IMAGINAS(イマジナス) IMAGINAS Home TOPICS INFORMATION ANALYSIS ARCHIVES PRICE


2017年12月 4日 09:36

生活者が感じる幸福の単位が「今」という小単位に移行しています。消費者ニーズとして社会貢献への感度が高まっている流れの裏側には、何よりもその人自身が、人を幸せにすることで自分も幸せを感じたいと願っているからに他ありません。こうした個の幸福を追求していく潮流を表したキーワードになります。それぞれの価値観は、より小さな単位へと凝縮され、その空間だけ、その時間だけという限定性の高いニッチな範囲の幸福へと突き詰められていきます。その結果、生活者が求める幸せの単位も、そのすべてが凝縮された「今」へと向かっています。キーワードとして掲げた小さな幸せを生み出す言葉である「ありがとう」と「笑顔」、この二言があれば誰もが幸せになれます。今を幸福に感じられるサービスをあなたの事業には用意できているでしょうか。生活者の価値観が多様化していく中、この「ありがとう」と「笑顔」は世界共通言語として機能するはずです。未来を見据えた時に、笑顔が溢れる社会をどのように構築していけるのか。その未来像を実現させるためにも、あなたの事業で、さらに社会に笑顔を増やしていきましょう。