2011.8.12更新



板橋区立美術館


 

「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」



に行ってきました ③

    




   

 

かぐや展示.jpgのサムネール画像

「かぐや姫」の展示が見られるボローニャ展は8/14までです!

 

 

前回に引き続きまして、今回の記事では

ボローニャ国際絵本原画展でボローニャSM出版賞を受賞

された、フィリップ・ジョルダーノさんのご紹介をいたします。 

 

 

☆期待の新人 フィリップ・ジョルダーノ 

 

 

—ボローニャ展の入選者には順位をつけないと伺いましたが、

ボローニャSM出版賞とはどのようなものでしょうか?

 

松岡:去年からできた新しい賞です。今までは絵本の多様性を

重視して賞を設けてこなかったのですが、スペインの

SM(サンタマリア)財団による「ボローニャSM出版賞」は

ボローニャ展のコンセプトに合致しているので新設されました。

ボローニャ展入選者の中から35歳以下の若いイラストレーターに

奨学金として3万ドルが与えられ、

さらにSM出版社から絵本を1冊出すことができます。

そしてその絵本を翌年のボローニャ展で発表して展覧会も

行います。経済的に恵まれない若手の作家に非常に大きな

機会を与える賞です。

そして去年、審査員が選んだのがフィリップ・ジョルダーノさん

でした。彼は今年で31歳になります。

 

 


 

かぐや3.jpg

  ふしぎな精霊に守られているかぐや姫。

どんな精霊なのか、すっごく気になりますね

 

 

 

 かぐやひめ表紙.jpg

上の原画は絵本の表紙でこのようになります。

 実はこの絵本、板橋美術館でボローニャ展がスタートして

すぐに売り切れとなってしまい

実際に入手できたのはしばらくたってからでした。

スペイン語のタイトルは

 『LA PRINCESA NOCHE RESPRANDECIENTE』

 

 

 

 

かぐやひめ裏表紙.jpg

こちらは裏表紙。

ボローニャブックフェアのロゴが入っています 

 

 

ボローニャロゴ.jpg

ロゴ部分のアップです!

 

 

 

—彼のプロフィールをご紹介いただけますか?

 

松岡:彼は非常に面白い背景を持っています。

父親はスイス人で母親はフィリピン人、彼自身はイタリアで生まれ

たのでイタリア人といっていますね。

フィリップさんはイタリアの美術学校で学び、ボローニャ展には

2004年に初入選しています。それをきっかけにイタリアやイギリス

の出版社から絵本を出していましたが、去年もボローニャ展で

入選して、そしてSM出版賞に選ばれました。

絵本のテキストは出版社が選んだのですが、それが「かぐや姫」

でした。SM出版賞の国際性を強調したいという主催者側の意図

の表れです。

またSM財団前会長のコルテスさんがフィリップさんの絵を見た

ときにオリエンタルな感覚を感じたということから、日本の物語が

選ばれました。

フィリップさんの母親がフィリピン人であること、さらにフィリップさん

は小さい頃から日本のアニメを見て育ち、宮崎駿の大ファンである

こと、日本へ4回来訪したことがあったことなどは、SM財団の方

たちは知らなかったそうです。

 

 

 

 

かぐや姫と、仮面をかぶった5人の王子様です

 


 

 

—フィリップさんは日本がお好きなのでしょうか? 

 

松岡:そうでしょうね。絵本のお題を見たときには驚いたそうです。 

彼はかぐや姫が月に帰った後の話にも興味を示しました。

富士山の煙は帝が不老不死の薬を山の頂上で燃やしたときに

出たもので、だから山の名前が不老不死のフジという名前に

なった、というエピソードです。

フィリップさんはかぐや姫を描くために日本に長期滞在したいと

考え、現在も東京で生活しています。

絵本を見ると、日本美術の様式をずいぶん取り入れていることが

分かります。

 

 

かぐや5.jpg

二人目の王子がインドで仏陀の聖杯を探すシーンです。

トラの口から誰かの手が出ているのが、分かりますか……?

 

 

 

—展示を拝見しましたが、すごく細かいタッチですよね。

 

松岡:彼は線のとてもきれいな人です。コンピュータで描くことも

ありますが、今回は板に直接描いています。

かぐや姫は人間界と自然界の間にいる存在だと言っていました。

その言葉を表すように、絵の中にはもののけのような存在も

出てきています。

かぐや姫への彼独特の解釈が加えられ、表現された絵本に

なりました。

 

 

フィリップ氏の描く絵の世界観は、とっても複雑で不思議で、

見る人を引きつける魅力があります。

ボローニャ展の図録にもフィリップさんのインタビューが

掲載されているので、ぜひご一読ください!(サイトウ)

 

 

☆次回は、板橋区立美術館の成り立ちについてご紹介します。 

実ははじめて出来た「区立美術館」なんですよ〜!

美術館が好きな人だけでなく、いつか絵本作家になりたい人も

必見です!

 

 

お問い合わせPage Top

コメントする

バックナンバー