私がつくる、未来への処方せん | セルフドクタークラブ 



中国人観光客の爆買いのニュースをはじめ

このところ日本を訪れる外国人観光客が急増しています。

それに伴って、体調を悪くし薬局を訪れる外国人も大幅に増えているようです。

「くすりの適正使用協議会」の調べでは、全国の薬剤師の9割弱が、

外国人患者への対応に不安を感じているという結果も出ており、

その対策が待たれています。


そうしたなかで、デジタルペンを使って症状や薬などの

情報提供がネイティブ翻訳で可能となるツール

「OTC医薬品販売外国人コミュニケーションBOOK」が

このほど発売となりました。

 

IMG_0522.JPG

 

薬局を訪れた外国人患者とのやりとりを、

特殊印刷がほどこされたコミュニケーションBOOKと

デジタルペンを使って行うもので、

BOOKの日本語の書かれた網掛け部分をペンでタッチすると

翻訳された音声が出るというのが基本的な仕組み。

患者は、YES、NOを指さしで回答するだけです。


プロフィールや症状に関する確認、15の薬効分類に対応し、

使用上の注意、配合成分、推奨品、養生法、

さらには受診勧奨、予防に関しても適切な情報提供を可能としました。


英語をはじめフランス語、中国語(北京語、広東語)、

韓国語、タイ語、タガログ語、ポルトガル語など

主要14か国語に翻訳されており、付属のポスターを店外に貼ることで、

外国人患者が自国語で対応できる薬局であることが

判断できるようになっています。


IMG_0521.JPG


監修は、福島紀子先生(医学博士、日本社会薬学会常任理事)、

岸本桂子先生(薬学博士、北海道薬科大学准教授)のお二方です。


これによって、薬局の薬剤師にとって、不安が多かった外国人患者への対応が

よりスムーズになることが期待されています。

 

商品についての詳細はこちら

●エニイクリエイティブ

http://emil-jp.com/otc-book/

 


1
  • ヘルシーインタビュー
  • アジアンビューティへの道
  • 島ぐらし研究会
  • 村ぐらし研究会
  • ヘルシーハワイ
  • 地域の健康ステーション
  • CANALYZE
  • 女性の生き方研究会
  • NEWS&TOPICS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
Copyright 2014 Japan Life Design Systems. All rights reserved.