冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん


衣・食・住にまつわる冷え対策についての最新情報をお届けします。


温育じかん HOMEニュース&トピックス

自律神経が乱れていると血流が悪くなり、冷えにつながります。簡単にできるセルフストレッチで自律神経を整えるコツを、カラダファクトリーの池田香トレーナーに教わりました。


春は、気圧の変化や新生活が始まるなどの環境の変化によるストレスによって、自律神経が乱れやすくなります。自律神経は交感神経と副交感神経があり、この2つの神経の切り替えによって内臓の働きや呼吸・血管をコントロールしています。自律神経が乱れると、血管が収縮して血流が悪化。すると、冷えはもちろん、肩こりや頭痛などの不調にもつながります。


「不調を抱えている人は、自分でも気がつかないうちに力が入り、体がこわばった状態です。交感神経が優位のままでは、リラックスすることができません」と池田トレーナー。この状態が長く続くと血行はさらに悪くなり、慢性的な冷えやこりなどにつながります。


「血行をよくするには自律神経を整えることが大事です。自律神経をコントロールしているのは頚け い椎つ いといわれています。


よって頚椎周りの筋肉が緊張していると神経を圧迫し、働きを鈍らせてしまいます。そのため、頚椎とつながっている筋肉をストレッチでほぐしておくことが大切です」。

 

仕事の合間や就寝前などにストレッチを行って、こまめに頚椎周りの筋肉をほぐしましょう。

 

 

Maguzin2018sp_0525.jpg

 

 

※店舗では頚椎の歪みを整える施術が行われますが、誌面では自宅やオフィスでできるセルフケアということで、頚椎周りの筋肉を整えるストレッチを紹介しています。

 

お話を伺ったのは、カラダファクトリー池田 香トレーナー。

プロフィール いけだ・かおり カラダファクトリーで整体師として7年勤務した後、グループサロンであるカラダボディマジックでは、トレーナーとしてお客様の目的に応じた整体とトレーニングメニューの作成・指導を担当。スポーツ選手のサポートなども行う。

温育マガジン2018春号より抜粋〕

  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ママセミナー
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.