江戸美学研究会|「江戸のデザイン」と「江戸の生活文化」を研究するクラブ「エビケン」です。

江美研寺小屋

【北斎と遊ぶ一日】無事終了!

毎年夏、隅田川を中心に行われる「アサヒアートプロジェクト」に参加し、
7月16日(海の日)に【セミナー&ワークショップ「画狂老人北斎と遊ぶ一日」】
と題し、北斎の書き残した絵を身近に感じ、学び、
楽しんでいただける一日イベントを開催しました。


セミナーは、3部構成。
①ワークショップ[切って貼って北斎コラージュ!]
②セミナー昼の部[浮世絵版画ができるまで&実演]
③セミナー夜の部[冨嶽三十六景から何がみえる!?]

①ワークショップ[切って貼って北斎コラージュ!]
では、その場でポーズをとって撮影した写真と、お好きな「北斎漫画」
を切り貼りコラージュして、オリジナルのiPhoneカバーや
タンブラーを作りました。作り始めるとハマるようで、皆さんなかなか
真剣な顔つきで、時間をかけて”傑作”を作られていました。

cfMXqOGhThMhhbd.jpgqAys2X0nGgLmHPc.jpgRz4Ni4NW0ktRhSz.jpgWyvp_5t4FaZ_nmZ.jpg

 

②セミナー昼の部[浮世絵版画ができるまで&実演]

彫師 石井寅男氏、師 長尾雄司氏をお迎えして
実演を見ながら、順番刷りなどを例に解説しました。
また、小さな版木での刷り体験も! 
職人さんより直々にご指導いただき、海外からのお客さまも、
よい思い出として持ち帰られました。 

O12uQ2za4zSinpj.jpg6jDUe1psQeICkVS.jpg
画像提供:吉田勝美
T4FSvOvXv4FxH3Q.jpgTIHlyxAIbCNq7H_.jpg


 

③セミナー夜の部[冨嶽三十六景から何がみえる!?]
江戸美学研究会で浮世絵セミナー講師を務める
北斎研究家の島田賢太郎氏が、冨嶽三十六景、全46枚をはじめ
150枚を越す資料を 次々と見ながら、そこに描かれている 
江戸の人々の暮らしなどを解説。
大スクリーンで映像を見ながらの、圧巻の見応え、聞きごたえでした。

kip2LEW52hdX1Bx.jpgRf4RkUyb2ebuail.jpg

 

3連休の最終日、炎天下の中、多くの方々にご来場いただきありがとうございました。
またご協力くださったプロジェクトスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。
ご来場いただいた方々には、職人さんや浮世絵など、見て、話して、触って、
作って、「本物」に触れるひと時を過ごしたからこその
”何か”を
お持ち帰りいただけましたら幸いです。

↑ページの先頭へ

当サイトの内容・テキスト・画像等の無断転載、無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.