冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん


流行のファッションにあわせた、夏のワンポイント「冷え」コーデであなたも温育ガール!


温育じかん HOME温育ガールの夏ファッション

《温度差が気になる今、こまめに体温調節を》

室内外の温度差が気になる夏には、長袖ジャケット、長袖カーディガンを着て、こまめに体温調節をしましょう。

 

L1003517-.jpg

 

<コーデのポイント>

フォーマルにまとめたいときは麻のジャケットで、過ごしやすさを保ちつつキレイめに仕上げましょう。

トレンドのボーダースカーチョは、ダークトーンも選べて、ビジネスシーンでも大活躍!

 

 

L1003553-.jpg

 

<温育ポイント>

オフィス内では長袖カーディガンを着て、自分が心地よいと思う感覚で服装を調節しよう。

冷房の効いている電車内なども麻のジャケットがあれば安心。内外で温度差が激しい夏も臨機応変に快適な生活を送ろう。


《薄手の白シャツで、冷房の風から身を守りましょう》

0602_01.jpg

<コーデのポイント>

ボーダーTと水色パンツを合わせた大人のマリンコーデ。

パンツの裾を折り、足首をちら見せするのがポイント。

外を歩く時は、肩にシャツをかければオシャレな雰囲気に。

白シャツは、着回しができるだけでなく、コーデのさりげないアクセントにも

使えるからおすすめ!


0602_02.jpg

<温育ポイント>

冷房の効いた室内や電車の中では、シャツをまとって、

クーラーの風が直接肌にあたらないようにしましょう。

手首のボタンを閉めると、血管の集まる手首が温められるのでおすすめです。


《ストールを活用して、首まわりをしっかりガード》

 

0519_01.jpg

 


<コーデのポイント>

気温が下がる夜は、薄手のコート+ストールで体を冷やさないように。

Tシャツをパンツにインするのが今年のトレンド。

お腹も冷えにくいし、温育ファッションとしてもおすすめ。

コート+ストールで縦のラインをつくるので、スタイルUPの効果も◎

 

0519_02.jpg

 

<温育ポイント>

気温の上がる昼間は、半袖になることも。

そんな時でも、ストールで首回りをしっかり温めて。


ぺたんこヒールで、「めぐり」を取り戻して。

 

0512_01_furu.jpg

 

 

<コーデのポイント>

外出がある日のきちっとコーデは、ダークカラーになりがち……。

だけど初夏~夏は、明るめのグレーのジャケットを取り入れて爽やかさをプラスして。

0512_02_furu.jpg

 

また、ヒールを履いている時間は、足首に負担がかかり、血の流れを塞ぎがち。

血がとどまり、むくんだ足は冷えの原因にも。

会社に戻ってきたら、ぺたんこヒールに履き替えて足首を緊張感から開放してあげましょう。

 

<温育ポイント>

オフィス内では、ぺたんこヒールに履き替え、血のめぐりを取り戻そう。

 

0512_03_furu.jpg

 

外回り後はオフィスで履き替え、むくみケアを!


暑くなってきたからといって、肌を露出しすぎていませんか?

油断は禁物!オフィスや電車のクーラーの風や汗で、あっというまに体が冷えてしまうことも。

そこで、二十四節気で立夏(りっか)にあたる今日から、夏の温育ファッションを楊さちこ先生ご監修の下、ご紹介していきます。

 

0505_01.jpg

 

<コーデのポイント>

トレンドのワイドパンツをコーデに取り入れるときは、丈の長さがキーに。

長すぎるとやぼったくなってしまうので、足首が見える位の丈がおすすめ。

差色になる靴下を選んで、裾からちら見せするとコーデのアクセントにもなります。


<温育ポイント>

おしゃれのポイントにもなる靴下は、くるぶしが隠れる丈を選んで足首を温めよう!

 

0505_02.jpg

パンツと靴が暗めな時こそ、ハデカラーの靴下を選んで、コーデのアクセントに。



暑くなってきたからといって、肌を露出しすぎていませんか?
油断は禁物!オフィスや電車のクーラーの風や汗で、あっというまに体が冷えてし油断は禁物!オフィスや電車のクーラーの風や汗で、あっというまに体が冷えてしまう

<<前のページへ123
  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ママセミナー
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.