Life Design Books
2017年11月30日 14:09
chiikinogyo_kisiho.jpg

東京農業大学農学部  バイオセラピー学科

准教授 川嶋 舟先生 ご推薦!

『地域農業のスプラウト』

著者 岸保宏

未来の農業の種まきをしよう!

農業のスプラウト(新芽)は、いま・ここにある。

地元、東広島市西条で農業会計に携わりながら、地元の農業支援を行う株式会社マスタード・シード22の代表取締役岸保宏氏。当初、「ブローカーがやってきた」と地元農家から邪険に扱われながらも、なんども現場に出向き、農家さんたちの声を拾い集めてきたからこそ見えてきた「農業の未来の可能性」を描いた一冊。

会進出は1985年の男女雇用機会均等法の成立から
30 年を迎えようとしているにも関わらず、いまだに男
性的な社会構造が漫然とはびこる日本。女性は第六感
を研ぎ澄まし、間隙を縫いながら社会に痕跡を残して
きた。そして、ようやく今、女性の働き方と生き方の変
革の時期に差し掛かろうとしている。マーケットを構
築してきた女性たちが選び出す新たな社会とは何か。
都市で働く女性1000名の声から抽出した新しい未来価
値を掴み取るマーケッター必読の一冊。

 

9784908492587.IN02.jpg9784908492587.IN04.jpg9784908492587.IN03.jpg

 

<著者プロフィール>

岸保 宏 (がんぼ ひろし)

 株式会社マスタード・シード22代表取締役1976年広島県庄原市生まれ。農業支援を目的に規格外野菜を使ったベジアイス(商標登録)を企画・販売や地域活性化のためのイベント企画、地域ブランド商品支援、産直拠点の構想支援なども行う。現在、農と食の連携の観点から飲食業会計研究も進めており、クラウドファンディング研究も含め、3本柱で取り組む。平成29年から農林水産省6次産業化プランナーも務める。

―コンテンツ―

第1章 私と農業

 背広のブローカーがやってきた/株式会社マスタード・シード22の設立へ/百貨店催事奮闘記と次なるステージ/ベジアイス専門店「Sazae Style」の開店/食育を通じて、ベジスタへの参加/農業におけるクラウドファンディングの可能性/産直拠点の基本構想/農業会計研究で考えていること etc.

第2章 農業経営の未来のカタチ 谷口正和先生×岸保宏

ミッションを求める旅人として/人生100年時代の将来設計/サステナブルな社会へ自立へのシナリオ/生き方としての“農福連携” etc.

第3章 私のこれから

6次産業化に対する考え/農商工連携の意味/プロの農業者としての担い手の育成が急務/地域に根差しながら、多くの共感者を参加者に!/農業と子育て/農業体験と食品ロス/米の販売方法を考える/米粉パンの給食活用/生産者と消費者を線で結ぶ/農福連携の可能性 etc.

 

 

発行:株式会社ジャパンライフデザインシステムズ
定価:750円(税別)
版型:新書判 ソフトカバー/224頁
JLDS_HP_LIFEBOOKS_bottan.jpg