CONSULTATION

谷口 正和 / マーケティングコンサルタント

人生100年時代を見据えたLife Designを。

“Life Design”、それは現代を生きる生活者の視点があってこそ提案できること。生命・生活・人生の在り方を問うことは、私たちの根幹です。そこに時代の空気や情報分析、マーケティングなどを組み合わせることで、次なる生き方をデザインできるのです。特に近年は生活環境の変化や医療の進歩などから、新しいライフスタイルが生まれていると感じています。これからの未来に相応しいLife Designを追究・提案してまいります。


株式会社ジャパンライフデザインシステムズ 代表取締役社長

1942年京都府生まれ。武蔵野美術大学造形学部産業デザイン学科卒業後、ブランドコンセプト・プロデュースから経営コンサルテーション、企業戦略立案、地域活性計画まで幅広く活動。
1981年に株式会社ジャパンライフデザインシステムズを設立。生命、生活、人生の在り方を問う「ライフデザイン」を企業理念そのものとし、地球と個人の時代を見据えて常に次なる価値観のニューモデルを提示し続ける。
立命館大学大学院経営管理研究科感性型マーケティング担当教授(2003年4月~2013年3月)/客員教授(2013年4月~2020年3月)
東京都市大学都市生活学部創学アドバイザー・客員教授(2009年4月~2013年3月)
武蔵野美術大学評議員(2015年4月~現在に至る)
桑沢デザイン研究所デザイン専攻学科ワンデーミッション講師(2010年4月~現在に至る)



文化経済研究会
時代の潮流をとらえる学びの場

新たな文化が生まれること、それは経済市場にも変化の大波がもたらされることを意味します。時流をいち早く読み取り、経済優先の発想を超えていくことが求められています。新たな視点を持ち個性あふれるインフルエンサーがムーブメントを起こす昨今、変革をリードする企業および起業家をお招きし、その発想と戦略を学習していきます。



IMAGINAS
“今ある”情報から次代の兆候を読み解く

今、世間の話題はなにか。大きなニュースから小耳に挟んだ話までありとあらゆる情報を集約し、分析するのが“IMAGINAS”。現代はまさに転換期に差しかかりつつあります。私たちの意識や行動もそれに合わせて今すぐにでも対応していかなければなりません。“IMAGINAS”は、次代を見通すひとつの”道標”として、生活者や御社を導くことでしょう。