囲み枠(上)
谷口正和 プロフィール

RSS

2017年3月22日

文字の美・文字の力

 

杉浦康平氏は最もシャープなインテリジェンスを持ったデザインリーダーの一人だ。
武蔵野美術大学で私が師事した粟津潔氏とも同時代を切り開き、まだ世の中にデザイナーがあまりいなかった時代の牽引役でもあり、その頃から編集や文字、言葉を重視されていた。
「画像」
単に「読む」という機能を超えて、美意識のシンボルとして文字と取り組む。和文字という系譜の中で初期の象形文字があり、ビジュアライズされたものが意思伝達という大きなカテゴリーの中で継承されてきた。
今それが世界で新たな文化の入り口として好奇の門となっており、西洋が東洋を取り入れる際のとっかかりとなるのもまた文字である。
本書『文字の美・文字の力(税別2800円 誠文堂新光社)』は2008年の出版だが、このレベルの編纂ができる人は杉浦康平氏を置いてはいない。コミュニケーションにおける知性と美学という我々が預かる領域のパイオニアである。

杉浦康平氏は最もシャープなインテリジェンスを持ったデザインリーダーの一人だ。

武蔵野美術大学で私が師事した粟津潔氏とも同時代を切り開き、まだ世の中にデザイナーがあまりいなかった時代の牽引役でもあり、その頃から編集や文字、言葉を重視されていた。

 

 

51Lfi9Y6W1L.jpg

 

 

 

単に「読む」という機能を超えて、美意識のシンボルとして文字と取り組む。和文字という系譜の中で初期の象形文字があり、ビジュアライズされたものが意思伝達という大きなカテゴリーの中で継承されてきた。

今それが世界で新たな文化の入り口として好奇の門となっており、西洋が東洋を取り入れる際のとっかかりとなるのもまた文字である。

本書『文字の美・文字の力(税別2800円 誠文堂新光社)』は2008年の出版だが、このレベルの編纂ができる人は杉浦康平氏を置いてはいない。コミュニケーションにおける知性と美学という我々が預かる領域のパイオニアである。

 

2017年3月14日

アートフェア東京2017

 

「アートフェア東京2017」が今年も東京国際フォーラムで開催される。(17−19日)
「画像」
私の同級生であるFusako Ekuniさんも、フランスパリのギャラリーのサポートを受けて出展をしている。
21世紀において最も重油なピースリレーションシップのナンバーワン項目にあるのがアートのインパクトである。
一点突破力を持った個性へと個人が行き着き、どこまで会話と対話を市場化できるかが問われる中で、アートというものが東京においてインターナショナリティを持つことの意味が高まっている。
芸術の国際会議場でもあるこのフェアに、私は今年も駆けつける。新たなクリエイティビティに出会うことを楽しみにしている。

「アートフェア東京2017」が今年も東京国際フォーラムで開催される。(17−19日)

 

art.jpg

 

 

私の同級生であるFusako Ekuniさんも、フランスパリのギャラリーのサポートを受けて出展をしている。

21世紀において最も重要なピースリレーションシップのナンバーワン項目にあるのがアートのインパクトである。

 

一点突破力を持った個性へと個人が行き着き、どこまで会話と対話を市場化できるかが問われる中で、アートというものが東京においてインターナショナリティを持つことの意味が高まっている。

芸術の国際会議場でもあるこのフェアに、私は今年も駆けつける。新たなクリエイティビティに出会うことを楽しみにしている。

 

 

2017年3月 6日

未来よ こんにちは

ミア・ハンセン=ラブ監督『未来よ こんにちは』は、ベルリン国際映画祭の銀熊賞を受賞した注目の映画である。お一人様の終着駅という、時代の潮流に最も強く複合しているテーマを描いている。

 

fa05ff7f3cd41612.jpg

 

 

自らが孤独な時の流れの中にいることに気づいてもそれを強かに受け入れながら、予測した未来と、現実に佇んでいる姿を発見する。

生き方が問われている中で、一人ひとりが周辺に新しい喜びを提示して、もっと明るい未来に対して取り組んでいこうという課題認識が授賞につながったと言える。

孤独とは自由そのものの姿であり、自らの足で歩いていく人生の本質がそこに宿っている。それが穏やかで情緒性の高い自己とともに再創造されており、再び自分に微笑みかける未来ににらみどころを持っている。

私もこの映画の解説に触れたときに、非常に強く惹かれるものを感じた。

3月25日から渋谷東急Bunkamuraのシネマにてロードショー。

 

2017年2月28日

植物は<知性>をもっている

 

情報社会では知的創造力と知的生産性、つまりインテリジェンスがプライオリティのトップに位置している。
画像
『植物は<知性>をもっている』(NHK出版 税別1800円)は、植物の情報受信と活用を分析する。
植物自身が持っている感性に情報的な視点からフォーカスし、未知のコミュニケーションに基づく生命情報活性力を証明する非常に先行した研究だ。
人間よりもはるかに優れた知性がそこにあり、ダーウィニズムと植物の関係、データ処理センターとしての根、群生するサバイバビリティとネットワークなどの構造が明かされる。
エイリアンは我々の足元にこそ生息していたのだ。
農学者ステファノ・マンクーゾ、ジャーナリスト アレッサンドラ・ヴィオラの共著でチーム研究としての出版である。
今後の研究の仕組みのチームプレイがますます活性化していく時代が来ている。
新たな着目が次なる発想の拠点を与えてくれる。
情報社会では知的創造力と知的生産性、つまりインテリジェンスがプライオリティのトップに位置している。
27522120_1.jpg
『植物は<知性>をもっている』(NHK出版 税別1800円)は、植物の情報受信と活用を分析する。
植物自身が持っている感性に情報的な視点からフォーカスし、未知のコミュニケーションに基づく生命情報活性力を証明する非常に先行した研究だ。
人間よりもはるかに優れた知性がそこにあり、ダーウィニズムと植物の関係、データ処理センターとしての根、群生するサバイバビリティとネットワークなどの構造が明かされる。
エイリアンは我々の足元にこそ生息していたのだ。
農学者ステファノ・マンクーゾ、ジャーナリスト アレッサンドラ・ヴィオラの共著でチーム研究としての出版である。
今後の研究の仕組みのチームプレイがますます活性化していく時代が来ている。
新たな着目が次なる発想の拠点を与えてくれる。

 

2017年2月21日

MAYA MAXX展

 

2016年に描かれたMAYA MAXX『狭き門』。
【画像】
黒から玄。
黒を通じて未来にどれだけの可能性を投資するかという前向きな認識を持った今回の展示。
京都の何必館で3月26日まで開催されており、
トークサイン会が、3月12日、3月20日。
ライブペインティング・サイン会が3月4日のいずれも午後2時から予定されている。

2016年に描かれたMAYA MAXX『狭き門』。

 

flyer_mayamaxx2017.jpg

 

 

黒から玄。

黒を通じて未来にどれだけの可能性を投資するかという前向きな認識を持った今回の展示。

京都の何必館で3月26日まで開催されており、

トークサイン会が、3月12日、3月20日。

ライブペインティング・サイン会が3月4日のいずれも午後2時から予定されている。

 

2017年2月20日

3年で退職しないための就活読本

 

立命館大学大学院経営管理研究科の教授仲間であった三好秀和先生が『3年で退職しないための就活読本』(同友館 税別1600円)を出版された。
【画像】
教授と学生がクロスし、それぞれの現場の心理学を踏まえて書かれている。
三好先生は夏季集中講義として、マッチングとモチベーションを輻輳させ、社会貢献の視点も含めながら、社会人として飛び立っていく卒業生への願いを込めた人材育成のプログラムも受け持たれていた。
現在、三好先生は立命館の専任教員を辞し、本拠地を東京に移して一般社団法人として新たな就活支援運動を立ち上げられている。
もともとの専門領域である金融教育とも重なったスタディーベンチャー本でもあり、ここにご紹介させていただく。

立命館大学大学院経営管理研究科の教授仲間であった三好秀和先生が『3年で退職しないための就活読本』(同友館 税別1600円)を出版された。

 

miyoshi.jpg

 

 

教授と学生がクロスし、それぞれの現場の心理学を踏まえて書かれている。

三好先生は夏季集中講義として、マッチングとモチベーションを輻輳させ、社会貢献の視点も含めながら、社会人として飛び立っていく卒業生への願いを込めた人材育成のプログラムも受け持たれていた。

現在、三好先生は立命館の専任教員を辞し、本拠地を東京に移して一般社団法人として新たな就活支援運動を立ち上げられている。

もともとの専門領域である金融教育とも重なったスタディーベンチャー本でもあり、ここにご紹介させていただく。

 

2017年2月13日

高齢社会の医療介護と地方創生

 

立命館大学大学院経営管理研究科修了生である廣田士郎氏がチームエディションメンバーとして参画している書籍『高齢社会の医療介護と地方創生』(同友館 税別2600円)をお送り頂いた。
立命館のMBA取得者が参画しグループで出版しており、代表編著者の三好秀和先生は、私が大学院で教えていた時の教授仲間でもある。
今日の社会課題への的中率が高く、介護医療と生涯活躍の未来を複合的に繋いだ上で、そこに介在する諸問題への解決シナリオを問いかけている。
100年という人生をベースに考えるこれからの地域再生。それを地域医療と一つの視点に統合した上で、大きな流れと小さな解決をリポートし施策を提示する一冊。
非常に良い情報整理が展開されている。

立命館大学大学院経営管理研究科修了生である廣田士郎氏がチームエディションメンバーとして参画している書籍『高齢社会の医療介護と地方創生』(同友館 税別2600円)をお送り頂いた。

 

81tLtC3gypL.jpg

 

立命館のMBA取得者が参画しグループで出版しており、代表編著者の三好秀和先生は、私が大学院で教えていた時の教授仲間でもある。

今日の社会課題への的中率が高く、介護医療と生涯活躍の未来を複合的に繋いだ上で、そこに介在する諸問題への解決シナリオを問いかけている。

100年という人生をベースに考えるこれからの地域再生。それを地域医療と一つの視点に統合した上で、大きな流れと小さな解決をリポートし施策を提示する一冊。

非常に良い情報整理が展開されている。