私がつくる、未来への処方せん | セルフドクタークラブ 

p80.jpg

原村 廃材建築家/レストランオーナー

長谷川豊さん

はせがわ・ゆたか1954年京都生まれ。京都市立日吉ヶ丘高等学校美術工芸科(現・京都市立銅駝美術工芸高等学校)卒業。16歳の頃から白樺湖の牧場に手伝いに行き、古材を使った丸太小屋作りなどを習得する。京都市消防局の救助隊に3年間勤務した後、21歳から本格的に牧場に弟子入り。その後、アメリカ、カナダ、アラスカ、メキシコ、グアテマラなどへ修行の旅に出る。大工仕事などで日銭を稼ぎながら旅を続け、原住民やヒッピーたちの生活に触れる。82年、八ヶ岳の麓にレストラン「カナディアンファーム」をオープン。

 

p81.jpg

 

住宅というスケールや仕様からは大きく外れ、木材の形や特徴を活かして作られた圧倒的な建築物。みんなと同じ物を作ろう、キレイな物を作ろうなんて思わずに、そこにある物(廃材)で工夫して作る。廃材だからお金はかかっていない。だから、いくら失敗したっていい。考えるよりも、体を動かそう。はみ出すことを恐れる空気が社会に蔓延する時代に、八ヶ岳の麓で型破りな物を作りながら生活する開拓者に会いに行った。

 

 

p85.jpg

 

 

廃材だから、いくらでも失敗できる

石窯焼きのハンバーグやサーモンステーキ、自家製ハムやスモークサーモンなど、野性味あふれる料理で評判のレストラン「カナディアンファーム」を仕切っている。愛称は“ハセヤン”。夏場は店の仕事や農作業で忙しいが、オフシーズンはチェーンソーを手に建築の仕事に励む。

作っているのは、廃材を使った建築物だ。廃材を使えば、手間はかかるが材料費はかからない。借金をして家を建てるなんて考えられないと言う。

「廃材でテーブルを作ろうとして、たとえ失敗しても薪にすればいい。次の材料はいくらでもある。設計図がなくても、どんどん作る。なにせ、材料はいくらでも転がり込んでくるのだから、失敗を恐れる必要がない」。木材の特徴を活かし、大胆に作ってこその建築物の魅力がそこにはある。

カナディアンファームの広大な敷地には、レストランを中心に、ハセヤンが建てた建築物が点在している。屋根の上で植物を育てたり、風呂を置いたりと、発想はいたって自由。建築物だけではない。米や野菜、食べる物もできる限り自給する。とにかく自分で作れる物は何でも作ってみる。そんなハセヤンの建築物や生活スタイルに憧れ、毎年、国内外から見習いにくる若者が絶えない。

 

p83.jpg

 

石窯やスモークボックス、フライパンなどの調理道具も自分で作ってしまう。役に立たない物は作らない主義。ゆえに作るのは生活必需品ばかり。


p83down.jpg

 

 

 

  • ヘルシーインタビュー
  • アジアンビューティへの道
  • 島ぐらし研究会
  • 村ぐらし研究会
  • ハワイヘルシーツーリズム
  • 地域の健康ステーション
  • CANALYZE
  • 女性の生き方研究会
  • NEWS&TOPICS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
Copyright 2014 Japan Life Design Systems. All rights reserved.