CAN Healthy Design Club

2013年10月31日 19:24
~Healty Design Club発信の会話のヒントになる豆知識をお届けします~
 
■Healthy Design Clubトリビア
戦国武将を悩ませた病気
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・織田信長。
焼き討ちなどの残虐行為やかんしゃくを起こしていた
原因の1つとして、「糖尿病神経障害」を
発症していたからではないかと言われています。
元々は「糖尿病」を患っていたという説があり、
当時は、まだ糖尿病ではなく、
「飲水病」と呼ばれていました。
手足がしびれたり、関節の痛みを感じたり、
年々その症状は重くなっていったようです。
しかし、なぜ「糖尿病」になったのでしょうか。
信長は、実は甘党だったという逸話があり、
団子や干し柿が大好物で、
戦場へ出て行く際も当座の褒美として
柿を持参し、訪ねてきた宣教師には茶菓子として
干し柿をふるまっていたとも言われています。
逆に、宣教師には、金平糖をおねだりするなど、
戦国武将のイメージとは少しかけ離れた一面も見せています。
戦国時代を終結に導いた信長ですが、糖尿病にならなければ、
歴史は違った展開を見せていたかもしれませんね。

~Healty Design Club発信の会話のヒントになる豆知識をお届けします~

■Healthy Design Clubトリビア


秋こそ、「牡蠣の亜鉛」で抜け毛予防


 

 

kaki.png

 


髪の毛が発毛・成長していく上で大切なのは、

タンパク質、亜鉛、ヨードなどの栄養素です。

中でもミネラルの一種である亜鉛は、

摂取したタンパク質を髪の毛に変えてくれる

大切な役割を担っています。


ただ、亜鉛が不足してしまうと、

いくらたんぱく質を摂っても髪の成長にはつながりません。

その上、亜鉛は体内で合成されない栄養素のため、

食物からとらなくてはなりません。

そこで亜鉛が多く含まれている秋の味覚・牡蠣の登場です。



牡蠣は、「海のミルク」と言われるほど栄養が豊富で、

「最後にRがつく月」である9月から4月が旬です。

まさにこれからが牡蠣を食べるのにベストシーズン。

ビタミンCやクエン酸などと一緒に食べれば、

より一層吸収力もアップします。


牡蠣には、疲労回復や免疫力を高める作用のあるタウリンや

ビタミン類も豊富に含まれています。

寒さが次第にますこの季節、

牡蠣と野菜がたっぷり入った鍋を囲んで、

風邪と抜け毛の予防に努めてみてはいかがでしょうか。

 

LIFE DESIGN CLUB ライフデザインクラブ一覧