冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん


「温育ライフ」を実践されているミミさんの「冷えとり体験レポート」を配信していきます。


温育じかん HOME温育ガールミミさんの住マイル日誌

あけましておめでとうございます!

温育ガールのミミです。

皆さん、みかん食べすぎていませんか?

昨年、お菓子よりいいかな〜と思い

子供にみかんを好きなだけ食べさせていたら

目と鼻のアレルギー症状が悪化。

やっぱり過ぎたらダメですね、適度が大事大事。


適度と言えば。

皆さんは適度な運動していますか?

私は社会人になって、ずーっと

「していません」でした。20年超えです。

まあ、人並みに「やんなきゃなあ」という

思いはあったのですが

走るの嫌い、泳ぐの嫌い

ジムは続ける自信がないなどなど

やらない言い訳を

これまた人並みに作っていたのです。


しかし、2016年秋。

20年超でえの言い訳を一掃する出来事が

一気に3つも、私の身に起きたのです!!

今日はその話しをお届けします!


子どものマラソンの練習で

痛い現実を知る…

最近、走ることに目覚めた息子。

ちょうど市のマラソン大会で

未就学児の部があり「走ってみる?」と聞いたら

「うん」と即答だったので応募。

親も付き添わなければいけないので

私も参加することになったのです。

走るのは800メートル。

まずは距離を体感するために

近くの公園で走ってみることに。

1周450メートルのトラックなので

2周走ろうと決めてスタート。


…しかし、走り始めて間もなく

私は1周も走りきらないうちに

はーはー言いながら、歩いていたのです。

息子はというと、ゼンマイを巻き過ぎた人形の

ように軽快に走っているではありませんか。

久しぶりに感じたやるせなさ。

この自分への敗北が出来事その①でした。


で、マラソンをしている

前の会社の後輩へそのことを話したら

「大丈夫です!私が初めて走った時は

200メートルが限界でしたから」と

励ましの返信とともに

「ランニングコーチから教えて貰って

一番良かったのが

10分ウォーク+5分ラン。

それでもきつかったら

10分ウォーク+3分ランから始めるといいです」

と、ランニング方法を聞くことになったのです。

この時、私の目の前に一筋の光が差しました。

だって歩いていいって言うんですもの‼

ただただ、「走ること=しんどい思いして耐える」

と思っていた固定観念が崩壊した瞬間でした。笑

そうしたら、すぐに走りたくなり

次の日には実践していました!

自分にも出来たという満足感と

これなら続けられそうという期待感で

ワクワクしました。

これが出来事その②です。

 

出来事その③。友人の

「運動したら冷えが和らいだ」談。

出来事その①②の少し前

「運動不足だよね〜」という話しをしていた

友人から「週数回、バスケを始めた」と聞いて。

秋の初め頃から「足が冷える」と言っていた彼女。

靴下を履いたり、足湯をしたり

色々と試している様子でしたが…

「運動したら、冷えも良くなってきてるし

汗もかけるようになった!」と。


そうか、確か冷えとり温ちゃんも言ってた。

「筋肉を動かして巡らせることも大切」って。

靴下より、半身浴より

運動こそ、巡りの基本中の基本なんだと!


運動開始1週目。

とにかく15分動けるかやってみる。

後輩が教えてくれた、ランニング方法は

元陸上選手でコンディショニングトレーナーの

有吉与志恵さんが考案されたもの。

後輩の彼は有吉さん監修の元

『RUNjoy style Diary 2014』という

通称「ラン手帳」を制作した本人。

中には、走れる体になるためのストレッチや

10分ウォーク+5分ランから始める

ランニングメソッドについても詳しく書いてあり

今私のバイブルとなっています。笑




 

run_01.JPG

 


体は2週間タームで変化していくそう。なので2週間ごとにレベルアップをしていきます。

(出典:RUNjoy Style Diary 2014)


15分の中の3分の2を歩いていいんです。

5分ランで辛くなったら、3分でもいいんです。

私は、普段履いているスニーカーで走っています。

ハードル低いでしょ?

「今すぐ今日からはじめられ、15分で終わる」

これなら、大抵の人もできるはず。

ちなみにランは、歩くくらいのゆっくりとした

速さでいいそうです。

もちろん私もそこから始めていますよ!


2〜3週目。

自分の体が分かるようになる。

2週目になると、前回走った体の動きと

今走っている体の動きの違いが分かるように。

私は10分ウォーク+5分ランを3セット

しているのですが(※基本は1セットでOK)

1セット目に比べ、2セット目のほうが足が軽く

しかも、だるくないことに気づいたのです。

これは自己解釈ですが

2セット目には体がほぐれ

関節の可動域が広がった結果

体の無駄な力みが取れ、スムーズに動けるように

なっているのかなあと思います。

あと、この頃には、知らず知らずのうちに

毎日続いていた肩凝りや背中凝りが

ほとんどなくなっていたのです!

巡って血行が良くなったんですね。

運動、恐るべし。

 

実はシルクの靴下やインナーは

運動にも最適だった!

今はほとんどがウォーキングなので

ウェアはほぼ普段着です。

冷えとり靴下とシルクのスパッツを履いて

走っているのですが、Tシャツは綿です。

で、走った後、けっこう汗だくになり

着替えるのですが、シルクの靴下は最後まで

湿り気を感じないのです。

そしてスパッツも湿り気なし。

綿のTシャツだけが走っている途中から

ジメジメしてきます。そして冷える。

思わぬところで、シルクの効果を実感しました。

もう少し長く走れるようになったら

インナーのTシャツもシルクにしようかなと

計画中です!

 

ゆっくりでも60分走れたら

フルマラソン完走も夢じゃない!

後輩によるとレースでは

練習の3倍の距離は走れるそうです。

そんなことを聞くと

なんだか希望が持てますよね!

有吉与志恵さんのランニングメソッドは

走る体作りに必要な

「コンディショニング」という手法を

取り入れられています。

「ラン手帳」の中では身体に意識を向けて

正しい状態に整えていく方法を

丁寧に解説されています。



 

run_02.JPG

 


(出典:RUNjoy Style Diary 2014)


このストレッチを少しやってみたのですが

関節や骨盤の左右差などが分かり

以前、体験した「自力整体」に通じるところが

あるなあと思いました。

走るにしても、体を整えるにしても

気持ちいいなあと思える、それが一番です!


いかがですか?

まだまだ走り始めたばかりですが

ちょっと動くと、今まで億劫だった

他のことも動けたりします。

「案ずるより産むが易し」。

つべこべ言い訳をやめた私は

体も心も巡りはじめました。

さあ、ピンときた方

まず15分やってみてください!

めくるめく巡りがあなたを待っています。


温育ガールのミミです。

最近太り始めた私は、主人や息子から

「カビゴン」と言われています。

ポケモンのキャラクターで

いかにも運動嫌いなルックスです。

性質が「ご飯を食べると眠くなる」だそうで。

言い得ていてとても悔しいです…

そんないろんな所が鈍ってきている

私を心配した(のか?)主人が

「座り続けると老化がすすむんだって。

30分に1度、立つだけでそれが防げるらしいよ」

と話しをしてきました。

テレビで、宇宙では地球の10倍の早さで

老化がすすむということをやっていて

そのことと座りっぱなしに関係があるとのこと。

座りっぱなしは、無重力に近い状態になるそうです。

早速、仕事先でもそれを話したところ

2日後には、パソコンにタイマーアプリを

ダウンロードして、30分に1回立っています。笑

さて、今日は先日の続き、電磁波や化学物質について

調べたことなどを共有したいと思います。


よく分からないけど…

何かしら影響があることは分かった。

 

電磁波や化学物質って

なんだか良くはなさそうだけど

今すぐどこか悪くなったりする訳でもなく

正直、よく分からないっていうのが

多くの人の感想なのではないでしょうか。

これを書いている私も、はっきり断言できる判断を

持っている訳ではありません。

今回、このテーマを取り上げるにあたり

電磁波について調べていたら

次のような記事がありました。

ある大学の先生によると

「体に影響しない電磁波はない」と言われています。

可視光線(太陽や照明の光など)も電磁波で

光が取込まれることにより、私たちは物が見えます。

そして、パソコンを使用している人には

疲れや肩こりなど、不定愁訴がたくさん出るけれど

それを電磁波と結びつける人が非常に少ないという

ことも言われていました。

確かに、パソコンでの作業で肩こりがあっても

電磁波だ!とは思いませんよね。

見えないから

気にすることも気にしないこともできる電磁波。

でも何かしらの影響はあるようです。


体の中で電磁波が一番影響するのは?

 

ズバリ!睾丸と妊娠初期の胎児の細胞だそうです。

細胞分裂が盛んなところほど

影響を受けやすいそう。

また子どもは大人に比べ頭蓋骨や皮膚が薄いので

電磁波の熱を吸収しやすく

5歳児の脳は、成人の4倍以上の電磁波を

吸収してしまい

5歳児の目は大人の約12倍もの電磁波の熱を

吸収してしまうというデータもあります。

イギリスでは2005年に

「16歳以下の子供の緊急時以外の携帯電使用を控え、

8歳以下の子供の携帯電話使用を禁止するように」

と勧告したとあります。

 

最近、息子がポケモンGOをするようになり

今まで触れさせていなかったスマホに

触れるようになりました。

すると、触れた日には100%目を擦ります。

今までにはなかった仕草です。

明らかに変化があったので、すぐに気がつきました。

 

洗剤の匂いがすると

友だちや先生の名前をいう息子。


ちょうど、外国の洗濯洗剤が日本で流行始めた頃

同じ匂いのする洋服を着た人が沢山いましたね。

最近は、香りメインで売られている

洗濯洗剤がずいぶん増えましたよね。

子どもが幼稚園から帰ってくると

ほぼ全身から、洗濯洗剤の匂いがするんです。

また、園に置いていた上履き袋からは

友だちの上履き袋の匂いが

ついていて、とれません。

3年前につた匂いがですよ!

自宅で洗濯してもとれません。

 

休日、買物にでかけると

息子「母さん、○○先生がいるかも」

私「どこに?」

息子「○○先生の洗剤の匂いがする」

インプットされるほどの匂いなんですね。

 

洗濯洗剤の香料は化学物質。


私自身、キツい洗濯洗剤の香りが苦手です。

少し調べたところ

人工的な香料のニオイで頭痛、めまい、吐き気

関節痛などの体調不良を起こす

「香害」というワードが出てきました。

同じように不快に思っている人がいるようです。

また国民生活センターによると「洗濯用洗浄剤の匂い」

に関する相談件数は大幅に増加していて

2015年度は、5年前の相談件数の約4倍だそうです。

 

洗濯洗剤の香料の成分は

化学物質を多く含んでいます。

大学の研究調査によると

化学物質過敏症患者の80%は、発症を促す物質として

香料を上げているそうです。

香料などの化学物質に関しても

胎児や子どもほど感受性が高いということです。


経皮毒について。

 

経皮毒とは皮膚から入ってくる

有害な物質のことをいいます。

 

20161221a.jpg

 

<キャプション>出典「冷えとり温ちゃんの温活なび」

 

一般的に、口から入れた化学物質の多くは

数日中に排出されると言われています。

しかし、皮膚を経由して吸収された化学物質は

多くが皮下脂肪や子宮などに蓄積されるそうです。

皮膚にはバリア機能があり

自然界に存在するもので

このバリアを壊せるものはないと言われています。

しかし息子が喘息を疑われたとき処方されたのは

気管広げるという「シール」でした。

体に貼ってくださいと処方されました。

これは皮膚から吸収されるということですよね。

人工的に作られたものなら、皮膚が吸収できる

ものが他にもあるのでは?と考えてしまいます。

 

知ることは大切。

そして選択する自由は自分にある。

 

今日は、ネガティブなことを書いてきました。

調べていて、私自身も不安をおぼえることがあります。

けれど実際

今、パソコンがない生活なんて考えられないし

化学物質のない場所に移住することもできません。

不安になってしまったら

逆に心の毒が溜まります。

冷えとりで「心の毒は体の毒の4000倍」と

言われていますしね。

なので、分からないことは自分で調べ

自分なりの「今の答え」を持つことが大事だと

私は思っています。

頑に他人の意見や情報を拒むでもなく

今日の答えと明日の答えは違ってもよくて

「今の答え」の積み重ねが自分の生き方に

繋がっていくのではないかと。

こんな話題なんて気にならないなら

「気にならない」

が今の答えだと思います。

 

この記事を書いていて

日常の意識をどこに置いているか

それが、大きな肝のように感じました。

あ、30分経ったので、今日はこの辺りで。

 

 


師走ですね、温育ガールのミミです。

2016年は、皆さんにとって何色の年でしたか?

どんな手触りでしたか?

どんな音がした?匂いは?

それを総称すると、どんな年でしたか。

最近、自分の直感を意識的に捉える

ワークショップに参加しています。

これが、腹の底から楽しくて。

ワークショップの中で、先ほど書いたような

イメージワークを行うのですが

この手法が面白く、そして役に立つのです。

五感を使ったイメージで答えを探っていくと

イメージすることを重ねていくなかで

自分が望んでいるものが

浮き彫りになってくるんです。

身体周辺から答えが沸き上がる感じ。

なかなか深いのです。

ちなにみ私の2016年は

「艶のある葡萄色で、張りがあり

洞窟の中に居るような音がしていて

冬の森の匂いがするような年でした。

それは、球根がエネルギーを蓄え

芽吹きを待つ、そんな年」でした。

これ、今夜の献立とか買物で迷ったときなど

日頃の些細なことでも使えると思うのです!

皆さんも、一度やってみてください。

 

今日は、冷えから少し離れて

身の回りの環境について感じている

ことをお話します。


思い返せば

これは排毒だったのかも。


冷えとりの考え方で「出るものは全て毒出し」

というのがあります。

湿疹、発熱、下痢などもそうです。

たまに、腹痛のない下痢が続くことがあり

まさしく毒出しだなあと体感することがあります。

 

息子が3歳くらいまでの話しなのですが。

今の子どもは、3歳くらいまで

びっくりする程の回数、種類の予防接種を

受けるように、各所からすすめられるんです。

お母さんたちはその予定をたてるのに

結構な労力を使います。

当時は、私も優等生級のスケジュール管理をし

せっせ、せっせと摂取をこなしていました。

 

息子が保育園に通いはじめた2歳の頃

毎日、鼻水が止まらなくなり

耳鼻科に行くたびに、副鼻腔炎・中耳炎の診断。

処方される抗生物質を、取っ替え引っ換え

飲ませていました。

少し経つと、咳もひどくなり

喘息の可能性もあると診断を受けました。

飲ませても飲ませても治らず

おまけに咳もとまらず

耳鼻科の先生に

「どうしたら治るんすか」

とたてついたこともありました。


先が見えないなか

私が選択したこと。


そのとき、先生かたら明確な回答はなく

抗生物質の種類を変えること以外

その後も治療は変わりませんでした。

同時にその頃、抗生物質漬けのヘビーな状況に

疑問を持つようになりました。

このまま飲み続けていいの・・・?

そして出した答えが

「薬を飲むことをやめてみる」でした。

 

20161207a.jpg

 

すると服薬をやめたら、鼻水のことが

前ほど気にならなくなり

夜中に眠れないほどの咳もなくなりました。

一番の変化は、中耳炎を発症しなくなったことです。

 

抗生物質などの服薬をやめたことと

症状が良くなったことの因果関係は

正直分かりません。

しかし、予防接種が一段落した時期と

抗生物質などの服薬をやめた時期はほぼ同じで

今思うと、息子の体には不要なものが入りすぎて

鼻水や咳、熱として出していたのでは?という

捉え方もできるなあと、思うようになりました。

息子は、排毒できる体だったんだなあと改めて。

 

予防接種には体内に蓄積される水銀

脳神経に影響を及ぼすとも言われている

アルミニウムなどが含まれています。

今考えると、息子の体にとってこれらを

短期間で、たて続けに摂取されることは

とても大きな負担だったのではないかと

思います。

もっと「知ること」が大事だなあと思いました。

 

以上のような経験を経て

私は口に入れるものをはじめとして

身の回りのもの、環境にも

意識が向くようになったのです。

今回はこの辺で。

次回は電磁波や化学物質の影響について

具体的に書いていきますね。


温育ガールのミミです!

先日、子どものアレルギーをきっかけに

初めて漢方薬局へ行きました。

そのとき、薬剤師さんから興味深い話しを

聞きました。

その方によるとイヌイットは

心筋梗塞などを煩う人がとても少ないそうです。

それは、自分の体温で溶けない油を

とっていないから。

彼らが摂取する油は、魚やアザラシのもの。

それらの油は室温では液体だそうです。

だから人間が食べても血液はさらさら。

それに比べて肉の油は室温では固体。

加熱しないと溶けませんよね。

私たちの体温が37℃だとすると

血管の中で肉の油は固まっている…!?

この話しを聞いて

市販のカレールーの原材料の

「牛脂・豚脂」を思い出したのですが

市販のルーの多くは

冷めるとすごい勢いで固まりますよね。

あれがそのまま体内にあるかと思うと…。

 

こんなふうに、当たり前に生活の中に

あるものに対し、少し想像力を働かせれば

分かることがありますよね。

当たり前を再考してみると、少し生活も変わるかも

と思いました。

では、足湯の続きです!

 

不調時、足湯をして寝ると

浴朝スッキリ!

 

我が家は子どもが発熱した時や不調のときも

足湯をしています。

不思議と、半身浴や足湯でしっかり温まった後

夜中に発熱して、翌朝症状が

よくなっていることが多いです。

発熱は体をお掃除してくれているようです。

体が巡ることは

本当に大事なデトックスだなあと思います。

これはまさに先日の記事

「寝ながらデトックス」の良い例のひとつ。

漢方の薬剤師さんに伺ったところ

我が家同様、発熱のあと、アトピーなどの

アレルギー症状が緩和される例はあるようですよ。

 

気持ちがざわざわしたときは

足湯で体がゆる〜く。


これは、ごく個人的な感想なのですが

生理前や忙しさが続くとき、悩みがあるときなど

なんだか気持ちがモヤモヤすることがあると

ほんの数十分間、足湯するだけで

すーっと体が楽になることがあります。

ぐるぐると堂々巡りな思考も、リセットできたり。

ちょうど先日、「ゆるむ」を軸にアロマオイルを

買いました。足湯のお湯にこれらを入れると

気分も変わってさらにいいかもしれません。

次回は試してみようと思います。

1123_01.JPG

2〜3種類のキャップを同時に匂い、その日の気分でブレンドしています。


足湯とは違いますが、パソコンで仕事をしているとき

私はよく湯たんぽを足の下に置いていますよ。

どうしても、冷たい空気は足元にくるので

座りっぱなしだと、どんどん冷えてきますよね。

そんなときに、ぜひおすすめです!

 

本格的な冬となり、暖房の中にいる時間が増えますね。

「頭寒足熱」を心掛けていきましょう!

暖房で上半身が温まって頭がボーッとしたら

「冷え」のサインですよ!足元温めてくださいね。

ではまた!


こんにちは!温育ガールのミミです。

この日誌のタイトルになっている「住マイル」。

これはこの「温育じかん」全体テーマ

「衣食住の観点から温めることを提案する」

というなかの「住」を表しています。

毎回、「住」を大〜きく捉えて

「生活する」=「ライフスタイル」

という視点から、私の冷えとり体験等を

発信しています。

冷えとりをやればやるほど

自分の新しい側面を発見でき

無限に変化変容しています。

感じるまま、思うままに変化すること

そのものが今の私の「ライフスタイル」

といった感じです。

 

「住マイル」のタイトルに「?」を感じていた方に

そんな意味があるということをお伝えしつつ

今後ともよろしくお願いいたします!

 

ではでは、少し「住」らしいトピックを。

先日、工務店を経営されている方と

お話させていただく機会があり

日本の住宅の断熱事情を伺ったのですが…

正直、えーーー!そうなんですか?という事実が。

日本の住宅の断熱は先進国の中でもかなり遅れていて

その顕著な部分が窓だということ。

窓枠にアルミニウム製のサッシが使われていることに

何の疑問ももたなかったのですが

このアルミは熱が伝わりやすい…ということは

外の温度を取り込みやすいということなのです。

寒い空気も猛暑の熱気も。

ならば、なぜ日本の家の窓枠の大半がアルミなのか?

それは、アルミは加工しやすいので

量産もしやすいという理由があります。

そしてもうひとつ、日本には住宅の

断熱に対する法律がなかったから

ということだそう…。

これは先進国としては珍しいことだそうです。

しかし、オリンピックの年、2020年には

新しい省エネ基準の義務化が予定されていて

その頃にはこの窓問題にも進展がみられるのでは

ということでした。

聞いた話しでは家の暑さの7割、寒さの6割は

窓が原因と言われているそうで

いくら高性能のエアコンで温めても

容れ物が低性能なら意味ないな〜

と根本的なことに気づかされたお話しでした。

 

前置きが長くなりましたが

今日は足湯のことを書いてみたいと思います!

 

足元が冷え始めてからおこる

プチ不調を見逃さないで!


私もそうだったのですが

冷えているときこそ、冷えに鈍感なものです。

忙し過ぎて、自分の体に意識が向けられていないと

感覚も麻痺するんですね。

もし、今なんだか喉が痛いとか、腰が思いとか

便秘だなあなど、病院に行くまでもない

プチ不調を感じているなら

冷えを疑ってみてください。

ポイントは「なんだか…」という感覚。

この「なんだか」を探ることが

意識するということ。

意識できれば、心にとまり

必要なときに行動に移せるのではないかと思います。

 

そして本格的に足元から冷えが入ってくるこの時期

このプチ不調の改善に効果的なのが足湯なのです。

 

私の足湯のやり方。

私はソファに座ってやっています。

〈準備するもの〉

・バケツ

・足首から拳2個分入る量のお湯

・フェイスタオル2枚

・毛布(座って下半身がしっかり隠れるくらいの膝掛け)

・足し湯用のお湯が入ったポット

・白湯

 

20161107_01.JPG

 

足湯を始めると、座ったままになるので

白湯や足し湯は予め用意しておきます。

本とかテレビがあるのもいいと思いますが

何も考えず、目を閉じて頭を静かに

するのもいいですよ〜。

 

やり方は、お湯入りのバケツの下に

タオルを敷き、座って手の届くところに

白湯とポットを用意。

お湯の温度を測ったことはないのですが

お風呂より熱いです。

バケツだと冷めるのも早いので、足をつけて

少し熱いなあと感じるくらいがいいと思います。

お腹から下がすっぽり収まるように

バケツごと毛布をかけ保温をします。

冷めてきたら、ポットのお湯を足します。

浸かる時間は、足したお湯が冷めるくらいの間。

もう一枚のタオルは終わったあとの足拭き用です。

白湯を飲みながらするとさらに巡りますよ〜。

 

浸かってみると、肩が下がり脱力するような

心地よい感覚になります。

あ〜気持ちいい〜!

 

今日はこの辺りで。

次回も足湯体験の続きをお届けしますね〜。


<<前のページへ12345
  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ママセミナー
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.