江戸美学研究会|「江戸のデザイン」と「江戸の生活文化」を研究するクラブ「エビケン」です。

ぶろぐ

初日! 歌舞伎座スイーツ「KABUKU〜へん」

たくさんの方にお力添えをいただきながら
江戸美学研究会でプロデュースし、完成した歌舞伎座スイーツ「KABUKU〜へん」。

4月2日の杮葺落四月大歌舞伎初日に、場内喫茶室「檜」にて
お目見得と相成りました。


 

abukudish.jpg

 

喫茶室「檜」では、ホイップクリームとラズベリーソースを添えて600円でご提供。

従来はロールに焼き上がる機械で焼いていくバームクーヘン。
KABUKU〜へんは、花魁 八橋の十三段重ねの草履のイメージに仕上げてください、と
「パティスリーSAKURA」のシェフパティシエ 森 大祐さんに無理をいい、
一層一層、手間をかけて焼いて、型抜きして作っていただいています。

サンドされたアプリコットのパート・ドゥ・フリュイの酸味がほどよく、
生クリームと一緒に口に入れることで、ケーキのように楽しむこともできます。

 幕間の短いお時間ですが、ホワイトチョコに施したデザインも見てくださいね。
江戸を代表する柄、縞・青海波・市松文様。
それに伊勢物語 九帖「八橋」にも書かれているように三河の八橋といえば杜若の名所。
花魁八橋の俎板帯に描かれた文様に重ね合わせ「月ニ八橋ト杜若」と紋風にデザイン。


「KABUKU〜へん」(かぶくーへん)の名前は歌舞伎の語源である「傾(かぶ)く」
(風体や行動が華美な様子)とバウムクーヘンを掛け合わせて命名。 

テイクアウトのお問い合わせをいただいており、ご要望にお応えできるよう
考えておりますが、なにぶん、手のかかる娘「KABUKU〜へん」は、

現在、一日に作ることができる個数が限られており、
お持ち帰りいただくことが出来ない状況ですので、ご理解いただければ幸いです。

候う〜           m(_ _)m   m(_ _)m   m(_ _)m  m(_ _)m   m(_ _)m   m(_ _)m   m(_ _)m   m(_ _)m
奉り                       m(_ _)m  m(_ _)m  m(_ _)m  m(_ _)m  m(_ _)m  m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m
御願い                           m(_ _)m m(_ _)m  m(_ _)m   m(_ _)m   m(_ _)m  m(_ _)m   m(_ _)m
 
隅から(^O^)/        隅まで\(^o^)/




↑ページの先頭へ

当サイトの内容・テキスト・画像等の無断転載、無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

<01>江戸の生活文化

最近の記事

バックナンバー

<02>江戸のデザイン

最近の記事

バックナンバー

<03>江戸の女子力

最近の記事

バックナンバー