CAN Healthy Design Club

2013年7月29日 16:39
~Healty Design Club発信の会話のヒントになる豆知識をお届けします~
 
■Healthy Design Clubトリビア
戦国武将を悩ませた病気
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・織田信長。
焼き討ちなどの残虐行為やかんしゃくを起こしていた
原因の1つとして、「糖尿病神経障害」を
発症していたからではないかと言われています。
元々は「糖尿病」を患っていたという説があり、
当時は、まだ糖尿病ではなく、
「飲水病」と呼ばれていました。
手足がしびれたり、関節の痛みを感じたり、
年々その症状は重くなっていったようです。
しかし、なぜ「糖尿病」になったのでしょうか。
信長は、実は甘党だったという逸話があり、
団子や干し柿が大好物で、
戦場へ出て行く際も当座の褒美として
柿を持参し、訪ねてきた宣教師には茶菓子として
干し柿をふるまっていたとも言われています。
逆に、宣教師には、金平糖をおねだりするなど、
戦国武将のイメージとは少しかけ離れた一面も見せています。
戦国時代を終結に導いた信長ですが、糖尿病にならなければ、
歴史は違った展開を見せていたかもしれませんね。

~Healty Design Club発信の会話のヒントになる豆知識をお届けします~

■Healthy Design Clubトリビア


 

酔った時に押すと治るツボはどこにある?

 

 

tetubo.jpg

 


乗り物に乗る前には、手にある手心(しゅしん)

神門(しんもん)のツボを、

反対側の手の親指や、先のとがったボールペンなどで10回程度、

軽く刺激すると予防になります。


手心は、手のひらの中心にあるツボで、

神門は手のひら側の手首の小指よりにあるツボです。

 

 

ashitubo.jpg

 


足のくるぶしの内側にある三陰交や

 

 

atamatubo.jpg

 

首にある柱も

効果があるといわれています。



これらのツボは、乗車中でも刺激できるので、

気分が悪くなった時のために、覚えておくとよいでしょう。


 

LIFE DESIGN CLUB ライフデザインクラブ一覧