冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん


四季の変化に合わせた衣・食・住の「あたため情報」を節気ごとにお届けします。


温育じかん HOME24節気の衣食住
3-4-20.jpg恵みの雨が田畑を潤す時節。体に湿気がたまりやすくなるので、疲れを感じたり、体の動きが鈍くなったりすることが増えます。春の温育の基本である早寝早起きを心がけましょう。イライラすると「肝」※が傷つきやすくなるので、なるべくリラックスしていたいものです。 ※「肝」が高ぶる春は「気」のめぐりが悪くなりやすく、イライラすると体が硬くなるので血液の循環が滞り、冷えを招きます。
脳の冷えをとって心身共に元気に
重ね着などで体の冷え対策は万全でも、忘れがちなのが頭部の冷え。様々なホルモンを分泌する脳が冷えると、脳の活動が衰えてしまうだけでなく、体全体の不調の原因に。冷えに敏感な方は、室内でもヘアバンドやフードなどを被ることをおすすめします。
旬の温めメニュー「新ごぼうのやわらか煮」
材料:新ごぼう3本、水200ml、和風だし小さじ1/2、酒大さじ1、塩2つまみ、砂糖2つまみ、醤油小さじ1、一味唐辛子(お好みで)少々/①ごぼうを4㎝幅に切って5分程水につけてアクを抜く。②鍋に水200mlを入れて中火に。③沸騰したら和風だしと酒、砂糖、醤油、塩、一味唐辛子を加える。④落とし蓋をして弱火で30分間煮る。
子どもの「冷え」には「温朝食」を
睡眠不足や運動不足などの影響で子どもにも「冷え」が広まっています。子どもの冷え対策には、「温朝食」がおすすめ。炊き立てご飯に温かいお味噌汁、焼き鮭といった体を温めるメニューが「気血」を全身に巡らせ、子どものやる気向上にもつながります。
口角を上げてリラックス
口角を上げる動きにはリラックス効果があります。場所を選ばず、いつでもできるのでおすすめ。口は顔の中でも表情のカギを握る大事なパーツ。口角を上げれば見た目年齢も若返り、よい運に恵まれやすくなるはずです。
  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ママセミナー
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.