私がつくる、未来への処方せん | セルフドクタークラブ 

p43.jpg

 

お金になるかならないかではなく、作りたい物を作る

29歳で黒田辰秋の弟子をやめ、独立して自分の作品を作り始めた。しかし、師の影響は思った以上に強く、黒田辰秋風の作品から脱皮できずに悩んだ。ある時、自分かデザイナーだったことを思い出す。デザイナーをやっていた頃は、アイデアが次から次へと湧き出てきたのに、今それができないのはなぜなのか。「グラフィックの考え方で木工をやってみよう」。気持ちが吹っ切れたのは、40代になった頃。不思議とどんどんアイテデアが出るようになった。
木工作家の多くは、売れ筋を狙って同じ物を何個も作って生計を立てながら、一方で、自分の作りたい作品を作っている。でも、自分が同じ物を何個も作るこのやり方をとると、木工が嫌いになってしまいそうだった。
以前は注文を受けて作ることもあったが、今はそれもしていない。お金になるかならないかにとらわれず、自分の作りたい物だけを作る。そうしながら家族と共に生活するために、32年間、木工とは全然関係のないアルバイトを続けた。木工が人生の中心、木工に全エネルギーを注いでいる

 ラフスケッチを描いた後、粘土で作り、製図に起こして寸法なども出す。「形のイメージは、キレイだなと思った様々なデザインかいつの間にか頭に入っていて、その幾つもあるイメージのチョイスの仕方で個性が出るのだと思います。完全にオリジナルな形なんて、天才じゃないのでできないですよ」

 

p47.jpg

 

 

常に視野は広く、そして遠くへ

1日の中で制作に当てる時間は、大体8時間。朝起きて犬の散歩に行き、朝食前と朝食後の時間。午後は昼食後に軽い昼寝をした後、夕方頃まで制作に取り組む。夕食後も一服してから23時30分頃までは制作している。このペースで作り、1年で約10個の作品ができる。

この先自分が作れる数を考えてしまいそうなものだが、「僕は100歳まで生きたい。作りたい物が山ほどあるから」

住む場所を茅野にした理由の1つは、東京まで電車に乗れば2時間ほどとそう遠くもなく、都市と田舎の適度な折衷だったから。
「東京でデザイナーをやっている時も、いずれは田舎で暮らしたいと思っていました。ここは自然を満喫できる場所。自分にとっては理想郷です。ただ、独りよがりにならないよう注意しています」
自然に囲まれて暮らしながらも、田舎に埋もれ、自分の殻に閉じこもってしまうのは怖かった。自分の作品にも発展性がなくなるだろう。だから常に視野は広く、そして遠くへ向けている。

 

 

 

  • ヘルシーインタビュー
  • アジアンビューティへの道
  • 島ぐらし研究会
  • 村ぐらし研究会
  • ハワイヘルシーツーリズム
  • 地域の健康ステーション
  • CANALYZE
  • 女性の生き方研究会
  • NEWS&TOPICS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
Copyright 2014 Japan Life Design Systems. All rights reserved.