2011.6.15更新

 

 

ゆうききよみさんと

 

 

「鉢&田島征三

 

 

絵本と木の実の美術館」

 

 

 

 

 

NO.23「ゆうききよみさんとの出会い」と、NO.27 きょうの絵本

 「どうして? どうして?」でご紹介したゆうききよみさんは、刺

絵本アーティストの活動と平行して、新潟県十日町市山中に

ある「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」でスタッフとして

働いていらっしゃいます。

最初は一般客として美術館に訪れたそうですが、あまりにも素敵

な場所なので、その後何度も足を運び、ついにはカフェのスタッフ

募集に迷わず応募したのだとか。

 

インタビューでは、刺繍絵本のこと、鉢の美術館のこと、どちらも

素敵なお話をうかがえました。

  

  

 

  中面を示すゆうきさん.jpgこの小さい女の子は私なんですよ」(ゆうきさん)

 

 

●ゆうききよみさん 

1981年宮城県生まれ。新潟県十日町市在住。

2004年東北芸術工科大学デザイン工学部

生産デザイン学科テキスタイルコース卒。

現在、刺繍絵本アーティストとして活躍中。

URL:http://yukikiyomi.petit.cc/

 

 

★ゆうききよみさんの『どうして? どうして?』を

購入ご希望のは、「PB Cafe」宛てにご連絡ください。

        

        

 

刺繍絵本への想い

 

 

「こどもたち、昔こどもだったおとなたち、

小さい頃のわたしの不思議にこたえる絵本を描きたい。

小さい頃だっこしてもらったおかあさんのエプロンのにおいを

思い出すような、そんな絵本を描きたい。」

(ゆうきさんのブログより)

 

テキスタイルを専攻していた学生の頃から、ゆうきさんは

布には物語があると感じていました。そのため、提出した課題や

制作した作品には、必ず物語をつけたそうです。

 

そんなゆうきさんですから、刺繍と絵本がドッキングしたのも

ごくごく自然な流れだったのでしょう。

 

ブログで書かれているようにゆうきさんの物語のテーマは

こどもや、昔こどもだったすべての人がほっとできるような

日常のささやかな出来事。

自分の体験がベースになった、なつかしさとしみじみとした

安らぎを覚える作品ばかりです。

 

 

IMG_5037.jpg

 

ひと針ひと針、糸をさしていくたびに

想い出がかたちになっていきます。

新作絵本もゆうきさんの子ども時代の

お話になる予定です。楽しみですね!

 

 

 

「鉢&田島征二 

絵本と木の実の美術館」への想い

 

 

鉢は、まわりを山で囲まれた小さな集落。村の過疎化が進み

2005年春に、集落で唯一の小学校「真田小学校」はついに廃校

となり取り壊されようとしていました。

しかしこの学校を残したいという集落の人たちの熱い想いと

絵本作家の田島征三さんの心強いプロデュースによって

09年「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」のひとつの

作品として再利用されることになり、生き返ることができたのです。

 

作品は、からっぽになった校舎を舞台に、最後の在校生と

学校に住みつくオバケたちとの物語。空間絵本『学校はカラッポ

にならない』の誕生でした。 

その物語が校舎いっぱいに広がって、体験型の絵本美術館と

なり訪れる人を楽しませてくれています。 

 


 

 033Tashima21_miyamoto.jpg

  

おばけのトラペトト。教室や体育館など校舎の

一つひとつが絵本の1ページになっています。     

Photo/Takenori Miyamoto + Hiromi Seno

 

 

 

033Tashima36_miyamoto.jpg

  

体育館いっぱいの流木オブジェ。ワイヤーが

入り口の巨大なししおどし「バッタリバッタ」に

つながっています。鉢の山からしみ出た湧き水で

「バッタリバッタ」の頭がいっぱいになると

バッタはお辞儀をします。その動力がワイヤーを

伝わり、体育館中の流木オブジェが踊り出す

という壮大な仕掛けです。 

Photo/Takenori Miyamoto + Hiromi Seno

  

 

 

木の実のオブジェ.jpg

  

木に木の実を接着する作業をする鉢集落

のお母さんたち。ほとんどの人が「真田小学校」の

卒業生です。美術館の制作に集落の皆さんが

協力されました。そしてみんなの美術館が

出来上がりました。   

 

 

 

STA_5220.jpg

                

校長室と職員室は「Hachi Cafe」になりました。

ここでは魚沼産コシヒカリと季節の焼き野菜、

妻有ポークを使ったスペインの郷土料理「アロス」

が食べられます。

もしかしたらゆうきさんがサーブしてくれるかも!

 

 

 

冬になると、雪に囲まれたすり鉢状の地形の中にすっぽり

入ってしまう「鉢」という集落。雪の山越えは慣れていないと

難しそうなので、夏場のうちに訪れようと思いました。その際には

もっと詳しく現場ルポを掲載しますのでお楽しみに! (ミヤタ)

                       

      

 

  

鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館

 

〒948-0111 新潟県十日町市真田甲2301-1

TEL&FAX 025-752-0066

開館時間/10:00~17:00 入館料/大人500円 子ども250円

e-mail  ehon_to_kinomi@tsumari-artfield.com

URL    http://www12.ocn.ne.jp/`ehon2009

 

 

★交通アクセスについては上記URLでご確認ください。

 

                          

   

 

お問い合わせPage Top
バックナンバー