江戸美学研究会|「江戸のデザイン」と「江戸の生活文化」を研究するクラブ「エビケン」です。

ぶろぐ

浮世絵セミナー① 画狂人北斎

暮れも押し迫った12月22日、江戸美学研究会は「浮世絵セミナー①
画狂人北斎」を開催しました。講師に浅草の木版画廊「六華庵」の島田
賢太郎氏をお迎えしました。島田氏は北斎研究をされており、2010年
「北斎誕生250年画狂人北斎」をマリア書房から出版されています。

 テキストを用意して頂きました。

ukiyoeseminar1.JPG


セミナーの様子。皆さん真剣に聞いてます。
北斎84歳の時に描かれた「田植図」の説明から始まりました。
浮世絵のヴィジュアル的な美しさだけでなく、絵の中の我々の身近な生活
につながる情報を歴史的背景を交えて説明頂きました。
「北斎の物事を見つめる心が美しい」と語る島田氏。

ukiyoeseminar2.jpg


そして北斎誕生日を示す「大黒天図」や70年間の画号の変遷など興味
深い内容が続きました。

北斎代表作、「冨獄三十六景 神奈川沖浪裏」をご披露頂きました。
摺師長尾直太郎氏の刷った貴重な絵です。
今回はお茶と上野うさぎやの和菓子を食べながらのセミナーとなりました。

ukiyoeseminar3.JPG


「写楽」を用いて多色刷り版画の制作工程を説明する島田氏。
摺師は1日200枚を刷るそうです。
次の日は色の調合が微妙に変わるので200枚刷るそうです。

ukiyoeseminar4.JPG


江戸美学研究会会員の方々からの質問も鋭いものばかり。
多くの質問が寄せられ、予定より30分を超えました。

初めてのセミナーとなりましたが、小さいけれど中身が面白く、
江戸美学研究会らしいものになったと
思います。
2011年は定期的にテーマを絞ったセミナーやイベントを開催します。
是非、皆様のご参加をお待ちしております。

また、師走のお忙しい中、7名の会員の方々に来て頂き感謝しております。
ありがとうございました。

それでは皆様良いお年をお迎え下さい。

 
□年末年始の江戸帖のお申込について

12月28日より1月4日までお休みとさせていただきます。
詳しくは下記のサイトよりご確認下さい。

http://www.jlds.co.jp/edotyo/

↑ページの先頭へ

江美研トークイベント in TSUTAYA

11月3日、文化の日は彼方此方でイベントが開催された。
数あるイベントの中でも江戸にまつわるものも多く、
浅草では時代祭、青山の東京デザイナーズウィーク2010では
江東区伝統工芸会がレクサスにて
「トーキョーアート&クラフト展」を開催。
六本木ではTOKYO URBAN LIFE 2010(今月末迄)では
「ECOごころ、EDOごころをご一緒に」を開催。
TSUTAYA ROPPONGI TOKYOにて
江戸美学研究会もトークイベントの機会をいただいたので
手前味噌ではあるが、今回はその様子をご報告。

poster.jpg
お茶を飲みながらくつろぐ人、待ち合わせをする人、
お目当ての本を探す人……、
祭日の夕刻ということもあり、店内はかなりの賑わい。
しかし、何処の何方が聴いてくださるのか
わからない状況はかなり
アウェイ。
用意されたテーブルに竺仙さんの浴衣地、
江戸小紋をセットし、定刻を待つ。
テーブル脇には美しくディスプレーされた『江戸帖』と
竺仙オリジナルの来年の干支手拭い。
感謝感激。
sCIMG0003.jpgsCIMG0001.jpg
今回、『江戸帖』のカバー&本編のビジュアルにご協力いただいた
竺仙五代目当主 小川文男さまにゲストとしてお越しいただいた。
お着物で……、という我が儘リクエストにもお応えいただき
、恐縮至極。
そして反物までお持ちいただき、実際のものを見ながら
ご来店の皆さまには、話を聴いていただく形とした。
sCIMG0014.jpg
江戸から伝わるデザインの力強さや勢いは実際に見なければわからない。
無駄を削ぎ落としたマイナスの美学……、
それが江戸の
「粋」といわれるもののひとつ。
背景には庶民の生活環境であったり、
幕府より贅沢を禁じられていたりなどさまざまあり、
その中で楽しみを季節や娯楽、信仰などに見いだし、

創造力を発揮したのが江戸である。
そうして生まれたデザインは世界に誇ることのできるものであり、

生活は現代が求める循環型のエコ社会だったのだ。
小川氏には、そんなことも織り交ぜながらお話いただいた。
sCIMG0022.jpg
なんの気なしに入店された方も足を止めていただいたり、
お茶をしながら、耳を傾けていただいたり……、
頷きながら聞き入ってくださった方、
ありがとうございました。
そして小川さま、ありがとうございました。
不慣れなため短い時間、駆け足で終わってしまいましたが、
この続きは江美研のセミナーにて、ということで。

TSUTAYA ROPPONGI TOKYO
にお立ち寄りの際には、
『江戸帖』と干支手拭いを手に取って見ていただければ幸いです。
当日は、江美研メンバー募集の告知をすっかり忘れてしまってました。
ご登録はコチラから⇒ https://www.jlds.co.jp/ebilab/moushikomi.html
また、江美研より直接ご購入の方はコチラ⇒ http://www.jlds.co.jp/edotyo/
竺仙さんの干支手拭いの柄をご覧になりたい方は
コチラ⇒
http://www.chikusen.co.jp/whats/

↑ページの先頭へ

「皆が手を翳して見てくれるのが看板、ありがたいね」

時代劇に登場する江戸の大店の看板は、大きな板に文字を彫り漆や箔で加工
した立派なものだが、未だその手彫りの技を継承する額匠は東京に3軒。
その一軒である坂井保之さん、智雄さん親子は合羽橋本通りに店を構える。

DSC_1283-A.jpg

「看板の基となるものは、仏教の伝来とともに日本に入ってきました。
寺社の門殿などに名称を書いて掲げたものを扁額といい、これが後に
江戸の町民文化の成熟と共に看板に応用されるようになりました」。
智雄さんが話すように看板が文字看板、行灯看板、幟看板、模型看板、
判じ物看板など、様々な形で発展したのは江戸時代。
それは、華美なものへとエスカレートしていったという。
江戸の初期頃までは文字を読める人も少なく、売り物や商売の内容を
絵で表現していたが、江戸文字や寺子屋文化の発展により、
町人も字が読めるようになると共に、
八代将軍、吉宗の質素倹約の幕政を反映して
文字看板が主流になったのだそう。

DSC_1284-A.jpg

漆と金箔で仕上げた看板が軒先に掛けられている。

実際につくられた看板を見ると、文字は立体的に浮き出して見え、
遠目にも文字の存在感が増す。
これをかまぼこ彫り、額彫りと呼ぶ。
これらを彫るのは、「看板刀」と呼ばれる切り出し1本のみ。
大看板から携帯ストラップのような小さなものも
楷書、草書、篆書、隷書、江戸文字など書体も色々、
すべて看板刀で仕上げる。
彫る、漆を塗る、箔をはる、みんな手仕事である。

DSC_1421-a.jpgDSC_1480-a.jpg

看板刀は刃の中央が山形になっているのが特徴。柄の部分は手に合わせて手作り。

DSC_1371-a.jpg

看板刀を逆手に持ち、板に立て込んで手前に引く。

DSC_1384-a.jpgDSC_1349-A.jpg

小さなものでも文字の彫りの美しさ、漆の仕上がりは大きなものと変わらない。

坂井さんが手がけた仕事は、
日本橋三越の印の修復、花園饅頭、塩瀬総本家など老舗の看板があるが
それだけではない。
名だたる寺社の扁額、千社額、招き札、表札なども多く手がける。
「うちの仕事は、オールラウンド。寺社仏閣からその筋の人まで」
と保之さんは笑う。

DSC_1378-A.jpg

江戸家子猫さんの猫八襲名披露のための招き札。

DSC_1381-A.jpg
北京五輪バタフライ銅メダリスト松田丈志の記念招き札。メダルの部分にはブロンズ箔がはられる。

DSC_1489-A.jpg

扁額や看板というと、普通の人には縁のないもののように思うが
存外、今人気があるのが招き札だという。
「京都 南座の顔見世の招きあげを見てもらえるわかりますが、
上方の招き札は木に勘亭流の文字を書いただけのもの。
江戸では、文字の輪郭を彫り、
塗りで仕上げるという違いがあります。
長い間、そうした江戸から続く芸能の世界や
祭の会などでやりとりされていた招き札ですが、
襲名披露などで目にすることも多く、かっこいい!
と思われる人も多いようですね」と智雄さん。
縁起物として何かの記念につくる人も多く、
出産の祝いに名前と出生時の記録としての注文もあるのだそう。

「私たちの仕事のいいところは、仕事が残ること。
看板も扁額も千社額も招き札も表札もみんな木とともに歴史を刻んでいく。
看板の「看」の字は目の上に手と書く。
これは、目の上に手をかざして上を仰ぎ見るという意味。
そんな有り難い仕事はないね」と保之さんは続ける。

DSC_1391-a.jpg
(右から)台東区無形文化財の福善堂 三代目の坂井保之さんと
嫁いでから下ごしらえ、仕上げの仕事を覚えたという
奥さんの節子さん。大学を卒業後すぐに修行をし、
4代目となる智雄さん。
木と漆の香りのする仕事場で愛犬とともに記念撮影。
お仕事中、取材にご協力いただき、ありがとうございました。

福善堂 坂井看板店 http://www.interq.or.jp/tokyo/fukuzen/

↑ページの先頭へ

<<前のページへ1234567