冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん

生理痛には大きく分けて4つの原因があります。

 

1つ目は、「子宮口が成熟していない」。初潮の頃から生理痛がある場合、加齢や出産を機に生理痛が軽くなることがあります。

2つ目は「子宮の収縮性が強い」。子宮内膜から出るプロスタグランジンというホルモンが分泌されて、血液を外へ押し出す働きをします。その分泌量が多い体質の人は子宮の収縮が強く、陣痛のような痛みが起こります。20代後半からの痛みの原因はこのケースが多いです。

3つ目は、「子宮や卵巣に問題がある」。30代前半になると、子宮内膜症や子宮筋腫などで生理痛がひどくなることがあります。特に痛みがひどくなってきたり、量が増えたりした時は要注意!婦人科で診てもらうことをおすすめします。

4つ目は生理痛を訴える人の大多数の原因といわれている「冷え」。中医学的には、「血は温めることを喜び、寒を嫌う」という考え方があります。

血液が体内をきちんと巡るためには、一定の温度が必要です。クーラーに当たったり、冷たい飲み物を飲んだりすることが習慣になっていると、体を冷やし血の滞りが生じます。「不通則痛」という中医理論もあり、血の滞りは痛みの原因になります。冷えからくる生理痛は、黒っぽい血、血の塊、下腹部の冷え、生理周期の乱れを伴うことがあります。

 

《生理痛対策》

(1)体を温める

生理痛を和らげるためには、入浴で体の中からじっくりと温めることが大切。ただし、経血の多い時期は、シャワーや足浴などで体を温めよう!

 

(2)体を冷やさないための下着

体を締めつけるガードルやボディスーツは、骨盤のうっ血を悪化させる。また、お腹や腰を冷やすとうっ血がひどくなり、痛みが強くなるので、おへそまで隠れる下着で体を冷やさないように心がけよう。

 

(3)ストレスを解消する

仕事が忙しかったり、緊張したりすると、ストレスで自律神経のバランスが崩れ、生理痛がひどくなりがち。

自分に合ったストレス解消法を見つけてストレスをためないようにしよう。


 

湿気が多い香港では、消毒と食欲増進のために、ほとんどの広東料理で使われているしょうが。

 

漢方薬は、ほとんどの処方に使われているほど万能の効果を持っています。

しょうがの辛味の成分であるジンゲロンとショウガオールは、

魚や肉の臭みの成分と結合して臭いを消す作用があり、

発汗作用や胃液の分泌をよくして消化吸収を促す働きもあります。

特にジンゲロンには強い殺菌力があり、

生魚などによる食中毒を予防するのに効果的です。

血液の循環をよくし、内臓全体の働きを活発にする作用も持っています。

 

しょうがの独特な香りは、シネオール、ジンギロール、ジンギベレンなどの精油成分によるもの。これらは消炎、発汗、去たん、保温などの作用をもつことで知られています。唾液の分泌をよくし、食欲を増進させる働きもあるので、のどが痛む、たんが出る、食欲がなくなる、寒気がする、といったかぜの初期にはもってこいなのです。

冷え性や神経痛にも効果があります。

 

【しょうがと黒砂糖ドリンク】

お腹を温めるので、生理痛やかぜのひき始めにおすすめです。

《作り方》

輪切りにした新鮮なしょうが5枚と、黒砂糖30gを600㏄の水で弱火で15分煎じる。

 

1度に湯のみ1杯を飲みようにし、1日3回程度飲むのが望ましいです。


 

08bfb59ba17db1f68691d816fa3dcea3_s (2).jpg

 

 

寒い季節に、「足もとが冷えてなかなか寝付けない」

という悩みをよく聞きます。

厚手の靴下を履いたり、つま先に唐辛子を入れてみたりと、みなさんそれぞれ工夫をされているようですが、

いまいち効果が得られないという声も聞かれます。

 

そこでおすすめなのが「芯から温めること」。

言いかえれば、「骨」から体を温めるのです。

いくら外側から温めても、なかなか内側には伝わりません。

ならばいっそのこと、体の中心である骨から体を温めてみようという訳です。

 

 

a21fb2f520923aa151963c3df1217724_s (2).jpg

 

骨をどうやって温めるのかというと、皮膚と薄い肉に包まれた骨の部分である

膝と肘を通して温めるのです。

 

不思議と手のひらや二の腕、足先や腰までもが温まってきますよ。


 

 

d188595aaf4ecb1a0a68c75820af8d0f_s.jpg

 

 

あったか美人体質を作る半身浴のコツ

それは、『両肘をしっかりとお湯につけておくこと』。

 

半身浴で長時間お湯に浸かっているのに、

体が温まらないと感じる人はいませんか?

 

半身浴でもしっかり温まるためには、手首や手のひらは外に出していても

両肘だけはしっかりとお湯に浸けておくこと。

 

肘は体温調節に関係する部位です。

肘が温まると、汗がたくさん出て新陳代謝が高まります。


 

実は、ちょっとしたことで、冷えない体になれるんです。

 

体をしっかり温めた入浴の最後に、足首から下に冷たい水をかける。

 

最初は冷たくてびっくりしますが、すぐに体がぽかぽかと温まってきます。

 

冷えた部分に血液が集まってくるため、体の血液循環もよくなります。

 

ただし、この方法は体がある程度丈夫な人に限ります。

心臓に疾患のある方、持病をお持ちの方、

高齢者の方にはお勧めできません。


123456
  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ママセミナー
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.