私がつくる、未来への処方せん | セルフドクタークラブ 

土と一緒に成長していこう

庭の一画にある畑では様々な野菜が育てられ、夏は自分たちが食べる分はもちろん、レストランで出す料理もまかなうことができる。「野菜は自分たちで育てるのが本来」と明郁さん。1つのところに根を下ろそうと決めたのも、土の存在が大きかった。

p99_up.jpg

「土もまた人と一緒に育っていくもので、大事な財産。でも、借りた畑ではいつか返さなければいけない時がくる。それはしたくなかった。畑のことがなければ、一生借家でよかったかもしれない」

作っているのは野菜だけじゃない。お皿の上のしいたけは、ついさっき店裏で収穫してきたものだし、山羊の乳で作ったチーズや、鶏の産みたて卵もテーブルに上る。生ハムやベーコンも作る。長野は湿度が比較的低く、西洋野菜の育ちがよかったり、西洋風の保存食が作りやすかったりするそうだ。

“自給自足”という特別な表現をするのが野暮に思えるくらい、ごく当たり前のこととして日常を送っている2人。その土地の自然に即し、自然の中に根を下ろして生きる者のたくましさに触れた。

野菜は全て無農薬で育てているが、それを売りにするのは何か違うと、明郁さん。「無農薬とか恩着せがましく言うのはうるさいかなって(笑)」


p101_up.jpg


自分が一番調子よくいられる場所

2人の間には3歳になる奏くんがいる。林の中を駆け回り、犬や山羊と触れ合う毎日。叫ぼうが喚こうが近所迷惑にもならない。子どものあり余るエネルギーを際限なく吸収してくれる自然環境がここにはある。ただ、「子どもにはいずれ都会に出て、いろいろなものを見て刺激を受けてほしい」というのが、2人の共通の思いだ。ここに暮らしているのは、決して都会を否定しているからではない。要はどちらを日常にし、どちらを非日常にするかの話なのだ。

「僕たちは、暮らすのを山にし、遊びに行くのを都会にしました。そのほうが調子よくいられたんですね。僕たちと逆の生活を選ぶ人もいるでしょう。どちらが正解というのではない」

レストランや山小屋のオンシーズンは、宿泊客の朝食を作り、レストランのランチとディナー営業。合間に畑仕事などをし、一日中仕事でいっぱいになる。その分、雪に閉ざされる12月から4月頃までのオフシーズンには、お互い好きなことに時間を費やす。明郁さんは目下、店の隣に自分たちの家を建築中だ。そして、たまには家族で文化の刺激を受けに名古屋や松本に遊びにも出かける。オンとオフがはっきりしているここでの生活は、2人にとてもしっくりきている。


 

p101_under.jpg

 


独学で図面をひき、人の手を借りながら基礎工事も行った。いただきものの木材や、少しずつ集めてきた海外の建具を使い、2人にしか作れない家がじきに完成するだろう。

 

  • ヘルシーインタビュー
  • アジアンビューティへの道
  • 島ぐらし研究会
  • 村ぐらし研究会
  • ハワイヘルシーツーリズム
  • 地域の健康ステーション
  • CANALYZE
  • 女性の生き方研究会
  • NEWS&TOPICS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
Copyright 2014 Japan Life Design Systems. All rights reserved.