冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん


流行のファッションにあわせた、夏のワンポイント「冷え」コーデであなたも温育ガール!


温育じかん HOME温育ガールの夏ファッション

≪大きな動脈がすぐそばにある“うなじ”をとにかく守る!≫

maruyama_01.jpg

この夏、大ブームの白シャツコーデ。

中でも、大きくVに開いたデザイントップスは、涼しげな印象だけでなく、

スタイルアップの効果も抜群です。

 

maruyama_02.jpg

 

<温育ポイント>

暑くなってきたときでも、爽やかなブラウスなら、うなじをカバーできるだけでなく

ひじもしっかりカバーできるのでおすすめです。


≪涼しい夜風にあたるときは、内側から温めることが大切!≫

 nakayama_01.jpg

 

ビアガーデンなどで着たい、ロング丈のワンピやスカートなどのリゾートファッション。締めつけないファッションなのはいいけど、大切なお腹まわりも冷えがち。

夏でもしっかりキャミソールを着て、冷えから守りましょう!

 

nakayama_02.jpg

<コーデのポイント>

目をひくロングスカートがコーデの主役に。さらに、個性的なバッグやサンダルを合わせて、夏ならではの華やかファッションを楽しんで。

ウエストに巻いたパープルのシャツは、コーデのアクセントとしても、重ね着のアイテムとしてもOKです。

 

<温育ポイント>

お腹まわりが冷えやすいリゾートファッションでは、インナーが肝心。

調節ができない外気の中で楽しむときは、重ね着できるシャツも忘れずに。

 

CO-0851_im.jpg

 

シルクをつかった適度にフィットするレース付きキャミソール。

(cocoonfit/レース付きキャミソール)


《デザインTシャツは重ね着で温めて》

お腹や太ももは大きな筋肉のある場所、冷やすことは絶対にNG! 少し長めのインナーで腹巻効果と共にシックに着こなそう。

 

L1003363_nagoshi.jpg

 

<コーデのポイント>

・ロング丈のタンクトップでスタイルアップ効果


 

L1003398_kata.jpg

 

<温育ポイント>

・下に厚く着るのが温育ファッションの鉄則。

・半袖だけどしっかり重ね着!

・暑い夏でも密着したインナーで、汗をそのままにしない。


《血の巡りを邪魔するものを、とにかく避ける!》

0526_01.jpg

<コーデのポイント>

ゆったりできるTシャツワンピは濃い色を選ぶのがポイント!

柄があると、ルームウェアっぽくなってしまうので、無地のものを選びましょう。

 

0526_02.jpg

 

<温育ポイント>

ウエストを締め付けるパンツや動きを制限するシャツを避けて、

リラックスできるワンピースをセレクト。

レギンス+5本指ソックスで足元の温育もばっちり!

 

 

L1002750-.jpg

 

靴も、つま先が膨らんでいるデザインを選べば、指先も締めつけません。


《梅雨シーズンに知っておきたい温育ファッション》

洋服に湿気がたまりやすくなるこの時期は、体の中もジメっとしてしまいがちに…。乾きやすい素材のワンピースを着て、心も体もカラッとさせよう!

 

L1003450-.jpg

 

<コーデのポイント>

モノトーンワンピースにはカラフルなタイツで合わせて、一目置かれるおしゃれガールに。

派手な印象だけど、黒いワンピース以外にオレンジとグリーンしか使っていない2色コーデ。

ふわっとした形のワンピースにレインブーツを合わせて美脚効果も。

 

 

L1003486_ashimoto.jpg

<温育ポイント>

・乾きやすい素材の服装で濡れてもすぐに乾き、水分を体のまわりに溜めないようにしましょう。

・雨の日は、足もジメジメさせないことが重要。レインブーツで雨をはじいて、足元も快適に!


<<前のページへ123
  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ママセミナー
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.