冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん


衣・食・住にまつわる冷え対策についての最新情報をお届けします。


温育じかん HOMEニュース&トピックス

corabo0509.jpg

温育チャレンジはこのたび、昭和女子大学健康デザイン学科が取り組む「輝け☆健康『美』プロジェクト」の一環として、「女性の健康と美容」について考える「未来の健康『美』をつくる温育講座」を開講します。

2017111301.jpg

2017年度の活動では、ママ子を対象に「温育ライフ」の浸透を測ってきた。

温育チャレンジでは、これまで30代〜40代向けに働く女性の「冷え」の問題に対して、衣食住の観点からアプローチしてきました。一方で、「冷え」の要因の一つとされる「やせ(BMI18.5未満)」が20代女性の5人に一人が該当しているという実情を踏まえて、若年層に対しても生活習慣の改善を促し「冷え」の根本的な解決策となる温育ライフを発信していくため、この度、昭和女子大学が実施する「輝け☆健康『美』プロジェクト」として「女性の健康美」について考える講座を開設する運びとなりました。

本講座では、学生自身が体を温めることで今だけでなく将来の健康美、妊娠しやすい体づくりに繋がる意識を醸成していくとともに同世代に向けた参加型イベント「温育カフェ」の開催や、温育の考え方を同世代に普及していく「温育アクティビスト」の育成を行い、温めの重要性を広く発信していきます。

現在、25歳〜34歳の女性の労働参加率が7割を超えるなど「女性の社会進出」が加速する中、今回の取り組みは、就業前の若年層に向けて「冷えによる不調」に対する認識を啓発していくことで社会に蔓延する「冷え」の環境改善に自ら働きかける意識の醸成にもつなげていきます。

 

専任講師に助産師の浅井貴子先⽣

「冷え」から女性の健康美を考える

温育チャレンジの講座では、これまでの「温育カフェ」でも登壇いただいてきた実績のある助産師の浅井貴子先生監修の元、講座を展開していきます。

「冷え」がもたらす体の不調について、学生たちとともに学びを深め、将来の「健康『美』」を実現するべく、20代から取り組むべき温めるライフスタイルについて学びます。

miraigirl.jpg

「温育ガールの未来シート」による基礎体温をチェックし、女性特有の不調に関するメカニズムを学習。

 

浅井貴子(あさいたかこ)先生プロフィール

98022360b4ffcfd7cd8c6a843c4a401c.jpg

調布市在住フリー助産師・マタニティアロマセラピスト。大学病院、未熟児センター勤務の後、現在、近隣の行政で母親学級、育児相談、新生児訪問などを行う。妊婦さん対象の「プレママ★アロマ教室」を開講し、安全な精油の使い方や自然な出産方法の提案などを行う傍ら、マタニティ専用サロン、ベビーマッサージ教室を主宰。また助産師のメディカル知識を活かした妊婦水泳&マタニティアクアビクスの専門家でもある。

  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ママセミナー
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.