#01 土屋 多加史 「as time passes」


この作品は、私たちが抱えている「時間」がテーマである。私たちは自身の生において、さまざまな現状の保存に努力し、一方であらがえない摂理とともに存在している。私は、自然物に人工的な行為を施すことでそれらの関係を表現し、見る人自身の内側にある生の物語を再生させようと努めている。


土屋 多加史(つちや たかふみ)
1979 年福島県いわき市生まれ。2003 年東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。2005 年東京芸術大学大学院美術研究科油画修了。インスタレーション、絵画など幅広い表現方法で作品を発表している。

個展
2007 『王女の孤独に満ち満ちて』
WadaFineArts/東京
2008 『聞いた話の現実味―Realityofhear-say』
WadaFineArts/東京

グループ展
2003 「東京芸術大学 + バウハウス大学国際交流展Greenspaceー光と影ー」/ワイマール・ドイツ
2003 「ArtistByArtist」 /六本木ヒルズ森アーツセンター/東京2006
2003 S c o p e N Y/ニューヨーク
2004 アートフェア ケルン・ドイツ
2005 「東京芸術大学+バウハウス大学国際交流展 rosaーあらわになる色ー」/東京芸術大学陳列館/東京
2005 中国国際書廊博覧会/北京
2005 アートフェア東京/東京

01_01s.jpg01_02s.jpg01_03s.jpg01_04s.jpg01_05s.jpg01_06s.jpg
01_07s.jpg01_08s.jpg01_09s.jpg