私がつくる、未来への処方せん | セルフドクタークラブ 

_DSC0260.jpg

フリーハンドで作った心休まる空間

都会では個人店が次々と倒れ、チェーン店ばかりが増殖する。それに対するアンチテーゼがあった。食べていくことを考えれば、軽井沢などの観光地を選ぶ手もあっただろう。いや、個が個らしくいられるのがよい社会なんじゃないか。でも、経営が成り立たなければ存続できない。その葛藤が常にあった。

「最終的には、自分の本来の意思に反して儲かることをするのではなく、横柄な言い方をしてしまえば、お客さんに迎合せず、自分の感性に共鳴してくれる人だけを集める空間を作り、好きなやり方をしていくことに決めたんです」

まずは空間作りから始めた。コンセプトは「天然の石と土と木の家」、そして「既製品は一切使わない」こと。

「ヨーロッパを旅して思ったのが、心が休まるのは人工物ではないということです。さらにいうと、プロがビシッと作ったようなものではなく、素人がフリーハンドで作ったような空間が心地よかったりします」

そしてできたのが安曇野絵本館。土壁や石造り、温かな木の風合い。色も空気も、いるだけで落ち着く空間が、優しく、静かに、訪れる人を受け入れている。

廣瀬さんの感性と勘で、国内外の絵本や作品が選ばれる。廣瀬さんが所有する海外作家の原画展なども行っている。お客さんの反応は様々。「絵本の世界はこんなに奥深いものだったんですねという人がいる一方で、箸にも棒にもかからない人もいる」

_DSC0661.jpg

物と出会ったプロセスが、暮らしを豊かにしてくれる

21世紀になり、ITがものすごい勢いで普及をし、コミュニケーションもフェイストゥフェイスではなく、ITを通したものになっている。その影響は絵本の世界にも及んでいる。ここで写メを撮り、実際に買うのはネット通販という若いお客さんが増えている。少し前までは、単なる“絵本”ではなく、安曇野に来た“思い出の絵本”として購入してくれていたのに、今は“ただの物”になってしまっているのが寂しい。

「物と出会ったプロセスが、暮らしを豊かにしてくれるんです」

コンビニやファストフードなど、人の手があまり介在しないところで物を買う生活に慣れてしまうと、人に対して無関心になってしまうのではないか。そんな未来に憂いを抱き始めている。

絵本館の空間を通して、自身の生き方を表現してきた。ここを訪れ、共感し、何度も通ってくれるお客さんもいる。でも少し、経済優先の時代に距離を感じている。70歳を目前に再びやって来た、人生のターニングポイント。この静かな空間で、丁寧に未来と向き合ってみようと思っている。

 

_DSC0076.jpg

 

絵本館の入場券には、飲み物つきとの記載が。淹れたてのおいしいコーヒーがうれしい。「ゆっくりくつろいでください」というオーナーの心づかいが伝わってくる。

 

  • ヘルシーインタビュー
  • アジアンビューティへの道
  • 島ぐらし研究会
  • 村ぐらし研究会
  • ハワイヘルシーツーリズム
  • 地域の健康ステーション
  • CANALYZE
  • 女性の生き方研究会
  • NEWS&TOPICS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
Copyright 2014 Japan Life Design Systems. All rights reserved.