江戸美学研究会|「江戸のデザイン」と「江戸の生活文化」を研究するクラブ「エビケン」です。

ぶろぐ

夏の風物詩「線香花火」
小さな火花に秘められた魅力

子供の頃の記憶を呼び覚ましてくれる夏の風物詩「線香花火」。その歴史は江戸時代から始まりました。東京蔵前で花火問屋を営む山縣常浩氏を訪ね、その魅力について伺いました。


senkohanabi.jpg

その歴史は江戸時代にさかのぼります。手持ちの吹き出し花火が主流であった当時は、花火は男性の遊びでした。それを女性や子供も楽しめるように考案されたのが線香花火でした。

線香花火には「スボ手牡丹」と「長手牡丹」の2種類あるのをご存知ですか。

「スボ手牡丹」は、藁(スボ)の細い管の中に火薬を入れ、線香のように香炉に立てて、火をつけて楽しんだことからその名がつきました。上方では芸者遊びをする際、時間を計る線香の代わりに線香花火を香炉に立て、煙管で火をつけたことから「芸者線香」とも呼ばれました。今では、い草や竹の先に火薬をつけた「スボ手牡丹」として、西日本では線香花火の主流になっています。

一方、江戸では材料の藁が手に入りにくかったのか、スボ手牡丹は廃れていき、代わって登場したのが、和紙を撚って火薬を包んだ「長手牡丹」でした。江戸で大流行すると、夏には花火売りが町を売り歩き、夏の風物詩となりました。長手牡丹は各地に広まり、主に火薬技術が発達した三河(愛知県岡崎)、信州(長野県上田)、北九州(福岡県八女)で作られるようになりました。

zubote_tanoshimi01.jpg

nagate_tanoshimi01.jpg


実際に1本の線香花火に使われる火薬は、わずか0.1グラム。火をつけてから落ちるまでの間に、火花は大きく4つに変化します。その姿はそれぞれ『牡丹』『松葉』『柳』『散り菊』と名づけられ、移り変わる様子は人生にも例えられます。 物理学者、随筆家でもある寺田寅彦は、「線香花火『備忘録』所収」という随筆で「線香花火の一本の燃え方には、「序破急」があり「起承転結」があり、詩があり音楽がある」と書きました。線香花火の燃え方は、まさに日本の伝統美です。

■「長手牡丹」の楽しみかた
1.牡丹
ジリジリと大きく開く牡丹のように膨らむ
botan.jpg
2.松葉
松葉のように、パチッパチッと勢いよく音を立てて火花を散らす。
matsuba.jpg
3.柳
柳の枝のように、全体から角がとれて火花が丸みを帯びてくる。
yanagi.jpg
4.散り菊
チリッ、チリッと音を立てて、細い火花が、線状にのびる様は菊の花に例えられる。
chirigiku.jpg

「線香花火のよし悪しは、〝火薬・和紙・撚り手〟で決まります。火花の変化がはっきり出るのは、国産ならでは。線香花火をすると自然と人が集まって、静かに顔を寄せ合うことも魅力のひとつでしょう」と山縣氏は話す。


yamagatashi.jpg

山縣常浩(山縣商店 取締役会長)
100年以上の歴史を持つ玩具問屋の5代目。国産線香花火は、外国産の安価な花火のあおりを受け、1998年に消滅。しかし、300年続く伝統を絶やしてはならないと立ち上がった山縣氏の尽力により2003年に復活した。花火の歴史について、残された資料から独自の考察も行う。
■山縣商店 http://www.hanabiya.co.jp

↑ページの先頭へ

当サイトの内容・テキスト・画像等の無断転載、無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

<01>江戸の生活文化

最近の記事

バックナンバー

<02>江戸のデザイン

最近の記事

バックナンバー

<03>江戸の女子力

最近の記事

バックナンバー