冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん


素敵な“温育ライフ”を送る方々に日々の活動やその思いについてお聞きします。


温育じかん HOME温育びとコラム

kuroiwa01.jpg

株式会社エクセルギー 建築家

温育カフェ講座 黒岩哲彦氏(株式会社エクセルギー代表取締役)


gakushukan.jpg

エクセルギーハウスの理論を取り入れた「環境楽習館」(小金井市)

一般に言うエネルギーをほとんど使わないで暮らせる「エクセルギーハウス」を提唱する黒岩哲彦先生。冬でも冷えることのない素足で過ごせる家として注目を集めました。そのメカニズムに迫るとともに身体のエクセルギーバランスについてお伺いしました。

 

自然の力を使った有機農業の家 

そもそもエネルギーは、学校で習ったとおり、創ったり消滅させたりできないもの、と定義されています。しかし、私たちは実感として、消費されているように感じますが、その実感の正体は何なのでしょうか。例えば、温水器で水を温めても時間が過ぎると周囲と同じ温度の水になってしまいます。このように使えば消費されてしまうエネルギーのことを熱力学の世界では「エクセルギー」と呼んでいます。これは言い換えると、暖かさや冷たさをしめすエネルギーが散らかって行き、何かが失われてゆくわけです、エクセルギーは「放射や拡散などといわれる散らかってゆく能力」ともいえます。この「エクセルギーハウス」とは、暮らしの中にあるエネルギーの散らかってゆく能力部分を活用した家を具現化したものです。この建築理論は、東京都市大学の宿谷昌則先生が考案したもので、それを私たちが実践しています。

仮に発電所で使われる資源を10とした場合、家庭やオフィスで使用できるのは3割程度で、残りの7割は使われず、熱エネルギーとして周辺環境に拡散してしまっています。今の省エネは、使われない7割のエネルギーを見ずして3割のエネルギーを削減することを進めているといますが、それに対し、「その7割を活用しよう」というのがエクセルギーの技術の一例です。

 

エクセルギーハウスのメカニズム 

エクセルギーハウスでは、身近な自然の営みを利用します。

 ie03.jpg

屋根裏に通風のため、窓を設置。断熱材のある天井裏を水滴で湿らせ、蒸発させて放熱させる。

 

家の床下には雨水を貯める放熱タンクを設置しています。冬は、屋根に設置された太陽熱温水器で25度以上にまでその雨水を温め、その暖かさが、床、壁、天井に放射され、家全体をじんわりと温めていきます。また夏は、通風を良くした屋根下の天井の上に、その雨水を、ほんのすこじづつ運び、自然の風で蒸発させます。すると、その蒸発によって天井面は25度くらいに冷えます。その冷たさが床、壁に放射され、家全体が、涼しくなるのです。これは人が汗をかき、それが蒸発すると涼しく感じるように雨と風の力を組み合わせた蒸発する力を使って壁面の温度を下げて涼しくします。つまり、現在、家庭で使われているエアコンのように空気を直接、暖めたり、冷やしたりするのではなく、床壁天井といった面の温度を上げ下げして、家全体の温度管理を行っているのです。そのため、冬は冷えを感じにくい上、夏の間も1階と2階の窓を開けっぱなしにし、通風をとれば暑さを感じにくい。まさに自然体のまま過ごせる家こそ、温育が実践できるのです。

さらに断熱材を使用することで断熱性能も高く冬には私たちの体からの放熱や家電製品から発散される熱も無駄にせず、暖房に活かすことができます。成人1人あたり約100W分、子ども1人あたり約75W分が放熱されています。パネルヒーターを見ると、500Wや1000Wと書かれていますが、4人家族であれば約250Wが常に放熱されていると考えると冬も快適に過ごせます。

これが「真冬に素足で過ごせる家」のメカニズムになります。

 

身体のエクセルギーバランス 

一般的な住宅であれば、夏に部屋の温度を26度に冷やしたとしても、床・壁・天井の表面温度は30度程度あり、2階など最上階の天井温度は40度近くまで上昇します。そのため、なかなかエアコンが効かないと感じた経験があるのではないかと思います。しかし、窓を閉め切ってエアコンの設定温度を下げれば、自然ではあり得ない涼しさを得られます。ただし、足元が冷えたり、夜に身体がだるくなるなどの経験をお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この因果関係も宿谷昌則先生のエクセルギー解析によって明らかにされました。研究によると、夏に周辺面平均温度が室内より高いと人体のエクセルギー消費速度が大きくなり、周囲面平均温度が室温より低ければ小さくなるそうです。エアコンを26度に設定した部屋における人体のエクセルギー消費速度は2.4W、室温30度でも、床壁天井の面の温度を少し下げただけの部屋における人体のエクセルギー消費速度は2.0W。エクセルギー消費速度の大きさが不快の原因だったのです。

 

ie01.jpg

家庭の排水を自然の連鎖を活用した浄化装置。

自然な暮らしを求めていながら不自然な生活を送っているように思えてなりません。ここ「雨デモ風デモ」(現・環境楽習館)では家庭排水をビオトープによって浄化する仕組みも取り入れています。見てのとおり、排水口の近くほど植生が大きく育ち、徐々に小さくなっています。これは植生が排水の栄養分を吸収し、水を浄化してくれている自然の連鎖を意味しています。もっと先まで行くと黒メダカが泳いでいるほどです。むしろ、植物が育たない水は、不自然なのかもしれません。

この自然の連鎖は、お隣同士互いに求め合う価値が生まれています。こうした遠くではない、近くのエクセルギーを活用した住まいづくりを行っていきたいと思っています。


実践してみよう!スクワットのポイント

股関節周りには大きな動脈やリンパ管が通っているため、この部分の筋肉を動かすと血行が促進され、末端の冷えを緩和してくれます。また、全身の筋肉量の約7割が下半身で占められています。その中で最も老化と共に衰えやすい内ももとお尻の筋肉を鍛えることは、代謝アップにも効果的。

 

 

onikumagazine-06.png

 

1.[ 姿勢をつくる ]

肩幅より広く足を開く。

 

 

onikumagazine-08.png

 

2.[ ゆっくり腰を落とす ]

お尻を後ろに引くイメージで。

内股にならないように注意。


point1:膝を外側に開いていくことで自然と腰が落ちていく。

point2:1と2の動きを通して体重は常に小指側にのせる。


わかりやすい動画はこちらをチェック


※それぞれ単体で食べた場合
食事で代謝を上げるコツ
UP
積極的に摂りたい物
タンパク質
赤身の肉や青魚などの動物性タンパク質を積極的に摂ろう。
良質な脂質
n-3系脂肪酸や中鎖脂肪酸を多く含む、魚油やココナッツオイルなどが◎。
ビタミン&ミネラル
海藻類やナッツ類、緑黄色野菜を意識して取り入れてみよう。
DOWN
避けたい物
糖質中心の食事
丼物やめん類などの糖質中心の食事や、清涼飲料水などで糖質を摂り過ぎないように。 
加工食品
ビタミンやミネラルも少ないため、食べる頻度は減らそう。
スナック菓子
代謝に悪影響とされるトランス脂肪酸が多く含まれているため、控えめに。

onikumagazine_moritaku.jpg

第4回温育カフェ講座の講師は森 拓郎先生。  

女性は男性に比べると筋肉量が少なく、熱をつくり出しにくいため夏でも冷えを感じやすくなります。冷えを改善するためには、代謝を上げることがポイントです。食事と運動で熱を生み出しやすい体をつくり、冷えを改善する方法を、人気ボディワーカーの森 拓郎先生に教えていただきました。

女性に多い 冷え症と低体温

女性の7~8割が悩んでいるとされる冷え症は、「手や足先が常に冷たい」、「実際の暑さや寒さにかかわらず、冷えを感じる」といった症状が見られます。また、体内部の温度である深部体温が35度以下の「低体温」の人も増えています。

女性の場合、冷え症や低体温になる原因の一つに、筋肉量の不足が挙げられます。筋肉量が少ないと、体温を上げる熱をつくり出しにくくなり、冷え症や低体温を招きやすくなります。また、ストレスなどにより自律神経をコントロールする脳の視床下部の働きが乱れると、体温調節を担う自律神経のバランスも崩れ、血行不良から冷えを引き起こしやすくなります。

冷えに対しては、腸内環境を整えることも大切です。腸内環境が悪化していると、体温を上げるために必要なタンパク質やビタミンなどの栄養素をうまく吸収することができず、代謝が悪くなります。

食事の改善で 代謝機能をアップ

冷えを改善するキーワードとなるのが「代謝」。代謝とは、体内に取り入れた栄養素がエネルギーとして消費されたり、筋肉や脂肪に合成されたりすることをいいます。

エネルギーとして消費する代謝には、大きく分けると3種類あります。1日の消費エネルギーの約6~7割を占めるのが安静にしていても使われる「基礎代謝」、約2~3割が歩いたり運動したりする際に消費される「活動代謝」、そして残りの約1~2割が「食事誘発性熱産生(DIT)」。DITとは、食べ物を消化・吸収する際に消費されるエネルギーのことです。

「代謝を上げる」というと筋肉をつけることが優先されがちですが、筋肉を1キロ増やしても基礎代謝は15~45キロカロリーしか増えません。そこで、意識して欲しいのがDITを上げる〝食事〟です。熱をつくり出しやすい食事を摂るだけで、代謝をアップさせることができます。

タンパク質を中心に 脂質は良質な物を

DITは、タンパク質を摂取すると30パーセント上昇し、糖質と脂質は10パーセント以下※。つまり肉や魚、卵、大豆などのタンパク質を中心にした食事を摂ることで、代謝が上がり、熱をつくり出しやすくなるのです。

食事の時には、主菜にタンパク質を取り入れるよう意識してみてください。1食のメニューのうち、全体の5割がタンパク質主体の食品であるのが理想です。肉や魚、卵などの動物性タンパク質には、代謝を上げるために必要なミネラルやビタミンといった栄養素も多く含まれています。より代謝を高めるためには、動物性タンパク質と納豆や豆腐などの植物性タンパク質を7:3の割合で摂るのがよいでしょう。
また、体脂肪の燃焼を促してくれる「良質な脂質」と、代謝のために必要な「ビタミン」や「ミネラル」などが豊富に含まれた海藻類やナッツ類、野菜などを摂ることも大切です。

良質な脂質とは、油や魚油に多く含まれている-3系脂肪酸やココナッツオイルに代表される中鎖脂肪酸などです。青魚はタンパク質が豊富な上、n-3系脂肪酸も含まれているため、積極的に摂りたい食材です。一方、スナック菓子や加工食品に使われているマーガリンやショートニングなどの加工油脂には、代謝に悪影響といわれるトランス脂肪酸が多く含まれているため、摂り過ぎないように注意しましょう。


※それぞれ単体で食べた場合

UP 積極的に摂りたい物

タンパク質…赤身の肉や青魚などの動物性タンパク質を積極的に摂ろう。

良質な脂質…n-3系脂肪酸や中鎖脂肪酸を多く含む、魚油やココナッツオイルなどが◎。

ビタミン&ミネラル…海藻類やナッツ類、緑黄色野菜を意識して取り入れてみよう。

DOWN 避けたい物

糖質中心の食事…丼物やめん類などの糖質中心の食事や、清涼飲料水などで糖質を摂り過ぎないように。 

加工食品…ビタミンやミネラルも少ないため、食べる頻度は減らそう。

スナック菓子…代謝に悪影響とされるトランス脂肪酸が多く含まれているため、控えめに。 


≫運動のポイントについて、次回、ご紹介いたします。

 

【質問】浴室が寒くて、子どもがお風呂に入りたがりません。よい工夫はありませんか?


【回答】入浴前に、浴室と脱衣室を温めておくとよいでしょう。


お風呂に入る前に、浴室と脱衣室を温めておくと寒さ対策になります。すぐにできる、手軽な方法は次の2つです。


①湯船のふたを開け、蒸気で浴室を温めておく。

②暖房器具などで脱衣室を温めておく。


特に寒い季節では、人がいない浴室や脱衣室などは、家族で過ごすリビングなどよりも室温が低下して寒さを感じやすくなっています。入浴前に温めておくことで、室内の温度差が和らぎ、体への負担が軽減されます。

 

 

 

 

浴室や脱衣室の窓を見直し
てみませんか?

浴室や脱衣室の窓を見直してみませんか?

秋から冬の寒い季節では、部屋の熱の約50%が窓から出てしまっています。「お風呂に入った時に、窓から冷気を感じる」、「ヒートショックが心配」といった時には、窓のリフォームがおすすめです。

リモデルウインドウ(YKK AP 株式会社)、ご相談は全国のMADOショップへ!

 

 


 

肌に栄養を届けて、たまった老廃物を回収してい
るのが血液です。そのため、気温の低下により肌が
冷えて血行が悪くなると、栄養が不足した状態に。
これが顔の乾燥やくすみの原因です。
こういった悩みには、食べ物や飲み物で体の内側
から温めるとよいでしょう。食材には、体を冷やす
物と温める物があります。色の濃い野菜や寒い地域
が特産の食材、生姜などは体を温める食べ物です。
かむ回数が多くなる物も顔周りの血行が促されて、
冷え対策に。

 

【質問】最近、顔の乾燥やくすみが目立つようになりました。冷えと関係があるのでしょうか?

【回答】気温の低下や乾燥で肌の血行が悪くなり、栄養不足に陥っているためです。


肌に栄養を届けて、たまった老廃物を回収しているのが血液です。そのため、気温の低下により肌が冷えて血行が悪くなると、栄養が不足した状態に。これが顔の乾燥やくすみの原因です。

こういった悩みには、食べ物や飲み物で体の内側から温めるとよいでしょう。食材には、体を冷やす物と温める物があります。色の濃い野菜や寒い地域が特産の食材、生姜などは体を温める食べ物です。かむ回数が多くなる物も顔周りの血行が促されて、冷え対策に。

 

 

血行をよくする 生薬の力

冷えやすい方や疲れが肌に出やすい方におすすめの養命酒。生薬が血液と共に体の中を巡ることで代謝が高まり、血行不良の改善に働きます。


薬用養命酒 第2 類医薬品(養命酒製造株式会社)


123
  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.