冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん

冷え体質は、心や体にさまざまなトラブルを引き起こします。

冷え体質ではないと思っている人も、思い当たる症状がないかチェックしてみて下さい。

 

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s.jpg

 

《かぜをひきやすい》

体が冷えていると、免疫力が低下して、かぜなどの病気にかかりやすくなります。体が十分に温かく、免疫力が高い人は、ウイルスなどの異物が体内に侵入しても、血液中の白血球がウィルスを排除し体を病気から守ってくれます。

ところが、体が冷えていると、白血球の働きが低下。抵抗力が弱まってかぜやその他の病気に感染しやすくなります。

 

《太りやすくなる》

毎日の生活の中で消費している総エネルギー量のうち、

内臓を動かしたり、呼吸をしたりするのに使われる基礎代謝量は約70%を占めています。これは特別に体を動かさなくても消費されていくエネルギーです。

一般的に体温が1度上がると、基礎代謝量は12%アップします。

つまり、体が温かい(体温が高い)のであれば、

それだけでじっとしているときのエネルギー代謝量が

アップするということ。

逆に冷え体質の人は、それだけ基礎代謝量が低くなり、

食べる量や運動量が体の温かい人と同じでも太りやすくなります。

 

《体力の低下を感じる》

冷え体質になると、基礎代謝量が低下するので、

食べ物から得たエネルギーがうまく利用されなくなります。

そのために疲れやすくなったり、体力も低下してしまいます

 

《肌の衰えを感じる》

冷えていると代謝も悪くなることから、当然ながら、

肌代謝(ターンオーバー)も低下します。

そのため、肌荒れ、乾燥など肌のトラブルにもつながります。

また、皮下の毛細血管の血の流れもスローダウンするので、

くすみやしわなどの肌老化を招きやすくなります。

 

《自律神経失調症》

体温調節を司る中枢は、脳の視床下部にあります。

視床下部は、自律神経を司る中枢でもあることから、

冷えは自律神経にも影響を及ぼします。

 

《便秘》

冷え体質の人は、内蔵も冷えています。そのため、胃腸機能も弱く、便秘や下痢になりやすい傾向にあります。

 

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s.jpg

 

《肩こり、頭痛、腰痛》

血行が悪くなると、血液によって体のすみずみに運ばれている酸素や栄養が行き届かなくなります。

また血液が行っている老廃物の回収もうまく行えなくなることから、筋肉の細胞が酸素不足となり老廃物がたまって「こり」や「痛み」を引き起こします。

 

《生理不順・不妊》

体温調節の中枢がある脳の視床下部には、ホルモンの分泌を司る中枢があります。

そのため、冷え体質の人はホルモンバランスにも悪影響を及ぼし、

生理不順、生理痛に悩まされたりすることも。

また、ホルモンバランスの乱れによって卵子を作る卵巣機能に影響を及ぼし、

不妊を招くともいわれています。

 

《むくみやすい》

冷え体質になると、熱をできるだけ逃がさないようにするため、汗が出にくくなり、

排尿も抑えられてしまうので、水分の排泄機能が低下します。

そのために体内に余分な水分がたまってむくみやすくなります。

 

《うつ、落ち込み、集中力の低下》

冷え体質により、新陳代謝が衰えて臓器の働きが低下すると、

心の活力も失われ、やる気がなくなったり、集中力が低下してきたり、精神状態が不安定になることもあります。

 

 


〜実践!10の《温》体質習慣 その10

(2015年3月14日温育チャレンジイベントより抜粋)

実践!10の《温》体質習慣

「体を温める」を生活習慣にして《温》体質に。ルールが厳しそう・・・と思っているならご安心を。毎日の生活にすぐに取り入れられる、とっても簡単な“お約束”ばかりです。3段階の冷え度別のお約束度も参考にして下さい。

oyakusokudos.jpg

<冷えのお約束度の詳細はこちら>

冷えは万病のもと、お約束度★★★の方におすすめにぜひ取り入れていただきたい温育習慣はこちら。

★★★

咳をするのは体によくないと思ったことはありませんか?なんと実は、これが「温かい体づくり」につながるのです。肺は、息を吐くことで体の中の毒素を体外に排出しています。けれど、肺は呼吸によって空気中の細菌や毒、ほこりなどの有害物質を取り入れてしまうので、体の中で一番、有害物質をためやすいところ。そこでわざと「から咳」をすることで、肺の中の有害物質を吐き出すのです。異物を体の中にためないことで免疫力が高まり、体の巡りもよくなって、冷えにくい体質に整えます。からまる痰を吐き出す気持ちで、思いっきりゴホッとしてみましょう。

痰を出すことで、肺の熱が取れ、代謝が高まります

子どもはあまり痰が出ませんが、高齢になると痰が出やすくなります。これは年齢を重ねると、肺に熱がたまって痰ができやすくなるから。肺に熱がたまると代謝が落ちるので、痰を出して熱を取ることは、「温かい体づくり」に効果的といえます。

【お知らせ】

楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト-レピーク-より、『中医美容博士・楊さちこ直伝:漢方美容で、365日ずっとキレイ』ただ今、週5日(月~金)好評無料発行中!キレイと元気の極意を《1日1コラム》にまとめました。「読むおクスリ」としてご利用ください。ご登録は、楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト -レピーク-URL: http://www.yo-sachiko.com/

 

(C)sachiko yo 2015, All Rights Reserved.


〜実践!10の《温》体質習慣 その9

(2015年3月14日温育チャレンジイベントより抜粋)

実践!10の《温》体質習慣

「体を温める」を生活習慣にして《温》体質に。ルールが厳しそう・・・と思っているならご安心を。毎日の生活にすぐに取り入れられる、とっても簡単な“お約束”ばかりです。3段階の冷え度別のお約束度も参考にして下さい。

oyakusokudos.jpg

<冷えのお約束度の詳細はこちら>

冷えは万病のもと、お約束度★★★の方におすすめにぜひ取り入れていただきたい温育習慣はこちら。

★★★

ブラやショーツはやっぱりかわいらしさで選びたい!でも、ナイロンやポリウレタンなどの化学繊維で作られた下着を着ていると、冷え体質になってしまうかもしれません。下着はできるだけ、シルクやコットン、麻などの天然素材で作られたものを選んでください。天然素材なら、汗を吸収して発散してくれるので、体の代謝を妨げません。特におすすめなのはシルク。ちょっと高価ですが、夏は涼しく冬は温かく着ることができ、血行をスムーズに保てる最高の素材。しかも、肌と同じアミノ酸でできているので、敏感な肌でも安心です。

【お知らせ】

楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト-レピーク-より、『中医美容博士・楊さちこ直伝:漢方美容で、365日ずっとキレイ』ただ今、週5日(月~金)好評無料発行中!キレイと元気の極意を《1日1コラム》にまとめました。「読むおクスリ」としてご利用ください。ご登録は、楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト -レピーク-URL: http://www.yo-sachiko.com/

 

(C)sachiko yo 2015, All Rights Reserved.


〜実践!10の《温》体質習慣 その8

(2015年3月14日温育チャレンジイベントより抜粋)

実践!10の《温》体質習慣

「体を温める」を生活習慣にして《温》体質に。ルールが厳しそう・・・と思っているならご安心を。毎日の生活にすぐに取り入れられる、とっても簡単な“お約束”ばかりです。3段階の冷え度別のお約束度も参考にして下さい。

oyakusokudos.jpg

<冷えのお約束度の詳細はこちら>

毎日の生活にすぐに取り入れられる、とっても簡単な《温育習慣》。お約束度★★の方におすすめの温育習慣はこちら。 

★★

ストレスは体にたまる毒素。毒素がたまれば冷えやすい体になってしまいます。実際、ストレスがある時は、なぜか無性に食欲が出たりするもの。そんな時は、思いっきり大声を出すことが一番です。カラオケに行ったり、会社の屋上で叫んだりしてみては? ただ家で大声を出す場合は、ご近所迷惑にならないように。友達に電話をして好きなだけ話をしてみたりするのも手。悲しい映画や本を見て、思いっきり泣くのも心のデトックスには効果的。ストレス解消は体の代謝も高めてくれます。とにかく、ストレスはためこまないことが大切です。

【お知らせ】

楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト-レピーク-より、『中医美容博士・楊さちこ直伝:漢方美容で、365日ずっとキレイ』ただ今、週5日(月~金)好評無料発行中!キレイと元気の極意を《1日1コラム》にまとめました。「読むおクスリ」としてご利用ください。ご登録は、楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト -レピーク-URL: http://www.yo-sachiko.com/

 

(C)sachiko yo 2015, All Rights Reserved.


〜実践!10の《温》体質習慣 その7〜

(2015年3月14日温育チャレンジイベントより抜粋)

実践!10の《温》体質習慣

「体を温める」を生活習慣にして《温》体質に。ルールが厳しそう・・・と思っているならご安心を。毎日の生活にすぐに取り入れられる、とっても簡単な“お約束”ばかりです。3段階の冷え度別のお約束度も参考にして下さい。

oyakusokudos.jpg

<冷えのお約束度の詳細はこちら>

毎日の生活にすぐに取り入れられる、とっても簡単な《温育習慣》。お約束度★★の方におすすめの温育習慣はこちら。 

 

★★

目をクルクル回すだけでデトックスできます。中医学では、目は“肝(かん)”につながっていると考えられているため。肝は血の排毒に影響を与えるので、肝の働きが鈍るとクマができたり、髪や肌にツヤがなくなったりしてしまいます。《温》体質になるには、血の巡りをよくするのが第一。ただし、肝を直接刺激することはできませんので、肝とつながった目を動かし、肝が動くスイッチを入れましょう。

【お知らせ】

楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト-レピーク-より、『中医美容博士・楊さちこ直伝:漢方美容で、365日ずっとキレイ』ただ今、週5日(月~金)好評無料発行中!キレイと元気の極意を《1日1コラム》にまとめました。「読むおクスリ」としてご利用ください。ご登録は、楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト -レピーク-URL: http://www.yo-sachiko.com/

 

(C)sachiko yo 2015, All Rights Reserved.


<<前のページへ123456
  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ママセミナー
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.