囲み枠(上)
谷口正和 プロフィール

RSS

2017年4月24日

アンリ=カルティエ-ブレッソン展

 

20170424.jpg

 

 

視覚言語がリポートの重要なファクターとなっている情報社会は、

ビジュアルジャーナリストという役割は非常に大きくなっています。

 

時代の証人として、アートという感動を引き連れながら走り抜けてきた先人であるブレッソン。モンローから、サルトルまでに至るまで、その瞬間のポートレートとして時代を推進していく姿を写真に収めてきました。このアンリが歩いた道筋の最終着地には一体何が残っているのでしょうか。

 

写真のプロセスを超えて、彼自身のドローイングへの興味まで、アートとジャーリズムをクロスさせ、全体の中で時代が内包する思想、哲学、空気感そのものまで伝えていくような存在を引き受けています。

 

この生き方が彼に強く惹きつけられる要因でしょう。

 

インスタグラムをはじめ、巷には多彩なビジュアルが溢れている中、視覚言語は静止した存在から「時間の人生」という着眼を見出し、感動へと転換する動態としての意味を持っています。その中でさらなるシャープな表現力を競い合う視点がコミュニケーションの力をさらに高めていきます。

 

今回のアンリカルティエブレッソン展で、その「決定的瞬間」を受信して欲しい。

 

『HENRI CARTIER-BRESSON』展「決定的瞬間」

期 間:2017.4.5-2017.6.18

場 所:何必館・京都現代美術館(京都市東山区)

入館料:一般1000円/学生800円

2017年4月17日

エキストラバージンの嘘と真実

 

0111.jpg

 

 

長寿の島がイタリアにあります。

それがサルディニア島です。

 

ローマのすぐそばにある島で、

超高齢社会の日本よりも、100歳の比率が高い島になります。

 

サルディニア島では、日本と同じような食文化を持っています。

まさに重要なセルフメディケーションフーディングを証明する存在と言えます。

 

その中でオリーブオイルは食文化の中軸を担うものです。

注目のオリーブオイルの実態にスポットが当たっています。

 

これは、情報の普及が先行した姿に似ています。

もはや、これが正しくて、これが間違いという議論は不毛です。

むしろ、生活者はオリーブファームを求めて、旅立ちます。

 

そしてコンセプトユーザーが、真偽の重要な中軸をなす柱を理解し、構築していくことでしょう。あらゆる角度、視点から学習し、嘘も真実も内包し、やがて健康という本質に近づいていくことが大切です。

 

ある疑問に正面から答えるのではなく、いろんな事実を与えられたヒントとして、学習してみたい。

 

それが、オリーブ・パラダイムにおける情報研究の厚みとなります。

2017年4月10日

『巨大化する現代アートビジネス』

20170410.jpg

 

グローバルマーケティングの世界において今、1点のオリジナリティが発芽となり、世界に市場生まれるという究極の独自性を貫くアートマーケットの時代です。

 

現在、ビジネスが急速に巨大化しています。その状況に対応するため、ビジネスの側面からアートマーケットを見て、ダニエル・グラネ&カトリーヌ・ラムールがオピニオンリーダ−100人を取材して回り、アートビジネスの現場に踏み込んだノンフィクションです。

 

この書籍では最終的にたどり着く価値観の拠点は、あなただということです。あなた自身も、唯一無二です。世界全体でグローバル化が進行する中、実はパーソナルにシフトしていく時代です。対抗概念が重なり合う先に新たな価値観が見出されていきます。そして世界のナショナリズムが台頭していく姿は、利害が複雑に絡み合い、それが危機感を助長していくということでしょう。

 

それぞれがそれぞれの生き方を寛容し、強く共感する楽しみがあってこそ、未来は育まれていきます。

 

文明社会から文化社会に。

 

未来に向けて放つ矢となるよう感性レベルを研ぎ澄ましていく。

個性の総和としての未来に視点を置き、現実の中にあるアートマーケットインパクトを読み解く一つの入り口となります。

 

『巨大化する現代アートビジネス』

出版:紀伊国屋書店

価格:2100円(税別)

2017年4月 3日

バーチカル・インテグレーション 垂直統合。

integrate0403.jpg

 

 

様々に水平展開し、並列化していくことは問題を散在させています。

 

それぞれが個別に事業展開していくことで、

どこかやっているつもりになっていないでしょうか。

 

個々に存在する特徴を一点に集約させることで新しいエネルギーが結集し、突き抜けた個性を帯びるようになります。

 

情報過多社会の今、特徴領域を明確に打ち出し、ソーシャルメッセージ化していくことが求められている中、インテグレーションという概念は、ますます重要な認識と言えます。

 

メッセージのコンセプチャル化は、形骸化している全てのことに対するスペシャルイシューとなって選別優位を強化させます。

 

これが選ばれる理由の創造です。

 

我々が一体、何をやろうとしているのか、

そのメッージの矢を失わないようにしていきたい。

2017年3月22日

文字の美・文字の力

 

杉浦康平氏は最もシャープなインテリジェンスを持ったデザインリーダーの一人だ。
武蔵野美術大学で私が師事した粟津潔氏とも同時代を切り開き、まだ世の中にデザイナーがあまりいなかった時代の牽引役でもあり、その頃から編集や文字、言葉を重視されていた。
「画像」
単に「読む」という機能を超えて、美意識のシンボルとして文字と取り組む。和文字という系譜の中で初期の象形文字があり、ビジュアライズされたものが意思伝達という大きなカテゴリーの中で継承されてきた。
今それが世界で新たな文化の入り口として好奇の門となっており、西洋が東洋を取り入れる際のとっかかりとなるのもまた文字である。
本書『文字の美・文字の力(税別2800円 誠文堂新光社)』は2008年の出版だが、このレベルの編纂ができる人は杉浦康平氏を置いてはいない。コミュニケーションにおける知性と美学という我々が預かる領域のパイオニアである。

杉浦康平氏は最もシャープなインテリジェンスを持ったデザインリーダーの一人だ。

武蔵野美術大学で私が師事した粟津潔氏とも同時代を切り開き、まだ世の中にデザイナーがあまりいなかった時代の牽引役でもあり、その頃から編集や文字、言葉を重視されていた。

 

 

51Lfi9Y6W1L.jpg

 

 

 

単に「読む」という機能を超えて、美意識のシンボルとして文字と取り組む。和文字という系譜の中で初期の象形文字があり、ビジュアライズされたものが意思伝達という大きなカテゴリーの中で継承されてきた。

今それが世界で新たな文化の入り口として好奇の門となっており、西洋が東洋を取り入れる際のとっかかりとなるのもまた文字である。

本書『文字の美・文字の力(税別2800円 誠文堂新光社)』は2008年の出版だが、このレベルの編纂ができる人は杉浦康平氏を置いてはいない。コミュニケーションにおける知性と美学という我々が預かる領域のパイオニアである。

 

2017年3月14日

アートフェア東京2017

 

「アートフェア東京2017」が今年も東京国際フォーラムで開催される。(17−19日)
「画像」
私の同級生であるFusako Ekuniさんも、フランスパリのギャラリーのサポートを受けて出展をしている。
21世紀において最も重油なピースリレーションシップのナンバーワン項目にあるのがアートのインパクトである。
一点突破力を持った個性へと個人が行き着き、どこまで会話と対話を市場化できるかが問われる中で、アートというものが東京においてインターナショナリティを持つことの意味が高まっている。
芸術の国際会議場でもあるこのフェアに、私は今年も駆けつける。新たなクリエイティビティに出会うことを楽しみにしている。

「アートフェア東京2017」が今年も東京国際フォーラムで開催される。(17−19日)

 

art.jpg

 

 

私の同級生であるFusako Ekuniさんも、フランスパリのギャラリーのサポートを受けて出展をしている。

21世紀において最も重要なピースリレーションシップのナンバーワン項目にあるのがアートのインパクトである。

 

一点突破力を持った個性へと個人が行き着き、どこまで会話と対話を市場化できるかが問われる中で、アートというものが東京においてインターナショナリティを持つことの意味が高まっている。

芸術の国際会議場でもあるこのフェアに、私は今年も駆けつける。新たなクリエイティビティに出会うことを楽しみにしている。

 

 

2017年3月 6日

未来よ こんにちは

ミア・ハンセン=ラブ監督『未来よ こんにちは』は、ベルリン国際映画祭の銀熊賞を受賞した注目の映画である。お一人様の終着駅という、時代の潮流に最も強く複合しているテーマを描いている。

 

fa05ff7f3cd41612.jpg

 

 

自らが孤独な時の流れの中にいることに気づいてもそれを強かに受け入れながら、予測した未来と、現実に佇んでいる姿を発見する。

生き方が問われている中で、一人ひとりが周辺に新しい喜びを提示して、もっと明るい未来に対して取り組んでいこうという課題認識が授賞につながったと言える。

孤独とは自由そのものの姿であり、自らの足で歩いていく人生の本質がそこに宿っている。それが穏やかで情緒性の高い自己とともに再創造されており、再び自分に微笑みかける未来ににらみどころを持っている。

私もこの映画の解説に触れたときに、非常に強く惹かれるものを感じた。

3月25日から渋谷東急Bunkamuraのシネマにてロードショー。