CAN Healthy Design Club

2014年2月27日 18:44

2月26日(水)、ヘルシーデザインクラブが企画協力した

「第2回仁生堂ヘルシーサロン」が江東区の砂町区民館で開催されました。

午後2時、仁生堂永田専務取締役の開会の挨拶で幕を開けました。

 

CIMG9008.jpg

 

第1部は、「のびのびエクササイズで、

肩こり・疲れをすっきり解消!」をテーマとした

日本大学文理学部体育学科の専任講師、小山貴之先生のお話です。 

CIMG9015.jpg

 

肩こりはどうしてなるの?に始まって、

肩こりを解消するためのポイントを小山先生が説明。

座っているときをはじめ、正しい姿勢を維持することの

大切さが伝わってきます。 

CIMG9022.jpg 

 

いよいよのびのび君を使っていろいろな動きをしていきます。

のびのび君の特徴は手に持つとなんともいえない柔らかい感触があって、

のばすとほどよい負荷が体にかかる点です。

CIMG9028.jpg

 

のびのび君を活用しながら腕や肩を鍛え、

肩こりを解消していく方法を皆さんで学びました。

ポイント! 首を守ることが肩こりの防止に

1.腰・胸・首・頭の一関係を大切に

2.頭部前方位姿勢で作業しない

3.長時間の同一姿勢を避ける

4.回旋位(首が回ったまま)を維持しない

CIMG9032.jpg

 

第2部は、「漢方の陰陽五行説に基づいた、

冬から春の健康管理」をテーマにした、

仁生堂薬局漢方部部長の安在眞由美先生のお話です。 

CIMG9044.jpg

 

まずは、陰陽五行説の基本について、

ホワイトボードを用いた解説がありました。

自然界のあらゆるものは、太陽と月、奇数と偶数、表と裏のように、

陰と陽に分けられ、

五行の思想は、木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、

水(すい)の5つの要素で成り立っていると説明。 

CIMG9056.jpg

 

また1年は春夏秋冬と土用の5つの季節に分けられ、

それぞれが72日ずつでほぼ1年を形成することになります。

各々の季節の旬の野菜を摂ることが、体のためになるのだそうです。

「医食同源」という言葉をよく耳にしますが、今日のお話をうかがうと、

食事も薬と同様であることに改めて気付かされます。

健康維持のためには旬の野菜を摂ることが体に良いという点も、

とても納得がいきました。

CIMG9047.jpg

 

参加者は19名。「普段はなかなか聞けない話でよかった」

「のびのび君で、肩こりが治った」

「肩がやらかくなった気がする」などの感想が寄せられ、

盛況のうちに幕を閉じました。

 

☆仁生堂のホームページはこちら ⇒ http://babajin.com/

 


LIFE DESIGN CLUB ライフデザインクラブ一覧