私がつくる、未来への処方せん | セルフドクタークラブ 

150428_salon01.jpg

 

4月19日(日)、第6回仁生堂ヘルシーサロンが行われました。

会場は仁生堂総合店の談話室で、今回は25人がご参加下さいました。


150428_salon02.jpg


開会に先立ち、馬場きく子社長が

「毎日の生活で実践できることを、ひとつでもよいので持ち帰ってください。

継続は力なりという言葉があるくらいです。

小さなことを続けることが、健康維持の秘訣です!」とご挨拶されました。

 

 

150428_salon03.jpg

 

 

永田専務が、開会の言葉として次のように述べられました。

「健康の情報は、テレビ、雑誌、インターネットと様々なところで目にしますが、

実はどれを信じて実践すればよいのか、わからない方が多いのも実情です。

こうした中、薬を売るだけではなく、正しい健康情報を薬局としてお伝えし、

1つでも皆様の生活へ取り入れていただきたくことが、

このヘルシーサロンの役目だと思っています」

 

 第1部は「“春の土用”は、疲れた体の休めどき」をテーマに、仁生堂築地店の鈴木常務が

前回のヘルシーサロンに引き続き講師として登場。

 

 

150428_salon04.jpg

 

 

健康な毎日を送るためには、季節を意識して暮らすのは、とても大事なこと。

漢方の世界では1年のうち季節は5つ、それぞれの季節の変わり目が“土用”と呼ばれ、

春夏秋冬に土用を加えた5つを季節としてとらえることを解説。

 

この土用の過ごし方によって、次の季節を気持ちよく過ごせるか

が決まってくることから、「無理をしないこと」「気を発散させること」がポイントです。

そのためには、毎日少しずつ運動を行うことがとても大切であることを強調。

 

さらに五行色体表に基づいて、季節によってどの臓器や器官に

留意しながら過ごすべきかを、わかりやすく解説いただきました。


体を休めることの大切さをご理解いただいたところで、

続く第2部では、スリープケアマスターの今枝昌子先生に、

「眠りで美活!美眠体操で小顔美人に」

をテーマにお話をいただきました。

 

 

150428_salon05.jpg

 

 

快眠のための3つの条件は、「こころ」「からだ」「環境」です。

睡眠の役割は、「脳と身体の疲れを取ること」で、

そのために重要なのが「リラックス」。


精神や肉体の緊張をほぐし、ゆったりとくつろいだ状態を、

どうすれば手に入れられるのか、今枝先生は具体的な方法を

教えてくださいました。

 

緊張しやすい顔周りの筋肉を緩め、フェイスラインもすっきりする美眠体操は、

試しているうちにリフトアップしたような気分になってきます。

 

また、姿勢のゆがみなどを緩和する「股関節トレーニング」や

自分の体の状態をチェックできる「あしうら快眠法」など、

その日から始められる方法論を、今枝先生は時間の許す限りお話くださいました。

 

最後に、仁生堂本店の藤井店長が「自己測定会」の定期開催を告知。

5月からは健康チェックが毎週木曜日(本店)にできることになりました。

生活習慣病の早期発見と早期治療を促すことが目的です。

気になるところがある方は、ぜひ!

 

 

  • ヘルシーインタビュー
  • アジアンビューティへの道
  • 島ぐらし研究会
  • 村ぐらし研究会
  • ヘルシーハワイ
  • 地域の健康ステーション
  • CANALYZE
  • 女性の生き方研究会
  • NEWS&TOPICS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
Copyright 2014 Japan Life Design Systems. All rights reserved.