2011.7.22更新

 

  

きょうの絵本

 

モーリス・センダック作

 

『かいじゅうたちのいるところ』

 

 

 

  

  

『教文館 子どもの本のみせ ナルニア国』店長の川辺陽子さん

おすすめの2冊目は、現代絵本の先駆者モーリス・センダックの

『かいじゅうたちのいるところ』です。

この絵本は昨年、スパイク・ジョーンズによって映画化もされ、話題

となりました。

 

 

 ナルニア国 003.jpg

 『かいじゅうたちのいるところ』

モーリス・センダック/作 神宮輝夫/訳 冨山房/刊

 

 

 

無邪気な子どもの心があれば

すーっと物語の世界に入り込める

 

 

川辺さんにとってこの絵本は、

「子どものころみた記憶があって、とてもインパクトがあったこと

をはっきりと憶えています」

という魅力ある1冊だそうです。

 

いたずら少年マックスは、おおかみの着ぐるみを着て大暴れした

ため、罰として夕ごはんを抜かれ、寝室に放り込まれます。

ところが寝室はすぐに森に変身。そこは海へと続いていて、

マックスと読者の夢のような冒険の始まり始まり!

 

マックスは恐ろしいかいじゅうの国の王様になって、彼らを従えて

かいじゅう踊りをするのですが、クライマックスのそのシーンには

文字がいっさいありません。

それが見開きで3場面ほど続くのですが、川辺さんはおとなに

なって読み返して初めてそのことに気づいたそうです。

 

この本は心理学的に「心が解放される」と分析されているのです

が、大きな声でワーと叫び、足をドンドンと踏み鳴らし、高い木の

枝にヒョイヒョイとぶら下がるそのシーンで、子どもだった自分は

ものすごく絵本の中に入り込んでいて、だから文字がなかったこと

に気づかなかったのではないか。もしもおとなになって初めて出会

った絵本だったら、そのことがわからなかったのではないだろうか

と思ったそうです。

 

子どものときに出会ったからこそ、何かわからないけれども、もの

すごくチカラがあるということを感じ取れる。何もかもすっとばして

そこにドカーンと入れるのは子どもの心ならではかもしれません。

子ども時代に出会ってほしい本だと川辺さんは強くすすめられて

いました。

 

 

●モーリス・センダックについて

 

モーリス・センダックは、1928年、米・ニューヨークのブルックリン

生まれ。両親はポーランド系ユダヤ人で、一家はユダヤ系の

ゲットーに暮らしていました。幼い頃から病弱だったセンダックは

早くから絵本に親しみ、とくに同じ年生まれのミッキーマウスの

大ファンでした。そして12歳のとき両親に連れて行ってもらった

ディズニー映画『ファンタジア』にとても感化されました。

それは彼の作風にも多大な影響を及ぼし、たしかに『かいじゅう

たちのいるところ』のストーリー展開や場面構成など、その気配を

十分に感じることができます。

 

彼はこの作品によって1964年、コールデコット賞を受賞しました。

(なお、コールデコット賞については、バックナンバーNo.26を

ご覧ください)

 

 

ナルニア国 002.jpg

 

いかにもかいじゅうが出てきそうな幻想的な

島の雰囲気。けっしていやな感じではない

ところが素敵です。(ミヤタ)                  

 

お問い合わせPage Top

コメントする

バックナンバー