リンドグレーン 004.jpg 

2011.6.8更新

  

 

「世界中で愛される

 

リンドグレーンの絵本」展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どものころ、何度も何度も夢中になって読んだ『長くつ下の

ピッピ』。その展覧会が東京・世田谷文学館で開催中であることを

『ティールグリーンインシードヴィレッジ』の種村由美子さんから

教えていただいたので、ワクワクしながら行ってきました。

 

 

ピッピポスター.jpg

 

 

「世界中で愛されるリンドグレーンの絵本」展

2011年4月16(土)~2011年6月26日(日)

世田谷文学館

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山1-10-10

(京王線「芦花公園」駅南口より徒歩5分)

TEL.03-5374-9111  http://www.setabun.or.jp/ 

 

 

 

ピッピは強い。力もハートもすこぶる強い女の子。なんたって岩波

の表紙絵の中にまで「世界一つよい女の子」の文字が躍ってます

から。小学生の頃、ピッピは憧れの女の子でした。社会のルール

マナー、価値観を超越した自由奔放なピッピのことを、とても

羨ましく思ったものです。それでいてあっという間にピクニック用に

おいしいランチを作れるあるいは世界中から集めた珍しい宝物

を思いがけないところからひょいと差し出すこともできる。

とにかく一緒にいて飽きない不思議な女の子です。 

「女の子なんだから」とか「おねえさんなんだから」といった

”世間”の妙な縛りに窮屈な思いをしがちな女子にピッピファンが

多いのも頷けます。逆に大多数の男子にとってはピッピのような

女の子は御しがたくやっかい極まりないので、敬遠する傾向が

強いのかもしれません。

 

そんなピッピの展覧会、小学生の子どもの頃に戻った気分。

というか、長い間はなれていた友と再会するようななんとも懐かし

く嬉しい気持ちで訪れました。

 

 

 

DSC_5940.JPGのサムネール画像

正面のモダンな建物が世田谷文学館

 

 

 

DSC_5953.JPGのサムネール画像

ピッピシリーズの原画を展示してある展示室

 

 

 リンドグレーン 001.jpgのサムネール画像のサムネール画像

主任学芸員の佐野晃一郎さん。館内をご案内

くださり、この展覧会だけでなく常設展や

世田谷文学館の活動までとても丁寧にご紹介

くださいました。

 

 

 

この展覧会は今から約65年ほど前にスウェーデンで誕生した

『長くつ下のピッピ』の原作者アストリッド・リンドグレーンの世界

第1部、第2部に分けて展示しています。

さらに3つの特設コーナーが設けられ、館全体でリンドグレーン

生涯にわたって書き続けた「子どもの憧れる生活」、「子ども

ならではの時代を謳歌する子どもたちの姿」を堪能できる構成

となっています。

  

 

 

●ピッピの生みの親、アストリッド・リンドグレーンについて

 

  

画像②ビヨーン・ベリイ画《アストリッド・リンドグレーン》制作年不詳 ©Bjӧrn Berg 使用後要削除.jpgのサムネール画像

絵本2.gif 

 

1907年、スウェーデンの南東部ヴィンメルビー生まれ。

兄1人、妹2人の4人兄弟の長女。小さな牧場で家族と共に

過ごした子ども時代の経験が作品の下敷きになっている。

17歳で地元の新聞社の編集部にアルバイトとして携わり、

19歳でストックホルムに移り、秘書養成学校に通う。その頃、

当時ではまだ珍しかった未婚の母となり、長男ラーシュを産む。

スウェーデンでは戸籍を入れない出産は認められていなかった

ため、デンマークで出産。そのまま長男をコペンハーゲンの里親

に預ける。帰国後、24歳でステューレ・リンドグレーンと結婚し、

長男を引き取る。

1941年34歳のとき、長女が肺炎になり、病床の娘のために

『長くつ下のピッピ』のお話を思いつく。3年後、今度はアストリッド

本人が足首を捻挫。療養中にお話書き上げ、長女の10歳の

誕生日プレゼントとして手作りの絵本にして贈った。

翌45年、その写しをラーベン&ショーグレン社の児童文学懸賞

に応募し、第1位を獲得、出版される。たちまちスウェーデン国内

で評判となり、『長くつ下のピッピ』は「子ども部屋に革命を起こした

作品」だといわれてきた。

やがて日本を含む外国でも翻訳が出版されるようになり、

今では70以上の言語、120以上の国で読まれ、1億3000万部

以上を売った。

   

リンドグレーンは子どもの権利や動物の権利の擁護者

としても知られ、あらゆる虐待に反対の立場を表明していた。

2002年にスウェーデン政府が彼女を記念して、児童青少年文学

である「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」を創設。

05年に絵本作家の荒井良二氏が日本人初の受賞となった。

 

 

 

★展覧会の内容については

「世界中で愛されるリンドグレーンの絵本」展②に続けます。

(ミヤタ)

    

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせPage Top

コメントする

バックナンバー