2011.7.29更新



板橋区立美術館


 

「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」



に行ってきました ①

 

   

   

 

 

板橋美術館外観.jpg

  かわいらしい入り口が目に飛び込んできます

 

東武東上線成増駅からバスで10分、木々に囲まれた緑豊かな

土地に板橋区立美術館はあります。

夏の暑い日でも、木陰から吹く風がとても心地よい場所です。

 

 

板橋美術館のぼり.jpg

ユーモラスなのぼりもかわいい♪

 

2011年は日本人入選作家が19人!

イタリア・ボローニャ国際絵本原画展



ボローニャ展、そして板橋区立美術館についての詳しいお話を、

この記事を含む4回に分けて紹介して参りたいと思います!

第1回目の本日は、ボローニャ国際絵本原画展の様子を

紹介したいと思います。 


 

1981年から始まったイタリア・ボローニャ絵本原画展も、

今回で31回目を迎えました。

2011年は世界58カ国2836人ものイラストレーターから

応募があり、20カ国76作家が入選となりました。

その中にはなんと、日本人入選作家が19人も!

板橋区立美術館の展示室では、その全入選作品と、

特別展示としてフィリップ・ジョルダーノ氏による

絵本原画を展示しています。

 

 

展示室1.jpg

壁の色が絵本の世界をひきたててます♪

 

 

 

ハチドリ.jpg

『くちばしの本』 

オスカー・ボルトン・グリーン (イギリス)

 

 

 

エレナのウサギのダンス.jpg

『ゾウさんゾウさんウサギさん』

 藤本将 (日本)

  


作家ひとりにつき、5点の絵本原画が展示されています。

原画の一つひとつをじっくりと見ると、手法も、大きさも、表現して

いる内容も、本当に作家それぞれ違っていて、絵本の多様性を

実感させられます。

自分のお気に入りの作家を見つけてみてくださいね。

  

 

 

かぐや展示.jpg

 フィリップ・ジョルダーノ氏による特別展示は、

『かぐや姫』の絵本の原画です

 

 

 

かぐや1.jpg

『かぐや姫』  

 フィリップ・ジョルダーノ (イタリア)

 


 


彼独自の視点と、日本の美術や自然などを観察して学び取った

手法が複雑にまじりあって、今まで見たことのないような世界観が

美しい色彩とともに表現されています。

じっくり見れば見るほど、線の美しさと表現の細やかさにハッと

させられます。

 

展示室では原画作品だけでなく、実際に絵本となっている様子を

手に取って見ることが出来るようなっています。

一枚絵としてみたときと、絵本のページの一枚になって、物語と

なっている絵をめくるときとは、また違ったおもしろさを感じること

が出来ます。絵本に夢中になっていて、童心に帰っていた自分に

気づいたり……。

  

 

110708-4.jpg

 作品のグッズもかわいいものばかり。

今年から会場内にグッズコーナーができました!

Tシャツに缶バッジは集めてそろえたくなる

かわいさです。

トートバッグは缶バッジとセットで

デザインされています!

 

 

 110708-1.jpg

ポストカードは1枚50円とお手頃な価格♪


 

 

カフェボローニャ.jpg

 毎年好評の「カフェ・ボローニャ」では

イタリアの雰囲気を感じさせるパンや

甘さ控えめのケーキなど、軽食を楽しむことが出来ます。

くるみサブレ、オレンジトップ、トマトのフォカッチャは

今年の新作です♪

 

 

 

パン.jpg

なんておいしそう…!

 

 


さらに、「カフェ・ボローニャ」の絵本ショップも注目しなくては

なりません!

国内ではなかなか手に入りにくい絵本が、ボローニャ展の期間

だけ販売されています。入選作家の絵本も手に入りますよ。

毎年人気のある外国の絵本はすぐに売り切れてしまいます。

ここで買い逃すと、もう手に入らないかも!?


 

 

110717.jpg

 さらにさらに、絵本に関するイベントも

盛り沢山です!

 

  

7/17日(日)には、アストリッド・リンドグレーン賞をとった絵本作家

のキティ・クローザー氏を招いて、「わたしの絵本づくり」という講演

会も行われました。

その他、絵本好きの人にも、絵本を作ってみたい人にも、とっても

タメになるイベントがたくさんありますので、板橋区立美術館の

ホームページでチェックしてみてくださいね。(サイトウ)

 

 

 

★イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

会期 2011年7月2日(土)~8月14日(日)

開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日 月曜日(但し7/18は祝日のため開館し、翌日休館)

観覧料 一般600円 高・大生400円 小・中学生150円

20名以上団体割引、65歳以上高齢者割引、身障者割引あり

毎週土曜日は、小・中・高校生は無料で観覧できます。

 

主催/

板橋区立美術館

日本国際児童図書評議会(JBBY)

 

●板橋区立美術館

〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27

TEL: 03-3979-3251

FAX: 03-3979-3252

展覧会テレホンサービス 03-3977-1000

公式ホームページ http://www.itabashiartmuseum.jp/art/index.html

 


 

次回は、ボローニャ展について担当学芸員の松岡希代子さんに

伺ったお話を掲載予定です!

 

お問い合わせPage Top

コメントする

バックナンバー