冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん


衣・食・住にまつわる冷え対策についての最新情報をお届けします。


温育じかん HOMEニュース&トピックス

第3回ママカフェを9月22日(金)、本のたからばこ(千葉県柏市)で開催しました。今回は、血流測定を行い、体の状態をチェック。そして、血の巡りをよくし、不調をケアするツボ押しについて学びました。


グループごとに1ヶ月間の振り返りからスタート!

まずは、先月ミニ講座で作ったジンジャーシロップを1ヶ月間試してみた感想や気づきなどをテーブルごとに話し合いました。「スパイスや生薬の味が強すぎず、飲みやすかった」「ワインで割ってみたところ、とても相性がよく、旦那ささも気に入ってくれた」「飲んだ後、体がポカポカした」「早速、自分でも作ってみた」など、味噌玉に続きジンジャーシロップも、暮らしの中に取り入れてくれている様子。

photos100801.JPG

ママの中には、“温育”を始めるようになって「基礎体温が安定するようになった」「冷えを感じにくくなってきた」など、少しずつ体の変化を実感している方もいるようです。

photos100802JPG.JPG

 

血流測定で現状把握。「血の巡りは良好!?」

ワークショップの後は、一人ずつ血流をチェック。専用カメラを使って指先の毛細血管を観察すると、血流の状態を知ることができます。ヘアピン状にまっすぐした血管が見えると血行は良好といえます。ママの中には、血液が流れている様子が見えるくらい、血の巡りがよい方も。

photos100803.JPG

今回の測定で「血行がよくない」ということが分かった方も、自身の体の現状を知るよい機会になったのではないでしょうか。来年の3月まで温育ライフを続けて、目指すは血めぐり美人! 


ツボ押しで不調をケアしよう

血流測定をした後は、お楽しみのミニ講座。今回は、柏市にあるSutadio Shuca鍼灸治療院院長の宮崎圭太先生をお招きし、ツボ押しを学びました。

photos100804.JPG

ツボ押しをする時は、ゆっくり優しく押すのがポイントです。イタ気持ちよく感じる場所は不調の印。ツボ押し棒や指先全体でツボを刺激し、ケアしましょう。

photos100805.JPG

血流をよくするには、リラックスして副交感神経を優位にすることが大切です。「1日5分でよいので、ツボ押しの時間をつくってみてください」と宮崎先生。

今日から早速、教わったツボ押しにトライしてみましょう!手軽に始められるのも嬉しいところです。 


みんなで温育アワードを決定!

今月からSNSに投稿してくれた写真の中で、投稿数の一番多かった方、素敵な写真を投稿してくれた方に賞を送る温育アワードがスタート。これまでの投稿写真を壁に張り出し、みんなで「いいね!」と思う写真にシールを貼って「素敵な投稿で賞」を決定しました。 

photos100806.JPG

選ばれた4名のママには、養命酒さんから薬膳スープの素がプレゼントされました。

photos100807.JPG

これからもアワードを実施していく予定です。「こんな温育ライフやっています!」といった素敵な写真や面白い写真の投稿をお待ちしています。

さて、第4回目は、いよいよ温育の「衣」について学びが始まります。冷えの本番に備えて、温めの知識を深めていきましょう!


温育ママカフェは、今年7月から来年3月までの半年間、月ごとのテーマに沿って15人のママたちと一緒にワークショップやミニ講座を通して、「温育」について学び、理解を深めていきます。第2回目は8月25日(金)、本のたからばこ(千葉県柏市)で開催しました。今回は、ジンジャーシロップに果物や生薬を一緒に漬け込み、温育オリジナルシロップ作りに挑戦しました。

082502s.jpg

 

実践した温育ライフをみんなでシェア

最初のワークショップでは、先月ミニ講座で学んだみそ玉を1ヶ月間実際に試してみた感想や気づきなどをテーブルごとに話し合いました。「作り置きして、毎朝みそ汁を飲んでいる」「好きな具をアレンジできるのが楽しい」など、早速温育ライフを実践してくれていました。 

082503s.jpg

 

中には「子どもがしょうが入りのみそ汁をとても気に入って飲んでくれた」「旦那さんにお弁当と一緒にスープジャーとみそ玉を持たせている」といった声も。ママが実践する温育ライフが、家族の“温め”に繋がっていることが分かりました。

 

082504s.jpg

 

体を温めるジンジャーシロップ作りに挑戦!

20分間のワークショップの後は、ミニ講座。今回は、手作りのジンジャーシロップに、レモンやすだちなどの柑橘系の果物と、シナモンや八角などの温め生薬を一緒に漬け込みオリジナルシロップを作りました。

 

082505s.jpg

しょうがを煮詰めて作るジンジャーシロップは、温め効果が抜群!瓶に詰める際は、生の新しょうがをたっぷりと加えるとピリッと感がアップします。

※新しょうがでなくてもOK。

 

082506s.jpg

果物や生薬の色合いを考えながら瓶の中に詰め、最後にシロップを注ぎ込めばできあがり!赤や黄、緑と夏らしく、とってもカラフルなオリジナルシロップが完成しました。どのテーブルも、思わず写真を撮りたくなるくらい素敵な仕上がりに。1日冷蔵庫に置いた後、サイダーやお湯割にして飲むのがおすすめです。

次回のワークショップでは、飲んでみた感想やどんな飲み方を試したかなどをシェアします。 

082507s.jpg

第3回目は、実際に血流測定を行なって体の現状を把握します。2ヶ月間温育ライフを実践した結果がどう出るか、楽しみですね。


IMG_0413s.jpg

今年度、温育チャレンジが茨城県つくば市と東京・秋葉原を結ぶつくばエクスプレス(TX)沿線で展開中の「ママ子の温育プログラム」。今回は、6月につくばで開催したのに続き、8月23日(水)には、埼玉県三郷市に進出し、「温育ママセミナー」を開催しました。

会場は、TX三郷中央駅から車で10分ほどの距離にある「三郷市立ピアラシティ交流センター」。親子合わせて約70名の方に参加いただき、開放的な空間の中、明るく、和やかなイベントとなりました。

講師は、前回と同じく、内科医の石原新菜先生です。

IMG_0392s.jpg

 

参加型で楽しめるセミナー

同セミナーでは、先生の話を聞いて学ぶだけでなく、参加型で温育ファッションを考えるコーナー、食材の陰陽を当てるクイズ、子どもを抱っこしながら行うスクワット、しょうが紅茶の試飲など、一緒に楽しめる企画も盛りだくさんです。

さらに! 温育ではすでにお馴染みの、養命酒のビンくんも登場。ユニークな動きで会場を盛り上げてくれました。

 

IMG_0434s.jpg

 

IMG_0487s.jpg 

 

手軽に実践できるプログラムを提供

衣食住を通しての「温め」を日常で実践し、習慣化してもらうことが、温育チャレンジ活動の大きな狙い。同セミナーでも、石原新菜先生の経験をもとに、家族で無理なく取り組める温めプログラムを提案しています。例えば着る物であれば、腹巻の着用や、三首(首、手首、足首)を温める具体的な方法を紹介。食べる物では、砂糖やお米など日常的に使う食材を陽性の物に変えるコツを紹介しています。

IMG_0443s.jpg

 

大切なのはママがイライラしないこと

子育てに、仕事にと、毎日忙しいママたち。イライラしていると自律神経を乱して、それが冷えの原因にも。また、家族の中心にいるママがイライラしていると、家族の健康にも悪影響です。だからこそ、石原先生が提案するのは、「自分時間をつくること」。先生の場合は、朝30分のランニングで自分時間を確保しているそう。読書でもヨガでも、何でもよいので自分一人の時間をつくることがイライラ解消の秘訣のようです。

最後の質問コーナーでは、「子どもが熱を出した時、解熱剤はどのタイミング使ったらいいの?」といった質問から、塩や砂糖の選び方まで多岐に渡りました。前回のつくばに続いて、今回参加いただいた方々もとても熱心に先生の話に聞き入っている様子がうかがえました。

IMG_0498s.jpg
IMG_0500s.jpg

今回のお土産は、養命酒製造から薬膳スープ、砂山靴下から重ね履きソックスでした。 

IMG_0503s.jpg
IMG_0514s.jpg
IMG_0521s.jpg

先生もサーモを体験。さすが温かい!

IMG_0526s.jpg

養命酒のビンくんと先生の2ショット!

IMG_0538s.jpg
最後は先生と一緒に記念撮影!

 

次回「温育ママセミナー」は11月13日(水)開催予定

東京都内の北千住駅に進出します!


yokohama2017_pana.png

 “ママ子の温育プログラム”を展開中の温育チャレンジでは、冬が近づいてくる10月末に、横浜で親子対象の温育カフェを開催します。

 

昨年の「温育フェスタ2016」に続き、パナソニックリビングショウルーム横浜が会場となります。

 

当日は、今年度つくばエクスプレス沿線で開催している「ママ子の温育プログラム」を出張開催。テレビや雑誌などのメディアでもご活躍されている医師の石原新菜先生に「ママが冷えると、家族も冷える!」をテーマに、ご自身の子育ての経験を踏まえながら、「温め」についてご講演いただきます。

 

2017070701.png

※つくばで開催した「温育ママセミナー」。石原先生を囲んで、みんなで記念撮影。


 

2017070704.png

※参加型のプログラムだから体験することで「温育」について深く学べます。

 

パナソニック リビング ショウルームには、システムキッチンやバスルーム、トイレ、洗面ドレッシング、内装・収納など、あらゆる住宅設備が勢揃い。お子様が生まれ、もっと広い部屋へのお引越しをお考え中の方や、新居を構えることを検討中の方、住まいのあらゆる疑問にすぐに答えてくれます。

ぜひ、温育ライフのポイントをチェックしながら、親子だからこその住宅にまつわる疑問も納得いくまで試して見ましょう。

ご参加お待ちしています。

 

横浜開催の詳細は以下となります。

冷え改善に嬉しい、お土産付きでし!


<親子で「温育」を体験する日—ママが冷えると、家族も冷える!>

テーマ:ママが冷えると、家族も冷える!

講 師:石原新菜先生(内科医)

会 場:パナソニックリビングショウルーム横浜2階

日 時:10月29日(日)13:30〜15:00

※講演開始の30分前から受付を開始します。

定 員:40組(先着順/親子でご参加の場合、お子様の人数と月齢を明記ください)

参加費:無料

お申し込み:https://www.jlds.co.jp/on-iku/yokohama2017.html

 

 


image001.png

温育チャレンジは、茨城県つくば市と東京・秋葉原を結ぶつくばエクスプレス沿線エリアを中心に“ママ子の温育プログラム”を展開していますが、この度、冬が本格化する前の10月下旬に、このエリアを飛び出し、東京で温育カフェを開催します。

 

昨年の「温育フェスタ2016」に続き、パナソニックリビングショウルーム東京が会場となります。

 

当日は、昨年も大好評だった楊さちこ先生の「よくわかる温育ライフ館内お散歩セミナー~聞いて、見て、動いて、触って」をバージョンアップ。「温めライフを体感!温育プチウォークツアー2017」と題して、東洋医学の教えを踏まえたお家で気軽にできる「温め」についてお話しいただきます。

 

yousensei_kannnaisanpo.jpg

※「温育フェスタ2016」の館内散歩の様子。

 

パナソニック リビング ショウルームには、システムキッチンやバスルーム、トイレ、洗面ドレッシング、内装・収納など、あらゆる住宅設備が勢揃い。楊先生のツアーには住宅のプロも一緒に館内を巡ってくれるので、住まいのあらゆる疑問にもすぐに答えてくれます。

ぜひ、温育ライフについて一緒に館内を巡りながら、住宅にまつわる疑問を納得いくまで試して見ましょう。

 

ご参加お待ちしています。

 

東京開催の詳細は以下となります。


<「温育ライフ」を体験する2日間—温めライフを体感!温育プチウォークツアー2017—>

テーマ:温めライフを体感!温育プチウォークツアー2017

講 師:楊さちこ先生(東洋医学博士)

会 場:パナソニックリビングショウルーム東京1階

日 時:10月20日(金)①10:30〜12:00/②14:00〜15:30

10月21日(土)③10:30〜12:00【満席】/④14:00〜15:30

※同じ内容を4回実施します。

※講演開始の30分前から受付を開始します。

定 員:20名/回(先着順) 計80名

お申し込み:https://www.jlds.co.jp/on-iku/tokyo2017.html


1234567891011
  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ママセミナー
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.