。



日本ではあまり馴染みのない豆と思われがちですが、
実は春雨やもやしの原料として
知らないうちに口にしている人も多いはず。
ダル(豆)カレーによく使われる豆と言えば、

思い当たる人もいるかもしれません。
残暑もまだまだ厳しいこのごろ。

「緑豆」をたくさん食べて、疲れを解消しましょう。

 


2013年7月29日 16:39
~Healty Design Club発信の会話のヒントになる豆知識をお届けします~
 
■Healthy Design Clubトリビア
戦国武将を悩ませた病気
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・織田信長。
焼き討ちなどの残虐行為やかんしゃくを起こしていた
原因の1つとして、「糖尿病神経障害」を
発症していたからではないかと言われています。
元々は「糖尿病」を患っていたという説があり、
当時は、まだ糖尿病ではなく、
「飲水病」と呼ばれていました。
手足がしびれたり、関節の痛みを感じたり、
年々その症状は重くなっていったようです。
しかし、なぜ「糖尿病」になったのでしょうか。
信長は、実は甘党だったという逸話があり、
団子や干し柿が大好物で、
戦場へ出て行く際も当座の褒美として
柿を持参し、訪ねてきた宣教師には茶菓子として
干し柿をふるまっていたとも言われています。
逆に、宣教師には、金平糖をおねだりするなど、
戦国武将のイメージとは少しかけ離れた一面も見せています。
戦国時代を終結に導いた信長ですが、糖尿病にならなければ、
歴史は違った展開を見せていたかもしれませんね。

~Healty Design Club発信の会話のヒントになる豆知識をお届けします~

■Healthy Design Clubトリビア


 

酔った時に押すと治るツボはどこにある?

 

 

tetubo.jpg

 


乗り物に乗る前には、手にある手心(しゅしん)

神門(しんもん)のツボを、

反対側の手の親指や、先のとがったボールペンなどで10回程度、

軽く刺激すると予防になります。


手心は、手のひらの中心にあるツボで、

神門は手のひら側の手首の小指よりにあるツボです。

 

 

ashitubo.jpg

 


足のくるぶしの内側にある三陰交や

 

 

atamatubo.jpg

 

首にある柱も

効果があるといわれています。



これらのツボは、乗車中でも刺激できるので、

気分が悪くなった時のために、覚えておくとよいでしょう。


 


123456
LIFE DESIGN CLUB ライフデザインクラブ一覧