2011.6.8更新 

 

 

 

 

「世界中で愛される

 

リンドグレーンの絵本」展

  

 

 

 

 

 

 

今回世田谷文学館では、2つの展示室と3つのコーナで「世界中

で愛されるリンドグレーンの絵本」展を開催していました。

  

 

 

第1部

 

「スウェーデンの暮らしが育んだ

 

リンドグレーンの世界」 

 

  

「子どもの本の女王」と言われるリンドグレーンは、児童書の編集

仕事を続けながら『長くつ下のピッピ』、『ロッタちゃん』、

『エーミル』、『屋根の上のカールソン』など個性豊かな登場人物が

活躍する物語を数多く生み出しました。さらに農村の生活を描い

た『やかまし村のこどもたち』など、スウェーデンの豊かな自然を

背景にした作品を多数残しています。

2階展示室では、スウェーデンを拠点にリンドグレーンの絵本を

世に送り出してきた挿絵画家たちの作品が紹介されていました。

それぞれの画家の作風や技法は異なりますが、リンドグレーン

同様、一人ひとりの子どもたちの個性が見事に描かれ、北欧の

自然の中でのびのびと心豊かに暮らす様が散りばめられていて、

とても惹きつけられます。

『長くつ下のピッピ』が登場したスウェーデンという国の風土や

文化的背景がしのばれて、興味深く拝見できました。

 

 

 

  画像3イロン・ヴィークランド画『やかまし村の子どもの日』表紙(1961)使用後要削除.jpgのサムネール画像

 

絵本.gifのサムネール画像のサムネール画像

 イロン・ヴィークランド画

『やかまし村の子どもの日』表紙(1961年)

 

 

   

  

 画像4イロン・ヴィークランド画『やかまし村のこどもたち』(1954-1961) 使用後要削除.jpgのサムネール画像

絵本.gifのサムネール画像のサムネール画像  イロン・ヴィークランド画

『やかまし村の子どもたち』(1954-1961年)

 

 

 

 

 画像5イロン・ヴィークランド画『ちいさいロッタちゃん』(1956) 使用後要削除.jpgのサムネール画像

 絵本.gifのサムネール画像のサムネール画像

 ロン・ヴィークランド画

『小さいロッタちゃん』(1956年) 

 

 

●イロン・ヴィークランドについて 

 

 1930年~)

エストニアのタルトゥ生まれ。ロシア軍の侵攻により1944年、

難民としてスウェーデンに移住。

ストックホルムの美術大学を卒業後、1953年に出版社ラーベン

ショーグレンに挿絵画家として応募し、リンドグレーンと出会う。

リンドグレーンはヴィークランドに童話を描く才能を見出し、

『やねの上のカールソン』シリーズや『ロッタちゃん』シリーズなど、

リンドグレーンの多くの作品に挿絵を付けることになった。

日本には1961年に『やかまし村』シリーズが紹介された。

 

 

 

第2部

 

世界に飛び出すピッピ」 

 

 

リンドグレーンは1941年、肺炎にかかった7歳の娘を喜ばせ

ようと、奇想天外な赤毛の女の子ピッピの物語を思いつきました。

そのお話は、娘が10歳になったとき、誕生日プレゼントとして

手作りの絵本にまとめられたそうです。

今や70以上の言語に訳され世界中の子どもたちに愛されて

いる「長くつ下のピッピ」の誕生でした。

 

1階奥の展示室では、それぞれの国を代表する画家たち

よって描かれた『長くつ下のピッピ』の絵本原画や

スウェーデン語版の表紙原画などが展示され、

ピッピが世界中の子どもたちをとりこにしていったことが

見てとれます。

よく知っているピッピの物語の特徴的なシーンが、

国によって画家によってその描写がさまざまで

その違いを眺めていくことができて面白い展示でした。

 

 

 

 画像㈰『長くつ下のピッピ』2jpg.jpg

 ニイマン.gifのサムネール画像のサムネール画像

 

 イングリッド・ヴァン・ニイマン画

『長くつ下のピッピ』

ニルソンを抱くピッピ(出版社用ポスター原画)

(1945年) 

 

 

 

 ●イングリッド・ヴァン・ニイマンについて 

 (1916~1959年)デンマークのヴェイエン生まれ。

19歳でデンマーク王立美術アカデミーに進むが中退。

画家のアルネ・ニイマンと結婚後、スウェーデン・ストックホルムに

移住。44年に離婚。初期には油彩を中心に制作していたが、

子ども向けの挿絵画家として芸術性の高い作品を生み出して

いった。45年からリンドグレーンの『長くつ下のピッピ』シリーズに

携わったほか、『やかまし村』シリーズ、『カイサとおばあちゃん』

など52年までの間に数多くの挿絵を手がけた。

スウェーデンではニイマンによる挿絵が「ピッピ」のイメージとして

定着しており、近年は世界各地でニイマンの挿絵による「ピッピ」

の本が出版されている。

 

 

 画像8アドルフ・ボルン画『ピッピ船にのる』(1993)使用後要削除.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 アドルフ・ボーン.gif

 

 

アドルフ・ボルン画

『ピッピ船にのる』

ピッピ遭難する

 (1993年)

 

 

 ●アドルフ・ボルンについて

(1930年~)チェコのチェスケー・ヴェレニツェ生まれ。

カレル大学教育学部に通い、プラハ美術工芸大学を卒業後、

プラハ美術アカデミーで学ぶ。チェコを代表する挿絵画家として

『長くつ下のピッピ』をはじめチェコ語で出版される世界の名作

絵本に挿絵を手がけている。幻想的な雰囲気を漂わせる挿絵と

ともに、社会風刺を込めた作品を発表しアニメの分野でも国際的

評価が高い。

絵本や挿絵の分野で65年、76年にライプツィヒ国際ブック

コンクールでグランプリ、BIBI1979の金のりんご賞など、国内外の

様々な賞を受賞している。

日本では『ふしぎなでんわ』(87)、『ビーテクとなかまたち』(81)

などが出版されている。

 

 

 

 

画像6ローレン・チャイルド画『長くつ下のピッピ』(2007)使用後要削除.jpg ローレン・チャイルド.gif

  

 

ローレン・チャイルド画

『長くつ下のピッピ』

ピッピ、ごたごた荘にひっこす

(2007年) 

  

 

 

 ●ローレン・チャイルドについて

 (1967年~)イギリスのウィルトシャー生まれ。

2つのアートスクールに在籍後、家具造り、陶器のデザインなど

様々な仕事を経験。初めて手がけた絵本

『あたし クラリス・ビーン』で1999年スマーティーズ賞銀賞を

受賞。コンピュータを駆使し、コラージュを用いながら活字を大胆

アレンジする個性的な絵本を発表している。

2007年には、リンドグレーン生誕100周年を記念する国際的

共同出版のために『長くつ下のピッピ ニューエディション』

(オックスフォード出版局、岩波書店)を手がけ、話題を集めた。

 

 

 

 画像⑦桜井誠『長くつ下のピッピ』(1964) 使用後要削除.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

桜井 誠画

『長くつ下のピッピ』

表紙(1964年) 

 

 

 

●桜井誠について

 (1912~1983年)静岡県・静岡市生まれ。

同舟舎絵画研究所、川端絵画研究所で学ぶ。

大阪毎日新聞社学芸部に勤務しながら、いくつかのペンネームを

使って雑誌の挿絵を手がける。

第二次世界大戦後、児童書の挿絵画家として活躍しはじめ、

『小公子』、『オズの魔法つかい』、『アルプスの少女』、

『足ながおじさん』、『赤毛のアン』、『アンクル・トム物語』、

『家なき子』など、戦後、積極的に発刊された海外児童文学の

古典や名作の挿絵を手がけた。

『長くつ下のピッピ』シリーズ(63、64、65年、岩波書店)は

イングリッド・ヴァン・ニイマンによる原書を参照しながら

書き上げた。多くの日本人にとって、ピッピをはじめとする

リンドグレーンの作品と切り離せないイメージとなっている。

世界中の誰よりも多くのピッピの絵を描いた画家であり、

海外の評論家たちの間では、軽いタッチのリアルな線画で

超自然的な性質のピッピを、独特の現実感のある女の子として

描いたと評価が高い。

 

 

 

★資料コーナー

 

 

2007年にストックホルムで開催された「アストリッド・リンドグレーン

展」に展示された写真や、リンドグレーン記念館の紹介、絵本以外

のリンドグレーンの著作を初版本を含めて展示されていました。

 

 

 

 

★特設コーナー 

 

きみがピッピだ!あそびっぴ!」 

  

 

1階中央に位置する空間は、この期間、「やかまし村の子ども文学

館」と題して、子ども限定の「ピッピ遊び」のコーナーが用意されて

いたり、子どものためのワークショップの会場になったり、その

発表の展示があったりして子どものためのスペースとなっていま

した。

ふだんなら館内で子どもの声が響くと、ほかのお客様から苦情

が寄せられることもあるそうですが、この会期中だけはご了承

いただきたいというスタンスです。

 とくに感動したのは「ピッピ遊び」でした。物語に出てくる7つの

エピソードをそれぞれ遊びにして、7つのコーナーで体験できる

というものです。

たとえば、私がピッピのお話の冒頭でとても驚いた、片方の足を道

の端のみぞに入れたり、後ろ向きになって歩いたりするシーンと、

 床一面にクッキーのタネを拡げてハート型でくり抜くシーン。その

どちらも再現された遊びになって、ちゃんと用意されていました!

  

ほかにもピッピは「床に降りません」という遊びを考えて、隣に住む

トミイとアンニカと家の中で飛び回ったりするのですが、その遊び

もあって、子どもたちが楽しそうに挑んでいました。

 ピッピの髪の毛のように、ピンと左右にとび跳ねた赤毛の三つ編

みのウィッグが付いた麦わら帽子をかぶって、ピッピになりきれる

コーナーまであって、至れり尽くせり。

子どもの頃に戻って、私もいろいろな「ピッピ遊び」を体験したくて

たまりませんでした。

 

そういえば物語に出てくるピッピの遊びってモノや道具に頼らず、

「言葉」や「創造力」をフルに活用したとびきり楽しいものばかり。

今でも世界中の子どもたちに絶大な影響を与え、愛されている

理由の一つには、そんな自由な発想への憧れと共感があるのか

もしれませんね。

 

 

 

★特設コーナー

  

 世田谷文学館と子どもたち」 

 

世田谷文学館では、年間を通してさまざまなプログラムによる

子ども向け事業を行っています。

ユニークな展覧会解説シートや関連催事の「子ども文学館」、

子どものための読み聞かせ「お話の森」、ことばのワークショップ

「ことのは はくぶつかん」、学校に出張展示する「移動文学館」

など、文芸を主とした芸術の力で、子どもたちの創造性を育む

活動です。

このコーナーでは、そうしたワークショップについて紹介されて

いました。楽しみながら、子どもたちが文学や芸術に親しめる

素敵なプログラムばかり。子どもの頃にこんなワークショップが

近所にあったら、絶対に通っていただろうなと思いました。

 

 

 

 

とても楽しかった展覧会。最後、エントランスの一角にある

ミュージアムショップでは、リンドグレーンの絵本や関連グッズが

販売されていました。

嬉しさとなつかしさのあまり、思わずローレン・チャイルド画の

岩波書店のニューエディションと、おなじみ桜井誠画の文庫版の

2冊の『長くつ下のピッピ』を購入。

久しぶりに“友”をうちに連れて帰ることにしました。(ミヤタ)

 

 

 ピッピ2冊 004.jpgのサムネール画像

 

        なつかしい”友”がパワーアップして

        戻ってきた! 

        岩波少年文庫(上)と

        岩波書店のニューエディション(下)を購入!

 

 

   

 

 

  
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせPage Top

コメントする

バックナンバー