冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん


衣・食・住にまつわる冷え対策についての最新情報をお届けします。


温育じかん HOMEニュース&トピックス

体温の40%は筋肉からつくられているため、筋肉が少ないと冷え症や低体温を招く原因に。新菜先生は「ママも子どもと一緒に公園で遊ぶなどして、体を動かしたりするといいですね」とアドバイス。

先生はよく、筋トレ代わりに子どもを抱っこしながらスクワットをしていたそう。会場でもママたちと一緒にスクワットに挑戦!

両脚を肩幅くらいに開き、子どもを抱っこした状態でゆっくりと「1、2、3……」とカウントしながらスクワット。

 

2017070707.png

みんなで一緒にスクワット

 

抱っこスクワットは、筋肉の約7割が集中している下半身を鍛えるのに効果的。下半身の筋肉量がアップすると次のような2大効果が得られます。

 

◉2大効果

①   血流が良くなり体が温まり、肌ツヤがよくなる。

②   代謝がアップして、脂肪の燃焼効果が高まる。

  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ママセミナー
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.