冷えと低体温を改善して妊活・子育ても楽しむ衣食住の情報:温育じかん

 

湿気が多い香港では、消毒と食欲増進のために、ほとんどの広東料理で使われているしょうが。

 

漢方薬は、ほとんどの処方に使われているほど万能の効果を持っています。

しょうがの辛味の成分であるジンゲロンとショウガオールは、

魚や肉の臭みの成分と結合して臭いを消す作用があり、

発汗作用や胃液の分泌をよくして消化吸収を促す働きもあります。

特にジンゲロンには強い殺菌力があり、

生魚などによる食中毒を予防するのに効果的です。

血液の循環をよくし、内臓全体の働きを活発にする作用も持っています。

 

しょうがの独特な香りは、シネオール、ジンギロール、ジンギベレンなどの精油成分によるもの。これらは消炎、発汗、去たん、保温などの作用をもつことで知られています。唾液の分泌をよくし、食欲を増進させる働きもあるので、のどが痛む、たんが出る、食欲がなくなる、寒気がする、といったかぜの初期にはもってこいなのです。

冷え性や神経痛にも効果があります。

 

【しょうがと黒砂糖ドリンク】

お腹を温めるので、生理痛やかぜのひき始めにおすすめです。

《作り方》

輪切りにした新鮮なしょうが5枚と、黒砂糖30gを600㏄の水で弱火で15分煎じる。

 

1度に湯のみ1杯を飲みようにし、1日3回程度飲むのが望ましいです。

  • 温育ってなに?
  • 24節気と衣食住
  • 温育ママセミナー
  • 温育ガールの夏ファッション
  • 温育ガールミミさんの住マイル日誌
  • 糀で温育
  • 温育コラム
  • 楊さちこコラム
  • 温育ニュース&トピックス
  • 監修者紹介
  • 問い合わせ
  • プライバシーポリシー
Copyright 2015 Japan Life Design Systems. All rights reserved.