江戸美学研究会|「江戸のデザイン」と「江戸の生活文化」を研究するクラブ「エビケン」です。

江美研寺小屋

★「義士たちの足跡をたどる」
フォト・レポート

元禄14年(1701)3月14日、江戸城・松の廊下で起きた刃傷事件。内匠頭長矩は即日切腹、御家取り潰し。翌年12月14日。四十七士は吉良邸に押し入り、上野介の首を泉岳寺の主君のお墓に供えた。事件から47年後、人形浄瑠璃『仮名手本忠臣蔵』が初演、四十七士を題材にした演目は、現在も人気を博し上演されています。今回は新橋から泉岳寺まで、赤穂浪士にまつわる地を中心に歩きました。当日は冷え込みも厳しい日ではございましたが、ご参加いただいた皆さまありがとうございました。

↑ページの先頭へ

★「四谷〜内藤新宿・酉の市」
フォト・レポート

今回の江美研寺子屋街歩きは、四谷見附からスタートし、西念寺、戒行寺、須賀神社、お岩稲荷、四谷大木戸跡、太宗寺...などをめぐり、花園神社まで歩きました。当日は冷え込みも強くお天気が心配されましたが、雨も降らず無事に終了することができました。ご参加いただいた皆さまありがとうございました。

↑ページの先頭へ

★東海七福神巡り
レポート

2016年 江美研寺子屋は恒例の七福神巡りから。今回は主に旧東海道沿いに点在する「東海七福神」です。江戸の表玄関である品川宿の歴史も振り返りながら、磐井神社から品川神社まで7つの寺社を巡りました。

↑ページの先頭へ

★手のひら盆栽づくり・もみじ

今秋はご自宅で紅葉狩りを!
「B o n s a i」は、今や世界の共通語。愛好家は世界中に広がっています。小さな鉢の中に四季の変化とともに自然の風景を作り出すことから、盆栽は「生きた芸術」とも言われます。日本の伝統園芸「盆栽」が盛んになったのは江戸時代。五葉松を愛した将軍から庶民に至るまで広く浸透したといわれています。
今回は、ご自宅のベランダなどでも場所をとらずに育てることができる「手のひら盆栽づくり」体験。大宮盆栽村の江戸嘉永年間創業 老舗盆栽園「清香園」の渡様をお迎えして開催いたしました。ダイジェストでご紹介します。

↑ページの先頭へ

★隅田川東岸〜向島・史跡巡り

5月17日(日)、隅田川東岸に位置する江戸の名残が感じられる街「向島」。その名は、当時西岸から牛島、寺島、柳島などを川向こうと称したことから向島と呼ばれるようになったとも言われています。向島百花園から牛嶋神社、三社祭で賑わう浅草まで歩きました。

↑ページの先頭へ

<<前のページへ12345