江戸美学研究会|「江戸のデザイン」と「江戸の生活文化」を研究するクラブ「エビケン」です。

作ってます

2011年版『江戸帖』

こちらの商品は2011年版です。
最新版ダイアリーではありませんのでご注文の際はご注意ください。

01WEB2011.jpg

 



江戸美学研究会が初めて作った江戸をテーマにしたダイアリー『江戸帖』。
天保年間から続く染め呉服の老舗、竺仙さんの柄をカバーに仕立てました。
2011年版は左から「白波五人男」「万寿菊」「網代」。
これらのデザインは、生地に染められたものはもちろん、
柄だけを取り出してみるとグラフィックとしてとても優れたものです。
江戸の暮らしとともに、こうした日本の素敵なデザインも
楽しんでいただけたらと思います。

各マンスリースケジュールの前にはその月の名のいわれや
江戸時代の暮らし方などを紹介しています。

対向ページの柄は、日本橋の老舗呉服「竺仙」さんの浴衣地で

遊び心のある粋な江戸のデザインをあしらいました。
マンスリースケジュールには江戸から伝わる行事、十干十二支も掲載。

ウィークリースケジュールでは、月齢、二十四節気、七十二候を掲載。
スケジュールの下には江戸の伝統工芸の紹介や花見の名所、歳時記、
江戸のデザインの代表、家紋も紹介。
書きやすさや読みやすさを考え、紙を吟味しています。

巻末には江戸の文化を代表する歌舞伎や落語、手拭いや浮世絵、着物などの
お話しを各分野に精通した方に伺っています。
江戸の暮らしや文化に親しみながら
一年を暮らしてもらいたいとの思いから作った江戸帖です。
読み物としてもお楽しみください。

2011年版をご希望の方はコチラから  ⇒ ebiken@jlds.co.jp
※白波五人男は売切れです、ご了承ください

 

2011title.jpg

 

↑ページの先頭へ

当サイトの内容・テキスト・画像等の無断転載、無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.