私がつくる、未来への処方せん | セルフドクタークラブ 

5月21日(水)、セルフドクタークラブが企画協力した
第3回仁生堂ヘルシーサロンが仁生堂総合店で開催されました。
第1回目、第2回目は砂町区民館での開催でしたが、
今回は4月にリニューアルした仁生堂総合店談話室での開催。
あいにくの雨にもかかわらず、34人ものお客さまにお集まりいただきました。

 

IMG_3433.jpgCIMG6906.jpg

 


午後1時30分、仁生堂永田専務取締役の開会の挨拶で幕を開けました。
第1部は、「身に着けよう!漢方のワザ!」をテーマに、
仁生堂薬局の馬場社長のお話です。

 

CIMG6910.jpg

 


ご自身の生い立ちに始まり、西洋医学と東洋医学の違い、
陰陽論、気血水、五行論など、漢方医学の基礎を実に分かりやすく、
時おり冗談を交えてお話されました。
会場のお客さまからも、たびたび笑い声が。
「馬場社長のお話はユーモアがあって面白かった」
「知らないことをたくさん学べました」などの感想が多数寄せられました。

 

CIMG6994.jpg

 


「各季節に土用があります」の説明では、配られたレジメに
お客さまご自身が、線をひきながらの実践学習。
最後に、「仁生堂はお客様のお話をじっくりうかがいながら、
漢方医学に基づいて健康な毎日を提供する相談薬局です」と改めて強調、
80分に渡るお話は終了しました。

 

IMG_3483.jpg

 


第2部は、「野菜のチカラをたっぷりいただく『重ね煮』をテーマにした、
重ね煮料理家の藤原恵美子先生のお話です。
藤原先生が、「食べ物が命と心と体を作る」と実感し、
「重ね煮」に出会うまでのお話でスタート。
航空会社でキャビンアテンダントをされていた時代の食生活、
息子さんの偏食から、楽しい食卓の大切さを痛感されたエピソードなどを
お話下さいました。

 

CIMG6950.jpg

 


 「重ね煮」とは、野菜の旨みを最大限に引き出す料理法です。
レジメを用いながら、「重ね煮」の作り方を解説。
一番のポイントは、野菜を重ねる順番です。
基本は、地上にできるものが下、地下にできるものが上というのが原則です。
「何分ぐらい煮るのですか?」「どんな風に切ればよいのですか?」など、
藤原先生のお話の合間にも、積極的なお客さまからは質問が相次ぎました。

CIMG7041.jpg


 いよいよ「重ね煮」の試食です。
藤原先生がご用意下さったのは、玉ねぎとニンジンの「重ね煮」。
まずは、「重ね煮」のジュースを味わい、それから「重ね煮」を試食。
「重ね煮」を実際に口にすると、「優しい味」「やわらかい」など、
口ぐちに感想を語り、「試食が終わると、お客さまの目が輝いていましたね」
藤原先生も驚いていました。
「心を込めた、命が輝いている食材を体に入れると命が輝きます」
という言葉で、藤原先生の講演は終了。

IMG_3491.jpg


 

 

アンケートには、「野菜の力のありがたさが分かりました。」
「食の大切さを改めて考えさせられました。今日帰ってすぐに作りたいと思います。」
といった声が寄せられました。

 

仁生堂ホームページ

藤原恵美子先生 重ね煮料理サロン「野菜と藤原」

 ストウブで「重ね煮」 

 

  • ヘルシーインタビュー
  • アジアンビューティへの道
  • 島ぐらし研究会
  • 村ぐらし研究会
  • ヘルシーハワイ
  • 地域の健康ステーション
  • CANALYZE
  • 女性の生き方研究会
  • NEWS&TOPICS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
  • PICK UP BOOKS
Copyright 2014 Japan Life Design Systems. All rights reserved.