冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん


衣・食・住にまつわる冷え対策についての最新情報をお届けします。


温育じかん HOMEニュース&トピックス

IMG_0413s.jpg

今年度、温育チャレンジが茨城県つくば市と東京・秋葉原を結ぶつくばエクスプレス(TX)沿線で展開中の「ママ子の温育プログラム」。今回は、6月につくばで開催したのに続き、8月23日(水)には、埼玉県三郷市に進出し、「温育ママセミナー」を開催しました。

会場は、TX三郷中央駅から車で10分ほどの距離にある「三郷市立ピアラシティ交流センター」。親子合わせて約70名の方に参加いただき、開放的な空間の中、明るく、和やかなイベントとなりました。

講師は、前回と同じく、内科医の石原新菜先生です。

IMG_0392s.jpg

 

参加型で楽しめるセミナー

同セミナーでは、先生の話を聞いて学ぶだけでなく、参加型で温育ファッションを考えるコーナー、食材の陰陽を当てるクイズ、子どもを抱っこしながら行うスクワット、しょうが紅茶の試飲など、一緒に楽しめる企画も盛りだくさんです。

さらに! 温育ではすでにお馴染みの、養命酒のビンくんも登場。ユニークな動きで会場を盛り上げてくれました。

 

IMG_0434s.jpg

 

IMG_0487s.jpg 

 

手軽に実践できるプログラムを提供

衣食住を通しての「温め」を日常で実践し、習慣化してもらうことが、温育チャレンジ活動の大きな狙い。同セミナーでも、石原新菜先生の経験をもとに、家族で無理なく取り組める温めプログラムを提案しています。例えば着る物であれば、腹巻の着用や、三首(首、手首、足首)を温める具体的な方法を紹介。食べる物では、砂糖やお米など日常的に使う食材を陽性の物に変えるコツを紹介しています。

IMG_0443s.jpg

 

大切なのはママがイライラしないこと

子育てに、仕事にと、毎日忙しいママたち。イライラしていると自律神経を乱して、それが冷えの原因にも。また、家族の中心にいるママがイライラしていると、家族の健康にも悪影響です。だからこそ、石原先生が提案するのは、「自分時間をつくること」。先生の場合は、朝30分のランニングで自分時間を確保しているそう。読書でもヨガでも、何でもよいので自分一人の時間をつくることがイライラ解消の秘訣のようです。

最後の質問コーナーでは、「子どもが熱を出した時、解熱剤はどのタイミング使ったらいいの?」といった質問から、塩や砂糖の選び方まで多岐に渡りました。前回のつくばに続いて、今回参加いただいた方々もとても熱心に先生の話に聞き入っている様子がうかがえました。

IMG_0498s.jpg
IMG_0500s.jpg

今回のお土産は、養命酒製造から薬膳スープ、砂山靴下から重ね履きソックスでした。 

IMG_0503s.jpg
IMG_0514s.jpg
IMG_0521s.jpg

先生もサーモを体験。さすが温かい!

IMG_0526s.jpg

養命酒のビンくんと先生の2ショット!

IMG_0538s.jpg
最後は先生と一緒に記念撮影!

 

次回「温育ママセミナー」は11月13日(水)開催予定

東京都内の北千住駅に進出します!

  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ママセミナー
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.