CAN Healthy Design Club

2014年3月26日 15:03

咲きたい花は かならず開く

紫竹 昭葉 著

 

sakitaihana.jpg

 

63歳にして北海道・帯広に

年間10万人以上が訪れる人気ガーデンを作った

名物おばあちゃんが綴る人生の開き方

 

紫竹ガーデンを作ろうと思い立ったお話。

それを応援してくれる家族や友人、

紫竹ガーデンに訪れるお客様や、働く従業員の方々、

空から見守ってくれている、主人、父、母、

紫竹ガーデンには、紫竹さんの大切なものがたくさん詰まっています。

 

夢を持つのに年齢は関係ない、

夢を叶えるのは何歳からでもできると、

前向きに生きていく勇気がもらえます。


■発行:角川グループパブリッシング   1,200円(税別)

 


2014年1月30日 11:59

気づいたら100歳、だがね

ぎんさんの娘4姉妹 著

 

 

COVER_1.jpg

 


蟹江ぎんさん(享年108歳)の4人の娘は、明るく元気な、アラ100世代。 
姉妹の生活には、「健康ご長寿」を実現するヒントが溢れています。 

第一章では、千葉大学の大武美保子准教授が、4姉妹の会話を分析。 
姉妹の会話は3分間で102回の発言、相槌、笑いが飛び交っています。 
2秒に1回、話し手が交代。一般的な高齢者より、1.5倍早いそうです。 
早い会話では、相手が次に何を言うのかと、話しながら考えているため、 
脳の複数の機能を同時に使い、脳を活性化するのだそうです。 
また、姉妹なので共有体験が多い事も会話を弾ませている要因。 
“昔はこうだった”と誰かが言うと、3人がそれに関することを言い出して、4人の心が動く。 
そうだった、そうだったと思い出して行く中で、脳は鍛えられて行く。 
姉妹ではなくても、共通の話に花を咲かせる事が、長寿にはプラスに働くそうです。 
「ときには茶飲み話が口げんかになるけど、
頭をがんがん刺激していいと思うよ」と四女の百合子さん。 
楽しく学べる健康法が詰まっています。

 



■発行:小学館   1,260円(税込)



2013年11月28日 14:13

超一流の人の「健康」の極意

小林 弘幸 著

 

 

 

51YuERH9NjL._SS400_.jpg

 

 

 


著者は、医師として患者と接するうちに
さまざまな分野で「超一流」といわれる人たちに出会う中で、
「超一流」な人とそうでない人の違いに気づきます。 

 

そして、大切なことは
「1ミリでも意識を向けて、変えること」。 


健康にも人生にも、手遅れということはありません。

後悔しない生き方をする為に

心と体のリスク管理を怠ること無く

人生を豊かなものにしていきたいものです。


本書を読み、少しずつ自分の意識を変えていき

一歩ずつ前に踏み出していきましょう。

 

 


■発行:ポプラ社   1,200円(税別)



2013年10月 7日 13:21

失敗談

外山 滋比古著

 

 

sippaidan.jpg

 

 


著者の体験した、あるいは見聞きした失敗談を

さまざまに取り上げています。 

 

「人生は失敗の連続である
しかし マイナスをプラスにするのが知恵というものである」


人生は失敗の連続であり
それを挽回しようとする無意識の緊張が
やがて成功へと導いてくれます。

 

経験は最良の教師であり
転ばぬ先の杖を見つけるよりも
転び方を発見することが何よりも大切ということです。

 

 


■発行:東京書籍   1,300円(税別)



2013年9月 3日 14:00

老いの戒め

下重 暁子著

 

20130619G165.jpg

 


NHKのトップアナウンサーとして活躍後、

フリーとして民放キャスターを務め、

作家として活躍してきた下重さん。

 

「年をとったら器量よしになりたい」

 

若い頃から様々な著名人達と関わってきた下重さんは、

その冷静な観察力で

「私がそうなりたくない徴候」を相手の中にみつけます。


それをどのように除けばいいか

著者ならではの一つ一つの細かな仕草や考え方など、

『器量よしの老人』になるための提案がつまった一冊です。

 

自然体に、ゆったり大きくかまえて、

老いを楽しみ、どう生きていくか。

老後をたのしむヒントが書かれています。

 


■発行:海竜社  1,470円(税別)



1234
LIFE DESIGN CLUB ライフデザインクラブ一覧