江戸美学研究会|「江戸のデザイン」と「江戸の生活文化」を研究するクラブ「エビケン」です。

江美研寺小屋

★勘亭流講座「年賀状づくり」

2014年12月に開催した勘亭流講座「年賀状づくり」のレポートです。江戸情緒豊かな独特な味わいのある江戸文字の代表的な書体「勘亭流」。江戸時代に歌舞伎の番付や看板などの文字として生まれました。今回は師走ということで、年賀状に使っていただける勘亭流文字を書いていただきました。
講師は江戸帖の和風月名を揮毫していただいている勘亭流書家 田中志壽氏です。
勘亭流を書くのは皆さん初めてですので、田中氏から勘亭流の特徴、書き方のポイントなどのご説明をしていただいた後、少しづつ勘亭流に慣れていただく練習をいたしました。そして時間内の最後に、年賀状用にはがき大の紙に書いていただきました。


kantei4.jpg
気さくでとても優しいお人柄の勘亭流書家 田中志壽氏


kantei1.jpg
勘亭流の書き方についての説明


kantei3.jpg
筆の運びについての説明


kantei7.jpg
勘亭流に少しずつ慣れるための練習をされています


kantei8.jpg
皆さん集中しています


kantei6.jpg
"羊が1匹、羊が2匹..." 皆さんとても上手に書いています


kantei2.jpg
最後の清書用の紙に書かかれているところです

★勘亭流講座のレポートは以上です
ご参加いただいた皆さまありがとうございました。

↑ページの先頭へ

当サイトの内容・テキスト・画像等の無断転載、無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.