私がつくる、未来への処方せん | セルフドクタークラブ 


長野県の豊かな食材や食文化の魅力の発信役を担う「おいしい信州ふーど(風土)大使」。このほど新たに3人の大使が決まり、銀座NAGANOでその委嘱式が行われました。

 新任の方々は、日本ワインの魅力を紹介するフード&ワインジャーナリストの鹿取みゆきさん、イベント開催などを通じて日本酒の普及に注力する日本酒ジャーナリストのジョン・ゴントナーさん、そして信州プレミアム牛肉など信州食材を応援するフレンチレストランオーナーシェフの岸本直人さん。それぞれ順に、ワイン、日本酒、料理全般の分野を担当します。

CIMG9235.jpeg

 

長野県では、県産の農畜産物について、厳選基準に基づいた信州食材の「プレミアム」、長野で開発された独自品種の「オリジナル」、伝統野菜など食の文化遺産ともいえる「ヘリテイジ」という3つの基準で厳選したものを「おいしい信州ふーど(風土)」と表現し、ブランド化を図っています。その魅力を広く県内外に発信し、長野県の食のイメージアップを進めるために、2012年に創設されたのが「おいしい信州ふーど(風土)大使」です。

当初からの大使は、このプロジェクトの総合プロデュース担当で県内にワイナリーを経営し、エッセイストとしても著名な玉村豊男さん、発酵食品全般を担当する発酵学者で東京農業大学名誉教授の小泉武夫さん、スイーツ全般を担当するパティシエの鎧塚俊彦さんの3人。今後は大使6人態勢で活動していきます。

 

CIMG9219.jpg


当日は、阿部守一長野県知事のほか、玉村さんと鎧塚さんも出席。知事から新任の3人に委嘱状が手渡されました。


CIMG9207.jpg


阿部知事は、「玉村大使の提案で始まったこの取り組みも3年が経ち、徐々に軌道に乗ってきたところ。長野県には山岳や高原、川を流れるきれいな水、そして温泉など多様な魅力があります。食についてもさらに多彩で優れたものがあり、それを3つのカテゴリーに区分してブランディングを図っています。今回で6人となった大使にはそれぞれの得意分野を活かしながら、食べ方も含めた食の特性を発信していただき、全国の皆さんにそれを踏まえた健康長寿県としての長野の魅力にふれてもらいたい」と激励の言葉を送りました。


後半のトークセッションでは、銀座NAGANOで販売されている「おいしい信州ふーど(風土)」商品から選ばれた「大使お薦めの食材」をいただきながら、阿部知事も交えてその魅力について語り合いました。 
 

CIMG9228_mini.jpg

 

玉村大使は、「食べると信州の空気を感じられる料理が考えられないか。ワインづくりでもブドウが実っている風景が思い浮かぶようにと常に考えています。どういう人が作ったのか、長野の風や光、空気の中で飲むとそれが感じられ、東京で飲んでもパーっとその風景が心に浮かぶようにしたい。料理も同じで食べた瞬間に、信州に旅した時の風景がよみがえる。そんな料理ができたら最高ですね」と、これからの食のあり方に対する期待を語りました。
 

CIMG9265.jpg




◎トークセッションメニュー

【料理】〔ランベリー ナオト・キシモト〕
アンズとフォアグラのテリーヌ〔アンズ:杏宝園〕
信州サーモンしらかばスモーク〔八千穂漁業〕
はちみつとブルーチーズ〔はちみつ:更科養蜂苑〕

〔チーズ:アトリエ・ド・フロマージュ〕

【飲物】
◇ワイン
ソービニオンブラン2013(白)〔ヴィラデストワイナリー〕
メルロー樽熟2012(赤)〔井筒ワイン〕

◇日本酒
水尾純米吟醸〔田中屋酒造店〕
茜さす純米大吟醸〔土屋酒造店〕 

【スイーツ】〔Toshi  Yoroizuka〕
くるみショコラ


CIMG9244.jpg

大使と知事のトークセッションの様子

 

  • ヘルシーインタビュー
  • アジアンビューティへの道
  • 島ぐらし研究会
  • 村ぐらし研究会
  • ハワイヘルシーツーリズム
  • 地域の健康ステーション
  • CANALYZE
  • 女性の生き方研究会
  • NEWS&TOPICS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
Copyright 2014 Japan Life Design Systems. All rights reserved.