冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん


四季の変化に合わせた衣・食・住の「あたため情報」を節気ごとにお届けします。


温育じかん HOME24節気の衣食住
2_19_usui.jpg雪が雨に変わり、小雨の多くなる時節。冷えや運動不足により血の巡りが悪くなり、むくみが生じやすくなります。なるべく温かい飲食物をいただくようにしましょう。1日の始まりである朝食には、胃腸を強化し、むくみをとる効果のあるはと麦に、体を温めて巡りをよくするしょうがを加えた「はと麦粥」がおすすめです。
下半身の冷えには温か素材と重ね着を
上半身に比べて冷えやすい下半身を温めると健康によいという「頭寒足熱」の考えがあります。それに習って、着るものにひと工夫を。タイツやスパッツなどをうまく重ね着しましょう。保温性と吸湿性に優れた絹や綿、ウールなどの天然素材がおすすめです。
むくみをとる「はと麦粥」の作り方
材料(1人分):はと麦25g、しょうが(薄切り)3枚、米25g、水500mg/①研いだ米、はと麦、水を鍋に入れ、1時間ほど浸けます。②❶にしょうがを加えて中火にかけ、沸騰したら弱火にします。
温めグッズで寝冷えを防ぐ
寝る時に足先の冷えや寒さを感じる人も多い季節。足を入れるポケット付きの毛布やネックウォーマーなどの温めグッズを使って、冷えやすい首元や足先を温めましょう。保温性の高いマットレスも首元や背中の冷えを防ぐのに有効です。
むくみを防ぐ歩き方
歩く時はふくらはぎを意識しましょう。ペタペタ歩きは膝や腰に負荷がかかってむくみの原因となります。足はかかとから着き、つま先で軽く地面を蹴るように。1本のラインの上を進むイメージで、目線は10m先を見るように歩くとよいでしょう。
  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ママセミナー
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.