冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん


四季の変化に合わせた衣・食・住の「あたため情報」を節気ごとにお届けします。


温育じかん HOME24節気の衣食住
seimei_0404.jpg

気温も湿度も高くなり、草木が萌え始めるすがすがしい時節。食欲が旺盛になるので、胃に負担がかかりやすくなります。胃腸に負担をかけないためにも、なるべく温かい飲食物を摂るように心がけましょう。

「5本指靴下+重ね履き」で冷えから足を守る
いま、注目されているのが絹製の5本指靴下。吸放湿性の高い天然素材は圧迫感なく、血行もよくなります。その上に、木綿の5本指か、従来の指なし靴下を重ねるとさらに効果的。外出時の着こなしにも「ソックス+タイツ」「レギンス+タイツ」などの重ね履きを取り入れてみて。
胃の疲れをとり、便秘の改善にもおすすめ「キャベツ粥」
材料(1人分):キャベツ100g、人参50g、鶏ささみ50g、塩・こしょう少々、米50g、水350ml/①研いだ米と水を鍋に入れ、1時間ほど浸けておく。②キャベツは3cmほどの短冊切り、人参は細切りに。鶏ささみは薄くスライスし、塩・こしょうを振る。③①の鍋に人参を加えて中火にかけ、沸騰したら弱火に。④炊き上がる少し前にキャベツと鶏ささみを加え、火が通ったら塩で味をととのえる。
キッチンの陰陽はバランスを整える
毎日の食事をつくるキッチンは、生命力の根源。ガス台などの「火」と、シンクや冷蔵庫などの「水」の気をもつキッチンは相反するものが共存します。両者のバランスが崩れると、居心地を左右する陰陽バランスも乱れます。陰陽バランスを整える花や植物を飾るとよいでしょう。
弱った胃腸の働きを活発にする「間使(かんし)」のツボ
弱った胃腸の働きを活発にする「間使(かんし)」のツボ 手首の内側にあるしわから、肩に向かって指4本分のところにある「間使」のツボは、胃腸の働きを活発にします。「イタ気持ちいい」場所を探して押しましょう。息を吐きながら押し、吸いながら手を離すのがコツ。
  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.