冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん


衣・食・住にまつわる冷え対策についての最新情報をお届けします。


温育じかん HOMEニュース&トピックス

普段よく食べている物が、実は体を冷やす原因になっているかもしれません。そこで今回、漢方医学に基づいた冷えの治療を行っている石原新菜先生に体を冷やさない食事についてうかがいました。


食べ物の”陰陽”を知り

少しずつ食事をチェンジ

漢方には〝陰陽論〟という考え方があります。全ての物は陰陽に分けることができ、バランスをとりながら存在していると考えられてきました。体質が陰陽に分けられるのと同様に、食材も体を冷やす「陰性食品」と体を温める「陽性食品」に区分できます。

食べ物の陰陽は産地などで見分けることもできます。バナナなど、南方産の物は体を冷やす陰性食品ですが、りんごなど、北方産の物は陽性食品となります。その他、野菜ではレタスや白菜などの葉野菜は陰性食品、ごぼうやにんじんなどの根菜類は陽性食品です。また、精製されている白っぽい物は陰性食品が多く、精製されていない黒っぽい物は陽性食品が多いのもポイントです。

体が冷えやすい体質の人は、陰性食品を控え、陽性食品を積極的に摂るようにしましょう。例えば、普段食べている白米を玄米に、料理に使っている白砂糖を黒砂糖に、ごはんと一緒に飲んでいる麦茶をほうじ茶に替えるなど、毎日取り入れる物を少しずつ陽性食品に置き替えるとよいですね。また、陰性食品を摂る時は温めたり、陽性食品と組み合わせたりして食べるのが体を冷やさないコツです。

 

washoku_Maguzin2018sp.jpg

 

 

「ザ・和食」が一番!

陽性食品を多く摂るには、玄米、みそ汁、納豆、焼き魚、野菜の煮物などの〝和食〟がおすすめ。中でもみそ汁は、温め効果が抜群のため、毎日の食事に取り入れてほしい一品です。みそは、大豆に塩、麹菌を加えて熟成・発酵させた陽性食品で、適度な塩分を補うこともできます。

よく塩分の摂り過ぎを心配する声を聞くのですが、体が冷えている人は、適度な塩分を摂ったほうがよいと考えます。塩はみそと同様、体を温めてくれる陽性食品で、新陳代謝を上げる作用があります。また、筋肉の縮や骨の形成、血液や涙、汗などの体液をつくる上でも欠かせないものです。塩を選ぶ時は精製されている物ではなく、ミネラルが豊富な自然塩を選ぶのもポイントです。


Dr. 新菜のおすすめレシピ体の芯から温まる「しょうが紅茶」

 

tea_Maguzin2018sp.jpg

 

陽性食品である紅茶にすりおろしたしょうがをスプーン1杯程度加えればでき上がり。忙しい時はチューブタイプのしょうがでもOK。しょうがは熱を加えると温め効果がさらにアップします。甘くしたい時は、陽性食品である黒砂糖をプラスしましょう。

 

お話をお伺いしたのは、イシハラクリニック副院長 石原新菜先生

温育マガジン2018春号より抜粋〕


いよいよ、温育チャレンジと昭和女子大学との取り組みが

スタートしました。

本日は、学生さんとの初顔合わせ。 

showajoshi_0509s.jpg

7名の学生さんとともに

これから1年間に渡って、

若年層の「冷え」の問題に

アプローチしていきます。


本日の顔合わせを皮切りに

前期日程としては、全5回の講座を予定。

6月6日と7月18日には、

助産師の浅井貴子先生による特別講義を開催します。


温育の知識を深めてもらい、

11月10日、11日に控えている

昭和女子大学の学園祭である「秋桜祭」では、

学生さんたちが企画する「温育カフェ」の開催も予定しています。

また、ここでは学生さんたち自身で温育について研究し、

発表してもらう場としても想定しています。

 

どのような温育が出来上がるのか、今から楽しみです。


corabo0509.jpg

温育チャレンジはこのたび、昭和女子大学健康デザイン学科が取り組む「輝け☆健康『美』プロジェクト」の一環として、「女性の健康と美容」について考える「未来の健康『美』をつくる温育講座」を開講します。

2017111301.jpg

2017年度の活動では、ママ子を対象に「温育ライフ」の浸透を測ってきた。

温育チャレンジでは、これまで30代〜40代向けに働く女性の「冷え」の問題に対して、衣食住の観点からアプローチしてきました。一方で、「冷え」の要因の一つとされる「やせ(BMI18.5未満)」が20代女性の5人に一人が該当しているという実情を踏まえて、若年層に対しても生活習慣の改善を促し「冷え」の根本的な解決策となる温育ライフを発信していくため、この度、昭和女子大学が実施する「輝け☆健康『美』プロジェクト」として「女性の健康美」について考える講座を開設する運びとなりました。

本講座では、学生自身が体を温めることで今だけでなく将来の健康美、妊娠しやすい体づくりに繋がる意識を醸成していくとともに同世代に向けた参加型イベント「温育カフェ」の開催や、温育の考え方を同世代に普及していく「温育アクティビスト」の育成を行い、温めの重要性を広く発信していきます。

現在、25歳〜34歳の女性の労働参加率が7割を超えるなど「女性の社会進出」が加速する中、今回の取り組みは、就業前の若年層に向けて「冷えによる不調」に対する認識を啓発していくことで社会に蔓延する「冷え」の環境改善に自ら働きかける意識の醸成にもつなげていきます。

 

専任講師に助産師の浅井貴子先⽣

「冷え」から女性の健康美を考える

温育チャレンジの講座では、これまでの「温育カフェ」でも登壇いただいてきた実績のある助産師の浅井貴子先生監修の元、講座を展開していきます。

「冷え」がもたらす体の不調について、学生たちとともに学びを深め、将来の「健康『美』」を実現するべく、20代から取り組むべき温めるライフスタイルについて学びます。

miraigirl.jpg

「温育ガールの未来シート」による基礎体温をチェックし、女性特有の不調に関するメカニズムを学習。

 

浅井貴子(あさいたかこ)先生プロフィール

98022360b4ffcfd7cd8c6a843c4a401c.jpg

調布市在住フリー助産師・マタニティアロマセラピスト。大学病院、未熟児センター勤務の後、現在、近隣の行政で母親学級、育児相談、新生児訪問などを行う。妊婦さん対象の「プレママ★アロマ教室」を開講し、安全な精油の使い方や自然な出産方法の提案などを行う傍ら、マタニティ専用サロン、ベビーマッサージ教室を主宰。また助産師のメディカル知識を活かした妊婦水泳&マタニティアクアビクスの専門家でもある。


2017年度、温育チャレンジがつくばエクスプレス沿線で「ママ子の温育プログラム」と題して取り組んできた「温育ママセミナー」と「温育ママカフェ」。ママ子に特化したセミナーの開催レポートや学びのポイントなどをこの特設ページにまとめました。ぜひ、ご覧ください〜!

●石原新菜先生ご講演「ママが冷えると、家族も冷える!」

つくば開催の記事を読みたい方は下記をクリックしてください。

tsukuba_0714.png

開催レポートを公開中!
misato_0714.png

開催レポートを公開しました!
kitasenzyu_1117.png
各テーマごとの記事(つくばのレポです)はこちらをご参照ください。

_i.png

_syoku.png

_nyuyoku.png

_undo.png

_kokoro.png


●石原新菜先生の温育メソッドを実践!
全9回の連続講座「温育ママカフェ」が終了 15名の温育アンバサダーが誕生

「ママ子の温育プログラム」では、石原新菜先生(医師/イシハラクリニック副院長)監修のもと、柏市(千葉県)の「本のたからばこ」を拠点に母子で「冷え」を改善する“温育ライフ”について、実践を交えながら学ぶ体験プログラム「温育ママカフェ」を展開してきました。

0502-1.png

閉校式の様子 

「温育ママカフェ」を受講してきた15名のママたちは2018年3月、“温育ライフ”の伝道師である「温育アンバサダー」の認定を受けました。

以下は、これまでの開催して来た「温育ママカフェ」の一覧です。

ぜひ、ご覧ください!!

(第八回)カラダを整えて温める血行改善運動にチャレンジ

(第七回)温育ママカフェ アロマでぽかぽかお風呂時間を楽しもう! 

(第六回)温育ママカフェ「"指編み"マフラーに挑戦!」 

(第五回)温育ママカフェ開催! オリジナルの腹巻を作りました!

(第四回)温育ママカフェ開催! テーマは「衣服の素材の違い」

(第三回)温育ママカフェ 「血流測定&ツボ押し」講座

(第二回)温育ママカフェ 温育オリジナル「ジンジャーシロップ」を作ろう 

(第一回)温育ママカフェ "温育みそ玉"づくりに挑戦!

<レジュメシリーズ> 

【運動】らくらく体調改善運動で冷え症解消! 温育オリジナルレジュメをご紹介

【衣】親子で楽しく「指編みマフラー」の作り方をご紹介

【入浴】お風呂時間を楽しもう! アロマでゆっくりリラックスタイム

【食】体温まる生薬入りの"ジンジャーシロップ"レシピをご紹介。

【食】体温を+1℃に! しょうが入りの温育オリジナル「みそ玉」レシピ

■講師のご紹介
石原新菜(いしはら・にいな)先生

ishihara_nina.jpg

1980年長崎県生まれ。2000年4月帝京大学医学部に入学。2006年3月卒業、同大学病院で2年間の研修医を経て、現在父、石原結實のクリニックで主に漢方医学、自然療法、食事療法により、種々の病気の治療にあたっている。​日本内科学会会員。日本東洋医学会会員。日本温泉気候物理医学会会員。二児の母。


Magazin2018sp_1.jpg

温育マガジン2018年春号では、「春はのびのびゆっくりと。」がテーマ。春は寒暖差が激しくなるため、自律神経が乱れがち。そんな時に取り入れたい温育メソッドが盛り込まれています。

Magazin2018sp_2.jpg

巻頭ページは、助産師の浅井貴子先生にお話を伺い、春から取り入れたい温めのポイントがまとめられています。
Magazin2018sp_3.jpg

「好きな香りでバスソルト作り」では、天然塩をフォーカス。ミネラル豊富で発汗作用がある天然塩をフォーカス。温め効果の高い精油と組み合わせると、さらに体がポカポカになること間違いありません。

Maguzin2018sp_0319_-4.jpg

そのほか、陰陽の食事に関して、内科医の石原新菜先生の監修を受けて、冷えない食事について特集しています。

Maguzin2018sp_0319_-5.jpg

また、体を整えるシリーズとして、楊さちこ先生の「げんこつ美容法」をフィーチャー。また、次のページではカラダファクトリーさんとのコラボ企画として、体の巡りをよくするポイントを整体の観点からも特集しています。

Maguzin2018sp_0319_-6.jpg

ご購読をご希望の方は、ぜひ、会員登録してくださいね。

Maguzin2018sp_0319_-7.jpg

1234567891011
  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ママセミナー
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.