冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん


衣・食・住にまつわる冷え対策についての最新情報をお届けします。


温育じかん HOMEニュース&トピックス

香港では、朝ごはんに温かいお粥を食べるのが食文化の一つとして根づいています。朝、お粥を食べると体にどんなよいことがあるのでしょうか。中医学博士の楊さちこ先生に本場仕込みの香港式白粥の作り方を学びながら“食養生” の知恵を教わりました。

 

you0404.jpg

 

香港人に学ぶ

お粥は朝に食べるのが一番

健康長寿世界一の香港では、「食で体を温める」ことがとても大切にされています。特にお腹の温めは重要。お腹が冷えていると、胃腸の働きが低下して消化吸収が悪くなり、体に十分な栄養を取り入れることができなかったり、下痢などの不調を招いたりする原因になってしまいます。

中医学の考え方が定着している香港では、お粥は胃腸の働きを整えてくれる物として親しまれています。お粥を食べることで胃腸が整い、消化吸収がよくなると栄養をしっかりと体に吸収できるようになります。熱もつくり出しやすくなり、体が温まります。

お粥を食べるのに最も適しているのは朝。中医学では、内臓の排毒が終わり、胃腸が動き出し、消化吸収がよくなるのが午前7時から午前9時の間といわれています。そのため、温かくて、お腹に優しいお粥は朝ご飯にぴったりなのです。


お粥に期待できる10のいいこと

【お粥10徳】

1 _ 血行をよくして、顔色をよくする。

2 _ 体力、気力を強くする。

3 _ 寿命を延ばす。

4 _ 胃に優しく、心身を安らかにする。

5 _ 頭の働きがよくなり、弁舌も流暢に。

6 _ 宿便を除き、胸がつかえない。

7 _ 風邪をひかない。

8 _ 飢えを防ぐ。

9 _ 喉の渇きを癒す。

10 _ 大小便の通じがよくなる

(『粥有十利』より作成)


香港式白粥レシピ

 

kayu.jpg

 

【材料】(4〜5人分)

米 .......................................1カップ

水 ....................................10カップ

干し貝柱 .................................4個


【作り方】

1.洗米

ボウルに米を入れ、水をたっぷりと注ぎ、サッとひとかきして水を捨てる。再び水をたっぷりと注ぎ、両手のひらで優しくもみ合わせるように米を洗う。水が白濁したら水を捨て、水に透明感が出るまで2~3回繰り返し洗った後、ザルに上げる。

2.吸水

ザルに上げた米をボウルに入れ、たっぷりの水を注ぎ、常温で15~30分つけておく。

3.沸騰した湯に食材を入れる鍋に水を入れ、強火にかけて沸騰させる。沸騰したら、吸水させた米をザルに上げて軽く水切りし、湯に入れる。戻した干し貝柱を汁ごと加え、玉杓子などで全体を優しく混ぜる。

※干し貝柱は、一晩水につけて戻しておく。

4.かき混ぜて煮る

再びグラグラと沸いたら弱火にし、米の粒が割れないよう、全体を優しく混ぜる。

5.蓋をして炊く

少しずらして蓋をし、弱火で30分くらい炊く。時々、鍋底に米がくっつかないように、かき混ぜる。とろみが少し出て、米が軟らかくなれば完成。最後に干し貝柱を取り出してほぐした後、戻し入れる。


●朝粥を続けるための早ワザ!テクニック

時間のない朝でも、パッと時間を短縮してお粥を作るには、米をまとめて洗っておき、小分けして冷凍保存するのがポイント。「米開花=米が開く」といって、米に水が浸透しやすくなるため、通常30分くらいかかる煮込み時間を10分程に短縮できます。※作る分量や使用する鍋、火力などにより煮込み時間が異なる場合もあります。



ホタテやチキンで

おいしさと栄養をプラス

日本のお粥は、一般的に米と水を一緒に火にかけますが、香港式の場合はグラグラと沸騰したお湯の中に米を入れます。これが一番大きな違い。食べた時に、ブツブツ感がほとんど残ってないのも香港式白粥の特徴です。

シンプルに米と水だけで作るお粥でも十分ですが、うま味が凝縮された干し貝柱を加えることでおいしさがグッとアップ。そして、疲労回復や滋養強壮、保湿、老化防止など、栄養面でも優れた効果がプラスされます。干し貝柱以外に、鶏のもも肉やむね肉でとったチキンスープ※を水の変わりに加えても、おいしい香港式白粥が作れます。

※チキンスープの作り方

(2枚)と水(1ℓ)を鍋に入れて、中火にかける。沸騰したら、しょうがの薄切り(数枚)と塩(少々)を加え、蓋をして20~30分煮る。途中、アクが出てきたらすくい取る。

 

lessen.jpg

 


「セロリ×なつめ」で

心と肌を整えよう

 

eatjpg

 

香港では基本の白粥に、体の症状や季節の変化に応じて体に補いたい栄養素を具材として加え、アレンジします。

例えば、春は寒暖差が大きいことで自律神経が乱れやすく、疲れを感じたり、就職や転勤など、生活環境の変化よりストレスを感じやすくなったりします。また、暖かくなり薄着になる季節ですが 朝晩は肌寒く冷えを感じることも。体が冷えると肌表面の代謝が悪くなり、肌が乾燥しやすくなります。

これらの症状を改善してくれる食材としておすすめなのが、セロリとなつめ。セロリ特有の香りはストレスを和らげる作用があります。また、カリウムが豊富でビタミン、ミネラルなどをバランスよく含んでいるため、むくみの改善や美肌効果が期待できます。東洋のスーパーフードと呼ばれるなつめは、貧血予防や冷えの改善、イライラなど心の乱れを整えてくれるのに有効です。

 

 

all_0404.jpg

 


 

P2240488.JPG

 

 

千葉県柏市の「柏の葉 本のたからばこ」で2月24日、

第9回温育カフェを開催しました。

今回は、快眠セラピストの三橋美穂先生をお招きし、

「『おやすみ、ロジャー』で学ぶ快眠のひけつ」をテーマに

効果的な睡眠の方法について講義。

眠りの悩みを抱える親子36組が参加し、

体にあった枕の高さや、

快眠までの効果的な過ごし方などについて学びました。

 

P2240415.JPG

 

まず三橋先生は、睡眠のメカニズムとして

「睡眠には、

<浅いノンレム睡眠>

<深いノンレム睡眠>

<レム睡眠>の3種類があります」とご紹介。

「子供は、深いノンレム睡眠レム睡眠が多く、

深いノンレム睡眠は体を育て、レム睡眠は脳を育てる」と

子供の睡眠についてお話いただきました。

 

また推奨される睡眠時間としては、

「生後4~12ヵ月で12~16時間、

1~2歳で11~14時間となり、

3~5歳で10~13時間、

6~12歳で9~12時間」と子どもの成長とともに

推奨される睡眠時間が短くなることも。

 

P2240398.JPG

枕の高さも快眠における重要なポイントとして即席バスタオル枕で、実際に最適な枕の高さをレクチャーする場面も。

 

 

その上で、快眠の秘訣としては、

「寝室が快適であることを前提に、

①暗くなったら眠る、

②疲れたら眠る、

③深部体温が下がると眠る、

④リラックスしている」という4つのポイントを解説。 

三橋先生監修の朗読絵本『おやすみ、ロジャー』は、

4つ目のリラックスをもたらすものとしてご紹介。

音源を試聴したとたん、

騒いでいた子どもたちも静まり返り、

眠り込んでしまう子どもの姿も。

 


P2240421.JPG

ママたちは花王の「めぐりズム」をつけてもらいながらリラックス。

 

 

養命酒のびんくんに砂山靴下から

オリジナルマフラーを贈呈!

 

また、当日は、砂山靴下さんから、養命酒のびんくんに「オリジナル温育マフラー」を贈呈式も。

 

P2240474.JPG


facebookでは、すでに動画を公開させていただいていましたが、

実は昨年末の都内某所にて、養命酒のびんくんと養命酒のはこさんが訪れ、

温育メンバーの砂山靴下さんのお二人が実際に採寸を行っていました。

IMG_0874.JPG

 

 

 

IMG_0901.JPG 

 

かなりシュールな絵にほっこりしますよね。

心を緩めることも温めには大切なことだとか。

 

なお、メイキングの様子を取りまとめた動画は昨年12月28日に公開の

facebookでご覧になれますので、

こちらもチェックしてみてくださいね。

 


 

昨年11月に開催し、大好評だった楊さちこ先生の「養生ごはんセミナー」。

今回は「お粥」をテーマに、

健康や美肌をかなえる「香港式お粥づくり講座」を開催します。

 

profile_img01.jpg

中医学博士の楊さちこ先生

 

日本ではお粥というと体調の悪い時に食べるもの、という印象ですが

長寿で知られる香港では、お腹を温め、体をいたわるための長寿食として

普段から食されています。

今回は、本場香港のお粥文化を学びながら、実際に作り、試食を行います。

 

 

seminer_1107000.jpg

昨年11月に銀座NAGANOで行った「養生ごはんセミナー」の様子

 

cooking_1107000.jpg

今回も香港から旦那様のロンさんと、

楊家専属シェフのタシさんが香港式お粥づくりをレクチャーしてくれます。

 

 

日時:3月2日(木)18:30~20:00 ※18:00より受付開始

会場:ビオクラスタイル クッキングスクール 

東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロアB2階

※青山ブックセンター本店の隣です。

http://biokura-style.jp/access/

 

定員:30名(先着順)※定員に達したため、受付を終了しました。

参加費:3000円

 

お申込みは、件名を「参加申し込み」とし、

1)お名前、2)参加人数、3)メールアドレス、4)お電話番号

を記して下記アドレスへお送りください。

sdc@jlds.co.jp

 

皆様のご参加、お待ちしております!

 

 


冬の感染症や春のアレルギー予防策として、免疫力はしっかり備えておきたいものです。免疫力を高めるには根本的な体質に働きかけるのが一番。そのカギは、胃腸にあります。

免疫力とは、体内に侵入しようとする病原菌やウイルスなどの異物から体を守ろうとする防衛力のこと。この防衛力は単に高ければよいわけではなく、正しく働かせることが大切です。例えば、かぜやインフルエンザは免疫力が低下した状態だとかかりやすくりますが、花粉症などのアレルギー疾患は、異物を排除しようと免疫力が過剰に働くために起こります。


胃腸冷えと 免疫力の関係

免疫力を高めるだけでなく、正しい働きをする体質に改善していくのは、東洋医学が得意とするところ。そのカギは「脾ひ(胃腸)」にあると考えられています。

東洋医学では、「脾」が免疫力にかかわる機能をもち、胃腸が冷えると免疫力が低下すると考えられています。実際に漢方では、花粉症や子どものアトピー性皮膚炎の治療に、胃腸を温めて働きをよくする漢方薬を活用します。

胃腸が冷えていると、下痢や便秘など胃腸そのものの不調と共に、免疫機能の低下、疲れやすい、頭痛や肌荒れと、心身に様々な不調を及ぼします。これは、胃腸でつくられている生命活動を営むエネルギー(気)がつくり出せなくなることによります。

「脾」は湿度を嫌うとされ、湿度の高い日本で暮らす私たちは、体質的に胃腸が弱い傾向にあると言われています。冷たい飲食物を控えるのはもちろんのこと、暴飲暴食にも注意が必要です。


自分でできる 胃腸の温め法

冷えた胃腸は、温かい物を食べたり飲んだりし、内側から温めていきましょう。

また、生薬として加工されている物は、少ない量で効率よく摂ることができるので有効です。温める生薬の代表として挙げられるのが、生姜やシナモン、クローブ、なつめなど。特に生薬を浸け込んだ薬酒は、手軽に取り入れやすいのでおすすめです。


【監修】

kimurayouko.jpg


東京女子医科大学 東洋医学研究所副所長

木村容子先生(きむら・ようこ)

2002年より東京女子医科大学東洋医学研究所に勤務。医学博士。日本内科学会認定医。日本東洋医学会専門医・指導医。

 

※『セルフドクター2016冬号』より抜粋

 


festa2016_ginza.jpg

 

10月22日から11月7日までの期間に開催してきた、暮らしとカラダを丸ごと温める「温育フェスタ2016」。最終回となる第三弾を11月7日(月)、銀座NAGANOで開催しました。

seminer_1107.JPG

中医学博士の楊さちこ先生をお招きし、「からだを温める『養生ごはん』」をテーマにご講演いただきました。忙しい夕方の時間帯にも関わらず、約30名の方々が参加してくださいました。

セミナーでは「“食べて体を温める”ことを実感してもらいたい」という思いから、楊先生おすすめの香港風養生スープと銀座NAGANOが選ぶ長野産の健康食材をコラボし、温育効果の期待できる料理実習講座を開催しました。

現在、香港は男女共に平均寿命が世界一位※。「死ぬまで元気が当たり前!」という香港人の長寿の秘訣は、各家庭で毎日お母さんが作るスープ。季節の巡りや家族の体調に合わせて作るスープを、毎日1杯飲むことが元気のもとになっているそう。

※厚生労働省の今年7月時点によるもの

soup_1107.JPG 

香港で食べられている基本のスープは、チキンやポークをベースにしたものが代表的。今回は、楊先生がおうちでよく食べるというチキンスープを披露していただきました。中医学的には、鶏は体を温め、胃、すい臓を助ける滋養食。疲労回復に加え、毎日飲むことで、美肌やダイエット効果も期待できるそうです。

cooking_1107.jpg

本場のチキンスープを味わってもらうため、香港から楊先生の旦那様であるロンさんと、楊先生のご自宅でシェフを務めているタシさんも来日し、腕をふるってくれました!スープはチキンを丸ごと1羽贅沢に使い、たっぷりの生姜やきのこ、長いもなどと一緒に大きなお鍋でコトコトと煮込み続けて完成。最後に、温め効果をアップさせるために、片栗粉でとろみをつけるのがポイントです。「長いもは、肺を潤してくれる食材なので、乾燥する今の季節にはピッタリやで~」と楊先生。すりおろして、スープに浮かべても美味しくいただけるそうです。

soup_1107a.JPG

鶏と野菜のうま味がギュッと詰まった天然の鶏がらスープに、「美味しい!」の声があっちからもこっちからも聞こえてきました。ぽかぽかスープに、心も体もゆる~くほぐされた様子。

eat_1107.JPG


all_1107.JPG

食卓を囲みながら、笑いを交えた楽しいセミナーとなりました。忙しい中、ご参加いただき、ありがとうございました。これから、寒さが厳しくなる季節。楊先生から教わったスープ習慣を、ぜひ取り入れてみてくださいね。参加できなかった方も、楊先生の著書をご覧いただくと、作り方がチェックできますよ!

IMG_2484.jpg


1234567891011
  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.